A.I.の作品情報・感想・評価・動画配信

A.I.2001年製作の映画)

Artificial Intelligence: AI

上映日:2001年06月30日

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「A.I.」に投稿された感想・評価

corouigle

corouigleの感想・評価

3.0
少しSF苦手になりかけてた。。。かな

ハーレイジョエルオスメントくん
ジュードロウ

どちらもよかったけれど

自分に決定力を持つ要素に不足した

パンチの効いた何かがなかった

近未来を想像するに
重要な作品とは思うけれど

AI。。。
我が家にも手塚治虫作の
ロビタあるいは
ドラえもんのようなものが現れるのだろうか。。。

まだルンバも仕入れていないや
自動運転もだ。。。

トラックドライバーとか
工場ワーカーとか
介護とか

そういう人手不足な業界から
国を挙げてガンガンと進めて頂きたい
金柑

金柑の感想・評価

3.6
一貫して人間の方がよっぽど残酷
最初のミーティングで全て言ってた

若ジュード!!やっぱりジュードロウが好きです、ゲート出て手伸ばして繋ぐのとか海から救ったデイビッドの顔を拭ったりとか…アイライン…
今やダンブルドアだものねえ、
アルフィーを観なきゃ…

最初の笑い声とかわざとホラーっぽい演出にしてきたな?
テディが頑強

2000年後、エピローグかと思ったらまだ残り30分あってびっくりした
ラストは宇宙人説もあるけどロボットだ、というの、理由としてはまあわかるんだけどじゃあなぜあんなビジュアルになったのかは知りたい
内臓不要なのはそうとしてやたら細長い指とか
竜胆

竜胆の感想・評価

4.5
初めから終わりまで、飽きの来ないストーリーで、非常にハラハラドキドキされられる映画だった。

子供が主人公であるのが良かった。なぜなら、大人だと「AIロボットの冒険」というよりかは、「捨てられたAIロボット」の印象が優ってしまい、切なすぎて見ていられないからだ。もし、物語の中盤に登場する男性型AIロボットが主人公であったら、こんなにも面白い映画になっていなかっただろう。
朝が来て君が目覚めたら、君の好きなフレーバーのコーヒーをベッドまで運んであげる、なんていうのはまるで恋人への対応だよなあとか思ったり
moukounen

moukounenの感想・評価

4.0
何が人間を人間たらしめているのだろうかと考えさせられる作品

この映画では、"醜さ"が人間が人間たる理由なのではないかと感じた…
その意味で、怒り狂うデイビッドの姿には人間を感じた。しかし、最後まで母親を憎まず愛し続けた点で、彼は人間になりきれなかったのではないかと皮肉に感じる部分もあった
SFチックな世界観にどっぷりと浸ることができた
流石、スピルバーグ監督
まだAIなんか全然発達してないのに2001年にこんな物語考えれるの凄い
めっちゃ切ないし何回も見てまう。好き
れい

れいの感想・評価

-
ちょっとひどいんちゃうかなていう、A.I.を持ったアンドロイドの少年の物語です。機械だけど、擬人化して観てしまうので、かなりききます。良心て?ジュード・ロウさんが演じた役が最後、おれは存在した、ていうんですけど、哀しみあおるのは人間だからでしょうか。人間性を問われる作品です。よろしくお願いします。^_^🙇‍♀️

このレビューはネタバレを含みます

過去に見た作品。

ラスト、母親に再会出来るところが印象に残ってる。
良かったね。っていうより切ない。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.2
【監督強化月間21 スティーヴン・スピルバーグ】

スピルバーグが、キューブリックの仕事を引き継いだSF映画。「ピノキオ」をベースに、母親からの愛情を受けたいA.Iが「人間」になるためにブルー・フェアリーを探す旅に出る。キューブリックということなら、ラストで『2001年宇宙の旅』を思い出した。『2001年』はAIと人間の戦いで人間が勝つ話だったけど、こちらは戦いはしなかったけど、AIが生き残る話。でも、仮想空間でしか母親の愛情を受けられなかったというあの最後は物悲しいな。
O

Oの感想・評価

-
機械が人を愛するのなら、それを受ける人間も責任を持つべきだ

最初のお姉さんのセリフが全てなんよ
出てくる人間が愚かで自分勝手で邪悪で悲しくなった
終始報われないんよな........................
それはそれとして若ジュード、ずっと不自然な動きしてるのに顔が良すぎて.....
>|

あなたにおすすめの記事