2001年宇宙の旅の作品情報・感想・評価・動画配信

2001年宇宙の旅1968年製作の映画)

2001: A Space Odyssey

上映日:1968年04月11日

製作国:

上映時間:139分

3.9

あらすじ

「2001年宇宙の旅」に投稿された感想・評価

さあや

さあやの感想・評価

4.5
🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥
淵野辺

淵野辺の感想・評価

3.7
鬼むずい、映画にむずいとかの概念あるんだって感じだけど、鬼むずい。あと怖かった。
ただ、スタンリーキューブリックはぶっとんでるってことと未来から来た人なんだってことは確信した。クオリティすごい。。。
1000年後くらいにもう一度観たいな。
aya

ayaの感想・評価

3.0
久しぶりに挑戦してみたものの、やはりピンとこなかった。どうしても退屈してしまう。見るというより体験のような感じで、映画館でその世界に没入することができたら何か違うかもしれない。本当に意味不明な実験映像と違って、私がもっとストーリーを感じることができれば変わるかもしれないとも思うのでまたそのうち見たい。
しかしどこを切り取っても本当にイケてる。
松井

松井の感想・評価

3.8
1968年という時代に作られたとは思えないクオリティのSF映画。


宇宙の神秘を紐解く旅だけではない展開に良い意味で裏切られた。効果音とビジュアルを眺めているだけでも面白い。










以下ネタバレ感想★★★★











コンピューターが殺人を犯すという斬新な展開をこの時代に考えたのが素晴らしい。赤いランプをジッと眺めているだけで怖さを抱く……怖さの種類が異質。命乞いをするコンピューターが可愛らしい。
もう20年以上前に観た以来。
その時はほんとに意味不明だったが、今回はある程度予習したので、それなりに理解できた

正直映画はひたすら冗長で面白いとは思えない。まあ50年以上前のSFだししょうがないかなと。
でもCGもないのに映像は凄い。
なんかタブレット?っぽい物もあったし先見性も

後のSF作品にどれだけ影響与えたことだろう
Takafumi

Takafumiの感想・評価

3.5
スタンリーキューブリック監督は何かインスピレーションを受け取ってこの映画を作ったのか、それとも、実際に見た世界を再現したのか。

宇宙、地球、人間。
言わずと知れたキューブリックの代表作‼︎
何度観続けても、厳かな気分になる。
いつまでも色褪せることの無い
SF映画の金字塔‼︎

今年、劇場でのリバイバルが有るので久々に、あの気分を劇場で又味わいたい。
r

rの感想・評価

-
観てから寝ようと思ったら寝落ちしたので良く寝てから観たのに寝落ちした。
元旦に年越しっぽいような、おめでたい気持ちなるような映画が見たくなりこの作品を見ました。

キューブリックの監督作品の中でも一、二を争う好きな作品でもあります。


やはり何度見ても面白いですね。
いつ見てもセットやミニチュアモデルなどの精度が高く、1960年代に作られたのが信じられないです。


宇宙の説明をあえて省き、神秘的に見せることによって、無限の広がりを感じ、別世界へと誘われるような感覚に陥るのがとても素晴らしいです。
未だに未解明な部分の多い宇宙だからこそ余計にそう感じさせてくれる気がします。

そして説明が省かれて不明瞭な分、想像する余地が多く、見るたびに違う発見や感じ方ができて飽きづらいのも魅力の一つで、この要素があるからこそ何度も見たくなるのかなとそんな風に思いました。
緒方

緒方の感想・評価

-
激ムズ面白いです。映画の面白さは説明できるものと思っていましたが、この映画を鑑賞して説明できない面白さもある事に気づきました。また何年後かに観ると違う感覚になるのかと思うとワクワクしてきます。
>|