マトリックスの作品情報・感想・評価

マトリックス1999年製作の映画)

THE MATRIX

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.8

「マトリックス」に投稿された感想・評価

knkne

knkneの感想・評価

3.8
いつぞや観た記憶。
サイバー感溢るる緑の文字は攻殻機動隊のオープニングを模したって話をどこかで聞いた。
カリー

カリーの感想・評価

3.8
今さら鑑賞。キアヌが美青年でかっこいい。キアヌじゃなきゃ見ないかも。
人間栽培、遠い未来にあり得そう..
「現実世界では無職引きこもりのぼくだけど、夢の世界では人類を救う救世主なんだ!だから現実のせかいがほんとうは夢で、夢の世界がほんとうのせかいなんだ!」と、聞いていて頭が痛くなるような設定だけど、そこがいい!!

哲学者デカルトが「我思うゆえに我あり」と言ったように、この世のすべては本当は存在しない、自分の意識がそう見せているだけかもしれない。
いやそもそも自分というものさえ、培養液の中に入れられた脳髄と神経細胞が電気信号によって認識しているだけかもしれない。

と、疑い出せば際限がない。
設定がとてもユニークで序盤はどんどん引き込まれるのだが、後半からふっつーーーーのアクションものになってしまって個人的には残念。
Kirisshy88

Kirisshy88の感想・評価

3.4
「マトリクス」といえばW・ギブソン。そこに押井守『甲殻機動隊』を参照した実写化のよう。実在/意識の判別不可能性や実在の不可知はデカルト、ヒュームなど長きに渡り変わらぬテーマ。
映画館で初めて観た時の衝撃が凄かった。あの映像美たるや!
あの時は何となくしか分かっていなかったストーリーも、大人になって改めて見直すとイメージーも違ってくる。
懐かしいなあ。。
yki

ykiの感想・評価

3.5
当時を振り返ってレビュー
----------------------
・世界観が独特かつカッコイイ
・色々衝撃的
・モーフィアス記憶に残りがち
あの有名なシーンは何度もみたが映画は見てなかった(ーー;)

仮想現実。

まさかのストーリー。
斬新。
Kemu

Kemuの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

小さい頃にトラウマになってから10年経ってもう一回見た。
2018年に観ると逃走中しながらカラテしてキスで復活するおもしろ映画だった。
アクション良いしグロテスクな世界もめちゃ怖くて良かったです。
映画史に残る名作の一つ。
red pill / blue pill っていうスラングはこの映画をきっかけに生まれたもの。

子供の頃、この映画のせいで、周りの友達がみんな銃弾避けるシーンのモノマネしてた(笑)
あのシーンはたくさんのカメラでキアヌをグルっと囲って撮影したものなんだけど、何度見てもホント神すぎる。
たなか

たなかの感想・評価

4.5
めちゃくちゃスゴい映画だった。
高校の哲学の先生が、この映画を使ってデカルト哲学を説明していたのを思い出す。『1Q84』みたい。シミュレーション仮説を想像できない時点で自分も水槽の中の脳みそで生きてるなと思った。
最先端技術の筈のパソコン画面がwindowsXPみたいでダサっ!
>|