マトリックスの作品情報・感想・評価・動画配信

マトリックス1999年製作の映画)

The Matrix

上映日:1999年09月11日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「マトリックス」に投稿された感想・評価

とり

とりの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キーワードは2。二つの選択肢、二つの世界。

昔見た時アクション映画としてのみ楽しんでいたため、マトリックスがなんなのかとかなんのために戦ってたとかよーわからんまま見ていた。

マトリックスは夢の中の世界で現実世界ではない。ただ我々はマトリックスを現実世界とし認知して生活している。
現実世界ではコンピューターが人間を動力源として栽培している。コンピューターと人間が21世紀末頃に戦い、当時の電気エネルギーの動力源が太陽光だったため、それを遮る雲を作り出す。人間は負けたため、ガイオンという人間が暮らす街を除いて機械に支配される。

人間の熱エネルギーを動力源にしている為、それを発生させるための興奮を夢の中の仮想世界マトリックスで体験させる。

というテーマ。

主人公は機械と人間との主従関係を破棄するような役割を担う救世主として仲間たちから招集される。

改めて見返すとその内容にある種のあっけなさもあるが当時の作品としては映像が革新的だったこともありすごく盛り上がったんだろうと思う

マトリックスはビジュアルイメージがとても強い作品なので虜になるような気持ちもわかる デジャヴの機能とか確かにバグっぽいもんね
なこ

なこの感想・評価

3.4
キアヌリーブス青い!
瞬時に異世界に移動できんのにその手段が電話ってとこが拍子抜けな感じ
majizi

majiziの感想・評価

3.8
マトリックス4が来年アメリカで公開されるときいて見てみた。これで20年前かー!当時すごく流行ったし、その後のSF映画やそれ以外のジャンルにも確実に大きな影響を与えた作品なので、今みても古臭さはないし、面白い。仮想現実がどんどん身近になってきた現代こそ、切実なテーマになってる。

何が本当で、何が虚構なのか?そんなことは人間には絶対にわからない領域だと思う。わたしたちの想像力は無限にあるように感じるけれど、こういう作品を見て、科学や哲学を持ってきて、さもわかった風なことを話し合うぐらい、愚かで小さい存在。だからこそ、何度も同じようなテーマで違う切り口の作品を創り出し、それを見て人間としてあーだこーだ考える。だから続きも見てみる。
1999年の映画だなんて思えないな。キアヌリーブスの若い頃って、こんな感じだったんだ。カッコ良い。1999年は、コンピューターがまだ今ほど発達してないころだけど、その20年後(今)はかなり進歩してるわけだから、彼らのいる200年後?はAIに支配される世界ってのも、あり得るのかもしれない。
misaki

misakiの感想・評価

3.5
1999年の作品なのにいまさら初見。キアヌ・リーブスがめちゃめちゃ若くてビックリした…好青年。アクションシーンの動きはいま見ちゃうと違和感あるけどこれが20年も前の映画とは思えない内容だし、そりゃ色々賞取るよなと納得。
ただ個人的にはなんとなくハマらなかったかなぁ。

もし今この自分たちがいる世界がマトリックスだとして幸せならそれはそれでいいかなと思っちゃった。それかいっそプラグ抜いてくれ!とも思う(笑)
Rei

Reiの感想・評価

3.6
正直名前ばかりが有名で内容勘違いされてる作品No.1やと思うw
ターミネーター的な話やと思ってたら全然違うし、これぞSFって感じ。1999年でこのクオリティはスゴー
若いキアヌバカかっこいいね。
小学生のとき観て難しすぎて挫折した映画
それ以来なんとなく食わず嫌いになって避けていましたが、、、

お、おもしろい
色あせない映像美と世界観とエージェント・スミス

Netflixよ、また会わせてくれてありがとう
Cozy39

Cozy39の感想・評価

3.2
公開当時、映画館で観た人が秋葉原辺りでエージェント・スミスの格好で集まってテレビに良く取り上げられてました。自分は初観はDVDでしたが、とにかく衝撃的でした。

SF系の映画の宿命ですが、何回か観た上に、現在これ観ると古さは感じます。
当時あれほど驚きで斬新だったアクションなどの場面も今となっては普通になってしまいました。
この映画の設定は、現実が作られた世界である、という事だと思うのですが、そういうテーマ性より如何せんアクション部分の比重が大きいので、個人的には経年劣化が進んでしまうという困った感じになっています。

映画に直接関係ないかもですが、中国の漫画家の方で指導部の風刺漫画書いて亡命せざるを得なかった方が、そのマンガの中で、中国人が観るべき映画としてこの映画を絶賛しています。当然アクション部分の絶賛ではありません。嘘つき中国共〇党、という本。面白い中にも真面目なマンガです。
Annie

Annieの感想・評価

3.0

これは公開当初に見に行きたかったな

名前知ってるくらい有名やで、なんでやろ〜って見てみたけどなんか普通な感じ〜って印象

コメント見て初めて気づいた
この時代にこの発想がスゴイだって〜
でも今ではありきたりなテーマになっちゃって
なんか損した〜
Akiha

Akihaの感想・評価

-
いや、こんなおもろい映画とはしらなんだフィッシュバーンのすきっ歯が気になるぜ
>|