もりもと

2001年宇宙の旅のもりもとのレビュー・感想・評価

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)
3.8
IMAXで改めて鑑賞した。

導入の音楽が流れ始めても劇場の電気が消えなくてびっくりした。
そういう演出だった。

DVDで見たときはわからなかった特撮感がIMAXでは見えてしまった。
良さでもあるし悪さでもあった。

DVDと比べて圧倒的に良かったのは、音。
モノリスの音、警告音、スターゲイトの重低音が大きくて良かった。

僕がキューブリック作品で最初に見たのが2001年宇宙の旅だったと思う。受け止めきれないとても深くて巨大なものを見たような感じがした。
他の作品を見てキューブリック監督の演出の傾向をある程度知った上で今作を見直すと、しょせんはこれも人間が作ったものなんだなと感じた。