temmacho

鏡の国の戦争のtemmachoのレビュー・感想・評価

鏡の国の戦争(1968年製作の映画)
3.3
冷戦下の東ドイツに潜入するイギリスの諜報員の映画。
スパイものなんだけど、雰囲気がちょと違う。

イギリスのスパイとなるのは、彼女に会うために密入国したポーランドの青年。
イギリスでの自由を引き換えにスパイとなるんだけど、チャラいというかまだ子供。

そんな人間を送り込むイギリス情報部は無情で非情。
情報がデマだったと知り、そのまま彼を切り捨てる。
悲しい哀しい青春物語でした。