ダース米田

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望のダース米田のレビュー・感想・評価

4.6
パルパティーンが皇帝として君臨してから約20年が経過し、銀河は帝国軍が支配する世界となった。
青年へと成長し、帝国と戦うことを誓ったルークは新たなる希望となる…

スターウォーズシリーズの記念すべき最初の作品(製作が)であり、映画界に革命をもたらした作品でもあります。
宇宙船のビジュアルがとにかく素晴らしい!!
冒頭でスターデストロイヤーが画面上部から現れるシーンは、船の大きさと迫力が見事に表現されており、作品に一気に引き込まれます。

登場するクリーチャーやドロイドも個性的かつ魅力的。
特にC-3POとR2-D2は作品を代表する名脇役です。序盤はしばらくこの二人のシーンが続きます。
物語的にはあまり重要な場面ではありませんが、後にシリーズ皆勤賞となるこの二人のキャラ立ちと存在感を描く大事な場面であります。

作品を彩るジョン・ウィリアムズの音楽も忘れてはなりません。
代名詞となるテーマ曲やストーリーを盛り上がらせる劇中の数々の楽曲。これがなければスターウォーズは始まらないと言えるくらいの出来映えです。

ハリソン・フォード演じるハン・ソロはシリーズ最大のはまり役にして代表キャラ!!
ストーリー展開的には成り行きで付き合わされてる感がありますが、最後の活躍は本当に素晴らしくニクいです(笑)

魅力的なキャラクター、迫力の映像、印象的な音楽、心結踊るストーリー等々、映画としてこれだけの完成度を誇る作品はなかなかありません。
全世界の映画ファンにオススメする、最高のスペースオペラ大作です!!