K

プラダを着た悪魔のKのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
4.6
名門大学を卒業し、ジャーナリストを目指して田舎からNYへやってきたアンドレア(アン・ハサウェイ)は、何百万の女性が憧れとする仕事、ファッション誌『ランウェイ』の編集部で、ファッション業界に絶大な影響力を誇る編集長のミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタント職に就く。

しかしその仕事内容は、ミランダの身の回りの世話やまるで嫌がらせのような無理難題な彼女の要求に応えること。ファッションに興味のなかったアンドレアは、ジャーナリストになる夢を叶えるためにと必死で耐え、ミランダに認められるためにおしゃれでキラキラになっていく。

一方、仕事の忙しさの余り、彼氏や友人との関係が難しくなっていく。夢と夢のための試練。彼女が選ぶ人生で大切なこととは。

自分の軸を明確に持ち、仕事も恋も充実させることは至難の技だけど、限られた人生の中で大切なものを見極めて、失わないように、常に流されることなく自分の決断を続けることが大切だということを教えてもらえたり、誰かに認められるために変わることは成長ではないということ、自分らしさについて考えさせらせる作品。