GASS

吸血鬼ドラキュラのGASSのレビュー・感想・評価

吸血鬼ドラキュラ(1958年製作の映画)
4.0
ゴシックホラーの傑作として永遠に語り継がれていく作品。
主演はスターウォーズでターキン役のクールな演技が印象的だったピーター・カッシング。
ドラキュラを演じたのは同じくSWでドゥークー伯爵を演じたクリストファー・リー。
戦後ホラーの黄金コンビである名優2人が作り上げる世界観は必見。

吸血鬼ドラキュラ伯爵を倒すべく城を訪れたジョナサン・ハーカーだったが、返り討ちに遭い命を落とす。
そしてハーカーの婚約者であるルーシーまでもが餌食になってしまう。
医師でありハーカーの親友でもあるヴァン・ヘルシングがドラキュラ伯爵を倒すために動き出した.....

なかなか観るチャンスがなかったのですが、今回ついに鑑賞出来て感無量です。
子供の頃に見た雑誌に掲載されていた1枚の写真。
それは口を鮮血で染めたクリストファー・リー演じるドラキュラの写真でした。
その怪しくて恐ろしくて美しい姿は、幼い私の目には強烈に魅力的に映りました。
一目惚れと言っていいと思います。
そのため、数多くの俳優がモンスターヒーローであるドラキュラ伯爵を演じてきましたが、私の中ではドラキュラと言ったらクリストファー・リー以外には考えられませんでした。
それほどリーはドラキュラになりきっていましたし、ドラキュラそのものと言っていいと思います。

そのドラキュラを倒す宿命を背負ったヴァン・ヘルシングを演じたピーター・カッシング。
スターウォーズシリーズの「ローグワン」では、CGの力で現代の銀幕に蘇っていたのが記憶に新しいですね。
原作では老人のヘルシングのイメージを大きく変えた俳優であり、後に数多く製作された吸血鬼映画にも多大な影響を与えました。
この2人の演技に見惚れていると、あっという間にエンドロールが流れていました。
正に時間が経つのを忘れたというところです。

少し残念だったのは、ドラキュラの住む城が私の抱くイメージと大きくかけ離れていたところでしょうか。
その点では吸血鬼映画の元祖とも言える「ノスフェラトゥ」に出てくる居城の方がイメージにぴったりと合っていました。

先日劇場で上映されたトム・クルーズ主演の「ザ・マミー」から始まったダーク・ユニバースシリーズ。
次回作は「フランケンシュタインの花嫁」に決まっているそうですが、その次は是非とも「魔人ドラキュラ」でお願いしたいですね。