たいしさんの映画レビュー・感想・評価

たいし

たいし

目標:年100本!cinema is life

映画(383)
ドラマ(0)

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.9

自分だけの音楽。
ビジネスとしての音楽。
人と人を繋ぐ音楽。
夢を叶える音楽。

地下鉄で一歩踏み出す直前、
そんな時に絶望を救うことができるのは音楽。
音楽のちからは素晴らしい!

グレタ、デイブ、
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.4

素晴らしい。お祭り騒ぎどころではないぞ✨
3000回泣いた。。ありがとうアベンジャーズ

🤞✨👫🍂🌏

愛する人を失った者。
奇跡的に家族と共に生き残った者。
運命に身を委ねる者。

だが5年後。サノ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

やっと観れた。
サノスの野望に立ち向かうアベンジャーズ達。
今までのシリーズをすべて寄せ集めての総力戦。
1400万分の1の可能性に賭ける!

全宇宙の半分を滅亡させ、人類に均衡を与えるという野望を持
>>続きを読む

RED/レッド(2010年製作の映画)

3.5

RED(超危険な年金生活者)
おじさん同士の殺し合い。

観れば観るほど眠くなってしまい、はっきりストーリーを覚えていません。

どこかで見たことある二番煎じのシーンが多かった印象。ただアクション映画
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.3

「僕らの関係って何?」
「さあね。いいじゃない、幸せでしょ?」
「ああ、、、」

一般的には男女逆のセリフのイメージが強い。
自由奔放なサマーに振り回される冴えない男トム。
彼の男心を想うと涙がとまら
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

まさに地獄のような映画、、いや、地獄。

大自然の中にある1つの村で、自分の家族を殺傷するという事件が多発していた。
事件には最近住み始めた日本人が関係しているという噂が流れる、、、
主人公の警察官ジ
>>続きを読む

裸のランチ(1991年製作の映画)

3.3

話の内容や意味や芸術性の理解に苦しんだ。
気持ち悪さと不快さが勝りなかなか引き込まれなかった。。。
まあこういう映画もありますわな

マトリックス(1999年製作の映画)

4.4

永遠のリピート映画。
人類自らが作り出したAIと、人類の戦い。
機械の動力源である太陽を遮ることでAIを抑制しようとした人類は自ら破滅の方向へ進む。
AIはさらに進化し人間を栽培し始める。
人間の熱エ
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.6

結婚とは。
幸せであり責任であり狂気である。

歳を重ねるごとに消えていく妻のシンディの笑顔。
美しい恋物語のその後まで描いたリアリティ溢れる作品。

ディーンは家族の為に稼ぎ、自分なりの理想の父親と
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

3.7

ある意味自由すぎる男と自由を求める女の物語。

ミシェルは人の金や車を奪い生活しているヘビースモーカークソ野郎。
盗んだ車を修理中に警察に見つかり、ミシェルは発泡する。
そのことが事件となり追われる身
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.1

肌の色や服装や出身でその人の何が理解できる?
外見も違えば中身も違う。
勇気と笑いと友情が溢れる傑作のロードムービー!!

黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーとクラブの用心棒トニー・リップ。
2
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.9

ダンディズムを極めた「盗み」の映画。
アクション映画というよりは演出や展開の面白さが光る!💥💴

アメリカンボックススタイルのスーツを見事に着こなすブラピとジョージクルーニーがかっこよすぎる!!
特に
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

アニメーションだからこそのスピード感と色の鮮やかさと迫力に圧倒される✨

幸か不幸か。まだおさない中学生が蜘蛛に噛まれた事で辿る運命。
しかし例え少年だろうと闘わなければいけない。
それがスーパーヒー
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.2

ん、面白い。。絶妙に小粋な所がいい。
しっぽりと一人で真夜中に観たい。そんな映画。

タクシーの中で起こる人間模様を描いたオムニバス映画。
それぞれの街と国民性の特徴をうまく捉えている。
LA NY
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.7

「近づけば近づくほど逆に見えなくなる。」

現実と魔法が交錯する。♠️♥️
とてもスピード感のある展開で飽きることはない。
キャストもかなり豪華で賑やかな作品。♣️♦️

天才マジシャン集団「フォー・
>>続きを読む

ハスラー2(1986年製作の映画)

3.8

勝負師(ハスラー)としての生き様。
男には負けられない戦いがある。
第1作目『ハスラー』の続編。
今回はナインボール。

エド(ポールニューマン)は若き天才のヴィンセント(トムクルーズ)に目を付け、
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.7

暗くて不気味な映像と単調なピアノ音、、
恐ろしいゲームの正体は?

大会社を経営する主人公ニコラスは弟のコニーからクラブCRSが主催する「ゲーム」への参加を促される。
話によると人生が変わるほどの究
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

人種差別をホラーで描く。
不協和な展開が絡み合っていき、とても恐ろしい真実が浮かび上がってくる。

黒人の主人公クリスが彼女のローズの実家であるアーミーテージ家の両親へ挨拶に赴く。
そこで起こる不可解
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.7

Midnight in Paris.
真夜中のパリが起こす美しい奇跡。

「過去」とは様々な意味を持つ。

ある人にとってはただの過ぎ去った記憶。
ある人にとっては宝物のように大切なもの。古い物好きや
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

逃げろ!!敵から、味方から、恋人から、現実から!!
逃げ続ける映画、ベイビードライバー。

若き天才ドライバー、通称ベイビー。
過去のトラウマから耳鳴りを消すため常にiPodで音楽を聴き流しつづける。
>>続きを読む

ディス・イズ・イングランド(2006年製作の映画)

3.6

所詮『イングランド』もファッションの一部なのかも、、

現実的なかっこよさがファッションや音楽に現れていました。

イギリスの社会問題とスキンヘッズ。
ナショナリズムと人種差別主義。

思想の近い人間
>>続きを読む

ハスラー(1961年製作の映画)

4.0

男は負けてから。

とにもかくにもポールニューマンがめちゃくちゃかっこいい。
他の登場人物の演技力も見所が多い。

天才ハスラー、エディ。
ビリヤードの腕は一人前だが、酒癖の悪さと人間性の欠如が唯一の
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.1

人と違うことを許さない世間。
そして向けられる冷たい視線、、とても心が痛んだ。

永遠のテーマとも言える差別問題。
理解されないことの辛さ、苦しみが伝わってくる。

確かに同性愛者がダウン症の子供を育
>>続きを読む

ぼくの伯父さん(1958年製作の映画)

4.2

まるで美術館の絵画を見終わったかのような感覚。ジャック・タチの代表作。

「すべてに意味がある」

建築、美術、音楽、映像、全てが感性に触れてきた。モダンとレトロの融合。
物語は見事なまでの対比で成り
>>続きを読む

八月の鯨(1987年製作の映画)

3.6

全く性格の違う老姉妹の物語。
偏狭な性格で白内障の為視力を失ったリビーと社交的で礼儀や作法を重んじるセーラ。
彼女たちは共になくてはならない存在であった。

非常に趣深い作品。
美しい映像がまるで純喫
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.1

色のコントラストが非常に鮮やか。
クラシックな感じだけどモダンさも兼ね備える映像美。
監督独自の美学からなる最高峰のロードムービー。
ライ・クーダーのギターサウンドと広大なテキサスの自然。そしてトラヴ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

「何かを達成したい」
若さゆえの失敗や体験が今後の人生に大きな影響を与える。

家族、友達、恋人、進路、、、数々の問題を抱える高校生レディ・バード。

口は悪いし、ガサツだし、見た目もチャラついた感じ
>>続きを読む

地獄の黙示録・特別完全版(2001年製作の映画)

3.7

3時間弱の超大作。しかし元々は200時間以上のフィルムを編集したものらしいので内容もかなり断片的ではあるがとんでもない映画。

生きているということが大切。
まさにそう実感できるような映画。

戦争と
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.3

LAでは交通事故でもない限り違う階級の人間と触れ合うことはほとんどない。という皮肉。
「クラッシュ」

アメリカでは後を絶たない人種差別。
銃社会であることと多種多様の民族が住む国だからこその問題で
>>続きを読む

マンハッタン(1979年製作の映画)

3.9

大人びた恋愛映画という感じ。面白い。
流暢な会話の中に混じる皮肉や哲学はまさにウディアレンの映画らしさを物語っている。
会話中の比喩表現も絶好調だった。

刺激的な展開は殆どなく終始フラットだが、マン
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.6

イギリスの運命を背負ったWチャーチル首相。
重圧、責任、板挟みなどで苦悩を続けるが、彼は「言葉」という武器を使い国民や政治家を鼓舞し、ナチスドイツと闘うことを宣言した。

「この国の長い歴史が途絶える
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.7

世界経済の破綻に賭けた男達。
損失が損失を生む連鎖、捻じ曲がった詐欺まがいの金融業界のシステム。
真理を追求すると深い闇があった。

リーマンショックを生き抜いた投資家のそれぞれの喜びや苦悩をあらゆる
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

人の命を奪うこと以上に重い罪はない。
だがしかし、戦争は起こる。

聖書で大切な人は守れない。軍兵は大切な人を守るために銃の訓練が不可欠である。
しかしドス二等兵は銃を持つことを拒否する。恋人との結婚
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

4.1

自分が映画を作るならこんな映画を作りたい。
僕らはたくさんの歯車のひとつ。
歯車と歯車がうまく噛み合う時物語は生まれる。不思議な物語が。

マグノリアの花言葉は
Love of nature:「自然へ
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

ショーウィンドウに置き忘れた手袋。そこから始まる女性2人の逃避行。だが厳しい現実が彼女達につきつけられる。

母親のキャロルと写真家として働くベリベット。それぞれの生きかたは素晴らしいが、そこには本物
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.7

密室サスペンスの金字塔。
日本の漫画や映画も影響された作品は少なからずあるだろう。

舞台はただの立方体の部屋。そこにある面についた6つの扉。そしてその扉の向こうにも同じ部屋。
中には罠が仕掛けてある
>>続きを読む

>|