鉄

A.I.の鉄のレビュー・感想・評価

A.I.(2001年製作の映画)
3.6
AIが人に愛されるように努力する話。

かつて愛していた人がAIとして再現される。

最初は気味悪がるもしばらくしたら愛着が湧いてくる。

次第に話が変な方向に向かっていく。
話の展開がブラックミラー、シーズン2の「ずっと側にいて」に似てる。てか同じ。

意思のあるロボが沢山いて、尚且つ陽気なやつが多いし、口調など含めてトイストーリーっぽい。

自分のような血の通ってない人間からすると、こういう自我を持つAIなんて怖くてしょうがない。見ててあんまり「切ない」とか「悲しい」とか思わなかった。ただ、世界観がめちゃくちゃ作り込まれていて面白かった。