2001年宇宙の旅の作品情報・感想・評価・動画配信

2001年宇宙の旅1968年製作の映画)

2001: A Space Odyssey

上映日:1968年04月11日

製作国:

上映時間:139分

3.9

あらすじ

「2001年宇宙の旅」に投稿された感想・評価

Miyu

Miyuの感想・評価

3.2
最初から最後まで、言葉のないシーンが多くて
はてながいっぱい浮かんでばかりだったけど
宇宙飛行士と人工知能のシーンはかなり衝撃を受けた。
終始よくわからないところ多かったけど、
何か考えさせられるものがあった映画でした!
She

Sheの感想・評価

4.0
映像、美術圧巻
1968年にSF作品としてこの機械のデザインや宇宙空間、見たことのない"月"を表現していたのか
実際に技術が進歩した今、このような機械やインテリア、空間が至る所にある
もっと手作り感満載の、ギラギラしていたりパイプだらけとかにもなり得たのに、現代としても違和感のない洗練されたスタイリッシュな印象は、あらゆる視点から考察を凝らさないと不可能だったんじゃないかな
そしてもはやこの世界観に影響され、進歩するにつれ人々がこれらのデザインに寄せていったのではないかと思えるほど
SFの世界に説得力を持たせるには、アラが出ると一気にショボいものになってしまうと思うので技術が必要になるだろうし、細部を徹底的にやり込まないといけないし、その点でこの作品の "未来感" や "宇宙空間の緊張感" の違和感のなさはすごい
いろんな作品に影響を与えているのがわかる
okudashi

okudashiの感想・評価

3.6
最初猿の音声しか聞こえなかった時はマジかこの映画。と思ったし、最後の方もなんだこの映画。って感じ。小説読んでたから理解追いついたけど、映画だけじゃこれ難しすぎる気もしたがどうなんでしょうか、でもこれ20年前とかにやってたの、考えた人たち化物
masa

masaの感想・評価

4.0
これが原点なんだな。
ものすごく異質なんだけど、もっと知りたくなるし考えたくなる。
mai

maiの感想・評価

-

私には難しい映画だった。
モノリスが進化の象徴なのか?
映像美にただただ圧倒されました。
スタンリー・キューブリックの映画は美しくて好きです。

たぶんSF映画唯一の文部省推薦に選ばれています。
SF好きでも意見の分かれる金字塔。
宇宙船の中の静寂は常に緊迫感と宇宙の孤独感をうまく表してたと思う。集中すればのめり込んで見れた。けど最後の方は理解不能だった笑
k

kの感想・評価

4.0
キューブリック作品3つ目だけど、この作品は特に他と比べて異質なように感じた。

最後の方はハテナだらけの展開、何が起きているかよくわからないけど、いろんな想像を掻き立てられるし、何度も見てみたいと思った。
Shinya

Shinyaの感想・評価

3.6
鬼才スタンリー=キューブリックのイズムが存分に発揮された作品。作品中の殆どと言って良いほどのシーンが線対象になっている。

また、人類がまだ月面に到達していなかった1968年に、これほどまでにリアリティをもった宇宙空間を表現したキューブリックに脱帽。

しかし、謎の物体「モノリス」の正体やボーマン船長が飛ばされた部屋についての説明が一切語られることがないため、視聴者が独自に解釈する他ない。難解。
矢野氏

矢野氏の感想・評価

3.5
SFのワクワク要素満載で
映像、カメラワーク、音楽、演出
めちゃくちゃかっこよかった
ただほんまに眠すぎた
猿長ない?
>|