3時10分、決断のときの作品情報・感想・評価・動画配信

「3時10分、決断のとき」に投稿された感想・評価

クリスチャンベイル、ラッセルクロウ、2人とも西部劇ならではの衣装や無精ひげがめちゃくちゃ似合う。 ラッセルクロウの作品そんなに見たこと無く、「アオラレ」のイメージが強かったから今作はめちゃくちゃ渋くてカッコいい。

多くは語らないけど互いの生き様を徐々に理解、尊重し、敵味方を超えて男として認め合っていく。そしてそのままラストに繋がっていく。2人ともカッコよすぎでした。男の生き様、それに尽きる。ただただカッコいい。語彙力無さすぎて申し訳ないけどホントにかっこいい作品見た時ってそれしか感想思い浮かばない笑笑 終盤、3時10分に向かっての緊張感がハンパない。

ガンアクション映画好きな人なら分かってくれるかも知れないけど、アクションにおいても、こちらも西部劇ならではのリボルバー銃やウィンチェスターライフルなどを構えて撃つ姿に痺れた。
寅

寅の感想・評価

3.8
正直、最初の方は展開がゆっくりで面白く感じていませんでした。しかし、3時10分に徐々に近づいていき、いきなりスピード感が増します。そこからはどんどん見入ってしまいます。
アクションシーンも満足です。久々にウエスタン作品を鑑賞したのですが、久々に見る作品がこの作品で良かったです。
父として、男として行動で息子に教えていくクリスチャンベイルに痺れました…
ラッセルクロウの無敵感もたまらないし、ガンアクションも素晴らしかったです。
peche

pecheの感想・評価

3.7
父の威厳。

人間味があって最後まで飽きない内容。
ラッセルクロウとクリスチャンベイルがそれぞれに渋く唸らせる存在感!

オリジナルも見たい!
tsuyo

tsuyoの感想・評価

-
借金返済と生活費の工面のため、罪人ベン・ウェイドの護送に名乗りをあげる牧場主ダン

敵同士でありながらも、男と男が互いに認め合う友情とも少し違う関係が魅力的でした。

3時10分ユマ行きの汽車の前での決断、、
ラッセル・クロウ(ベン・ウェイド)渋すぎ
NaoyaMori

NaoyaMoriの感想・評価

4.5
ジェームズマンゴールド監督ラッセルクロウとクリスチャンベイルで西部劇なんて最高です。
サカナ

サカナの感想・評価

3.8
言語化しづらいけど漢。
ラッセル・クロウとベン・フォスターの演技が特に良かった。
K

Kの感想・評価

4.4
激アツ胸アツ
めっちゃ見やすい映画やから、西部劇が苦手な人におすすめ
Mycroft

Mycroftの感想・評価

4.1
2000年代では珍しい本格派の西部劇。リメイクされたのが納得の、気の抜けないツイストに満ちた硬派なストーリー。銃撃戦も迫力満点。ラッセルクロウとクリスチャンベイルの演技派のスター二人を生かし切った濃密なドラマ。
古い西部劇のリメイクかつ2000年代でここまで面白い西部劇は珍しい。

残虐だが教養もある複雑な悪役のラッセル・クロウの演技に説得力がありすぎる。
ベン・フォスターも西部劇の世界にバチバチハマってたしピーター・フォンダは流石の存在感。

正義と悪、敵と味方が何層にも重なる重厚なドラマ。
マンゴールド作品はやはり信頼できる。
タノ

タノの感想・評価

3.4
カッコよかった。
現実に生きる男と犯罪者の繋がりと心の強さが、感じて。
>|

あなたにおすすめの記事