A.I.の作品情報・感想・評価・動画配信

A.I.2001年製作の映画)

Artificial Intelligence: AI

上映日:2001年06月30日

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「A.I.」に投稿された感想・評価

muuumy

muuumyの感想・評価

4.2
すげぇ長ぇ…
鑑賞するのにめっちゃ疲れるんやけど、母を追い求めるロボットの心を幻想的に上手く映し出した映画だと思う。
ラストは心をきゅっと掴まれたような切ない気持ちになりながら泣いた。
生きる時間、動く時間の違うものに愛を植え付けてしまう代償。
求める結果は尊いかもしれないが、その道はあまりにも残酷かもしれない。

母を子供のように愛してしまったロボットの夢を追いかける旅路。

欲しかったのは、永遠の時間ではなく幸せな1日。

個人的には鬱映画上位に入る一本。

ホラーやサスペンスとも違うが容赦ない世界観はそれに似てなくもない。
精神をグシャっとさせると言えばいいものか…。
テクノロジー進化の暗部を見せつけられた気分かな。
鉛のような重さが続くので、落ち込んでる時に見るものではない(笑)

だけど、ふと見たくなる→沈む→また見たくなる→辛くなるのサイクルをわりとしてしまうので映画としては、嫌いじゃない…のかな~?
どうしようない気持ちになりたいなら間違いないと言えるよ(笑)

泣けるよりか、泣けてくるタイプだね。
感動じゃなく、辛さと悲しさで自然とこぼれ落ちる的な。
何故こうも、無垢な心に現実という名の泥をぶちかますのかと…。

ジゴロのジョーとテディが貴重な癒しだよ、ほんと(笑)
CHIAKI

CHIAKIの感想・評価

3.5
年末年始の放送で久しぶりに観ました。
すごく心が悲しくなりました。
クマが心の支えでした。

ジュード・ロウのキャラクターがなかなか面白いです。
小さい時に観てからすごい印象的で何度も観たくなる、大好きだけどほんとに悲しい映画。
私のクマ好きはこの映画から🧸
工房

工房の感想・評価

4.2
長いので中弛みするが、クライマックスで救われる。(少なくともデイビッドにとっては) スピルバーグのおかげで優しいラスト。大好きな映画。
ぷりん

ぷりんの感想・評価

4.7
この10ヶ月間ずっと見よう見ようと思ってやっと見られた。
2001年にこんな世界が想像されていたことがすごいし、20年経った今に通ずる部分もかなり多いと思った。

AIに感情を与えると誰も幸せになれないことを物語っている。

ドキドキするシーンも、考えさせられるシーンもあってすごく好きだなこの作品。
ぬん

ぬんの感想・評価

3.8
人間の勝手さと、それに翻弄されるロボットだけれどしっかり人間の心を持った少年の純粋さに切なくなった。
世界観も出てくるキャラクターも個性的で、夢を見てるような感覚になる映画。
moko

mokoの感想・評価

4.2
すごく切なかった…
森に置いていかれるところが特に。
救いのあるラストで良かったです

ジュード・ロウが!セクシーすぎて!最高!
YuukiIto

YuukiItoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

『人間だけがそういう目に見えないものを信じるんだ』

AIがいくら発達しても↑こういう気持ちは
やどらないんじゃないかなぁ
と思った

でも、こういう気持ちが
人間の良いところでもあり悪いところでもある。

はじめは愛の与えてもらえない
悲しい子供ロボットの話かと思って
シリアス過ぎて嫌だなぁと思って観てたが
ジュードロウが出てきたあたりで
物語が一変し
未来型お伽話みたいになっていった
さすがスピルバーグ映画!
見応えあった
もりも

もりもの感想・評価

4.0
人工知能が愛を知ったら愛を求めて動き続けるかもしれないですね。

48本目
>|