MASAYAさんの映画レビュー・感想・評価

MASAYA

MASAYA

大学生。主に新宿。
☆5は人生ベスト3

最近レビューがたまりがち。
昔の名作や旧作を劇場で観るのが好きです。

twitter : osho_109

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

これは好き。
ただの傑作。

主人公のヨシカ(松岡茉優)は24歳の自身をアンモナイトと重ねる不思議少女。中学時代から10年間片思いをする男の子を脳内で召喚する毎日。そんな彼女に思いを寄せる会社の同僚が
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.4

自分はこれまでの人生「“ダメンズ”だけにはなるな」と両親に言われ続けて育ったため、前半部分など特に働かずして生きていこうとする男性陣にフラストレーションが溜まりまくりました。

その時点でまず共感しに
>>続きを読む

コン・エアー(1997年製作の映画)

3.6

良質午後ロー作品。

囚人移送中の機内で起こった、凶悪囚人によるハイジャックを仮釈放予定であったニコラス・ケイジが何とか食い止めようと奮闘する話です。

かつては優秀な軍人だったニコラス・ケイジが除隊
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.3

全編にわたる音楽が最高過ぎました。

正直言って、公開当時なんで観に行かなかったんだと後悔するレベルです。

1960年代中期にアメリカを席巻したポップス・バンド、フォー・シーズンズの結成から引退まで
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.8

アニー・ホールって女性の名前なんですね。

コメディアンのアルビー・シンガー(ウディ・アレン)とアニー・ホール(ダイアナ・キートン)の恋愛模様を叙事的に描いたロマンスコメディです。

ウディ・アレン節
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.6

原作未読です。

ああいい映画だった。とは言えませんでしたが、“人生”を感じさせてくれる映画でした。

生きていくのが大変で、収入の大半はバイト代。それでもやりたいことをやるために、いつの日か売れるた
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

2017年の劇場納めが本作でした。

本当は鑑賞直後にレビューをあげようと思っていたものの、体調不良でダウン。

インフルB型でした。

というわけで一応2017のランキングは下に載せておきます。
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(1974年製作の映画)

3.8

公開中のリメイク版の予習として鑑賞しました。

一等寝台車で12ヶ所の刺し傷を残した殺人事件が発生します。容疑者は乗客12人。乗り合わせた私立探偵のポアロが事件解決に乗り出します。


結論から言えば
>>続きを読む

三十九夜(1935年製作の映画)

3.5

原題が『The 39 Steps』なので、邦題も『三十九階段』で良いのでは?と感じました。

とある女性諜報員が死に際に国家機密の保全を一般男性に託したものの、その男性は殺人の容疑をかけられ、とある人
>>続きを読む

第3逃亡者(1937年製作の映画)

3.7

有名女優の殺害の容疑者にされてしまった脚本家が刑務所から逃亡し、無罪を証明しようとする話です。

『ロウソクのために一シリングを』という長編推理小説の映画化らしいです。

殺された女優と脚本家は面識が
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

4.2

これは傑作でしたね。
想像以上に面白かったです。

前情報として救出劇であること、実話を基にしているということは知っていたのですが、いかんせんジャケットの雰囲気が暗いのもあって、あまり期待はできません
>>続きを読む

長ぐつをはいたネコ(2011年製作の映画)

3.1

シュレックシリーズの前日譚らしいですが、そこら辺はまったく把握してませんでした。

まあつまらなくはなかったという表現が一番合ってる気がします。


というのも長靴をはいたネコは報われない人々のために
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.7

サスペンスとしては非常に質が高いと思います。

娘が誘拐され、犯人探しの為に奔走する父親(ヒュー・ジャックマン)を中心に話が進みます。

やり過ぎかなとは思うものの、それだけ娘を思う気持ちが強いという
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.3

これを待っていたんだぁああ!!!

昨年の『ローグ・ワン』にも度肝を抜かれましたが、SWシリーズのメインストーリーに求めていたのはこういう作品です!

まず自分はスター・ウォーズなら
・ライトセーバー
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.4

革ジャンとバイクっていいですよね。

しかもアクションプリーツ部分に星条旗の刺繍が入ったライダースとハーレーダビッドソンなんて、そりゃあカッコいいですよね。

憧れます。

本作は男2人のロードムービ
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

2.8

コメディですからツッコミは無用なのかもしれませんが、それにしてもノれませんでした。

地球侵略の危機をを史上最強のオタクが救うという設定自体は好きですが、シーン一つ一つが弱すぎて欠片も感情移入できませ
>>続きを読む

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

4.1

これ個人的にはAIを描いた映画としては傑作だと思うんですよね。

リアリスティックな未来都市であったり、ロボットと人間との関わり方であったりこういう将来が訪れるような気がしました。

人間をサポートす
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

3.4

母の遺言によって双子の姉弟が
・死んだと聞かされていた父
・存在すら知らなかった兄
を探す話です。

その2人を探す姉弟の視点と亡き母親のかつてのストーリーが交差しながら物語は進みます。


とりあえ
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.8

ゾンビ映画は日頃好んでみませんが、面白かったです!
純粋に!

まずそもそもですが、大泉洋が好き!なんです。

35歳で漫画アシスタントという主人公が自前の猟銃でZQN(ゾキュン)に立ち向かう!

>>続きを読む

エグゼクティブ・デシジョン(1996年製作の映画)

3.9

え!平均スコア3.4って低すぎませんか???
めっっっちゃ面白かったんですけど!!!

ジャンボジェット機がテロリストによってハイジャックされ、軍事技術研究員と特殊部隊が乗り込み、乗客を救助し、制圧で
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.1

昨年劇場に観に行ったけど、ハワイから帰ってきて時差ボケで死ぬほど眠かったです。

でも冷静にDVDで見直しても大したことないです。
マーゴット・ロビーを2時間拝んでる方が圧倒的眼福です。

根本的にで
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

うわ~
そういうことか...

彼女の実家に連れていかれたものの、彼女の家族や、食事会に招かれた何組かの夫妻全員どっか変。

言葉では表せないけど、雰囲気や表情、フィーリングなど微妙にズレる。

それ
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.3

いやー名作ですね、これはたしかに。

バス停でベンチに座るフォレスト・ガンプが入れ替わるバス待ちの人達に自分の人生を回想する形で物語は進んでいきます。

「幼少期~学生時代」
「軍隊時代」
「卓球全米
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.3


たしか『マグニフィセント・セブン』を観た後に鑑賞した気がします。

オープニングの天狗感満載のベネディクト・カンバーバッチはカッコよかったですね。

でも逆にドクター・ストレンジになってからは目を見
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.2

こんなに笑えるMARVEL作品は初ですね。

笑いを狙いにいった正統的なギャグが素晴らしいです。

ピーターとヨンドゥの過去を回想しながらのあの展開は熱かったです。

音楽は相も変わらず楽しくて、テン
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

マーベル作品でもけっこうテイストが異なるんだなあというのが第一印象。

キャラクター1人1人が個性的(違い)過ぎて面白い。
見た目とのギャップが凄いロケットとか、グルートとかグルートとか、グルートとか
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.9

後篇はボクシングにシフトした作りです。

相関図が大方明らかになった上でストーリーが展開していくので観やすく、楽しみやすいと思います。

まあ最初は望み薄だけど何か光るものがあるキャラが有望株を差し置
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.2

これは突き刺さりました。面白過ぎです。そして熱いです。

舞台は2021年の新宿。

外見も内面も正反対2人の男がひょんなことから片目のトレーナーに誘われボクシングを始めます。

ボクシング映画はやっ
>>続きを読む

野良犬(1949年製作の映画)

3.9

【野良犬と狂犬】

満員のバスの中で拳銃を盗まれた刑事がその銃によって引き起こされる連続事件を追う話です。

黒澤映画はやはり面白いですね。
刑事が犯人を追うというシンプルな構造に思えますが、それぞれ
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

2.8

スピリチュアリスト2人の姉妹の物語。


降霊術とそれに魅せられた映画監督。
果たして姉妹の力は本物か、科学的に証明することは可能なのか、、

正直特に魅力を感じることなく終わった108分だった。
>>続きを読む

冬物語(1991年製作の映画)

3.2

しょうもない行き違いから相性抜群だった彼氏と生き別れになった女性の話です。

男性の心理を描いた『夏物語』とは対象的に、『冬物語』は女性のそれを描いています。
ちょうど季節も真逆で調和がとれています。
>>続きを読む

恋の秋(1998年製作の映画)

4.2

もう何から何までほっこりです。
純粋に好き。

小さな農園を経営し、ワイン造りに精を出す主人公のマガリ。

素敵な女性なのになぜ再婚しないのかと心配した同い歳の親友と、
息子のガールフレンドがそれぞれ
>>続きを読む

夏物語(1996年製作の映画)

4.0

4.0
【付き合うならどれ?】

①情緒不安定なメンヘラ
②束縛はしないけど自前のルールに厳しい女
③全てをさらけ出せる女友達

顔のレベルが皆同じなら個人的には③なような気がします。
素の自分を出せ
>>続きを読む

春のソナタ(1989年製作の映画)

3.6

高校の哲学教師ジャンヌがパーティーで音楽学校へ通うナターシャと出会います。
年は離れているものの2人は良き女友達となります。

さて面白いのはナターシャが自分の父親とジャンヌを引き合わせようとする展開
>>続きを読む

トリュフォーの思春期(1976年製作の映画)

3.7

初トリュフォーでした。

フランスの小都市ティエールの小学校に通う子供たちの様々な日常が描かれています。
その日常というのが思春期を思わせる甘酸っぱいものが配分としては多いです。

友達のママに恋をし
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

相も変わらず鑑賞後「コノヤロー」「バカヤロー」以外の語彙が消えます。

大友は控え目だから好きだったのに、今回は思いの外正面切って派手にドンパチやり過ぎな気がしました。

中盤とか特に大友の行動心理に
>>続きを読む

>|