たいし

マトリックスのたいしのレビュー・感想・評価

マトリックス(1999年製作の映画)
4.4
永遠のリピート映画。
人類自らが作り出したAIと、人類の戦い。
機械の動力源である太陽を遮ることでAIを抑制しようとした人類は自ら破滅の方向へ進む。
AIはさらに進化し人間を栽培し始める。
人間の熱エネルギーを吸収し動力源としたのだ。
つまり人類はAIにより「支配」されてしまった。
支配するために人類に与えられたのはAIによる仮想現実。
それが『マトリックス』である。

洗脳された支配による脱却の為立ち上がるモーフィアス率いる反乱軍。
ネオはこの支配システムの均衡を保つ存在(救世主)として選ばれた。

迫られる数々の選択と人間としての信念。

アクションだけではない。映画として本当によくできた作品。
真実を知れば知るほど面白い。

我々は奴隷のままでいいのか。
システムの一部でいいのか。
真実を知ったのなら立ち向かわなければならない。
本当の自由を手に入れるために。

これから世界はAIの時代に突入する。
いつか「人間」としての役割が試される時が来るかもしれない。

因みに昔間違えて『アホリックス』というパクリ作品を借りてしまい大泣きしたのを思い出しました。