MASAYA

3時10分、決断のときのMASAYAのレビュー・感想・評価

3時10分、決断のとき(2007年製作の映画)
3.8
これは予想以上に骨太な西部劇。

借金に苦しむ元北軍の牧場主のダン(クリスチャン・ベイル)が逮捕された強盗団の首領ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)をユマ行き「3時10分発」の汽車に乗せるまでを護送することに。

しかし平和に何事もなく目的地まで送り届けることができる訳がありません。道中仲間を失い、更にはホテルまでもベン・ウェイドの一味によって包囲される。絶体絶命のこの状況。はたして切り抜けることができるのか……

西部劇といいつつも1957年の『決断の3時10分』のリメイクであり、ジャケットからは伺えないものの、実際に作られたのは2007年。映像はキレイな上にガンアクションもセットもしっかりしている。

そして何と言ってもプロットが素晴らしい。最初は金目当てで護送を名乗り出たものの、最終的にはプライドにかけて成し遂げて見せるという意思の変化。約束を誓う場面には魅せられた。

家族を思う父親像であったり、一心不乱の決意、生きざまでさえも純粋に1人の「漢」としてかっこよすぎる。

あとはベン・ウェイドのキャラクターが絶品。流石はラッセル・クロウの一言に尽きる。やはり良質な映画というのは悪役が映えるものだなと。強盗団のボスというだけあって、似つかわしくない荒野で一人だけベロアのジャケットを羽織っており纏うオーラは周りと一線を画している。

ただ一言だけ言わせてもらうとリボルバーの銃をそんなにバンバン撃って弾切れにならないのかと心配になった。

最後までハラハラさせる展開にも拍手。

「今何時だ!」

「3時10分です、、」

「汽車は?」

「遅れています。」