tjr

オープニング・ナイトのtjrのレビュー・感想・評価

オープニング・ナイト(1978年製作の映画)
4.2
ジーナ・ローランズの神懸かった演技に持ってかれる、バックステージ物の名作。クローズアップで捉えられる錯乱した彼女の顔の連続によって、「裁かるるジャンヌ」ばりの緊張感が持続する。
女優という職業の虚業性が示されつつ、老いへの抵抗が少女の亡霊となって現れるホラー的展開を経て、ラストの即興劇へとなだれ込む。
実生活で夫のカサヴェテス自身とのここでのやり取りは愛情を感じてしまうが、劇中劇の観客と一緒に奇跡を目撃しているかのような臨場感がすごい。
しかし、この展開の中でこれほど幸福なラストはどう受け止めればいいのか…何と無く蟠りが残る。良い映画評を読みたい気分。