吸血鬼ドラキュラの作品情報・感想・評価

「吸血鬼ドラキュラ」に投稿された感想・評価

ぬる坊

ぬる坊の感想・評価

4.5
怖いというより主役2人が素敵すぎてうっとりしながら観てた。ゴシックホラー、かっこいいね
イワシ

イワシの感想・評価

3.5
頻出する階段を降りるという動作。棺とベッド、牙で噛むことと杭で打つこと。クライマックスで突然ピーター・カッシングとクリストファー・リーの連続活劇になるのが好き。
しがい

しがいの感想・評価

2.8
あれ、眠くてあまり記憶が無いかも…笑
クリストファー・リーのドラキュラが牙を剥く場面だけ脳裏に焼き付いている。
やっぱりドラキュラはエロティックホラーなんですね。
なんか知らんけど幼稚園の時に観せられたトラウマ映画です。
冒頭の30分は今観ても怖いです😱
でも当時一番怖いと言っていいラストのサラサラ具合は、今観るとチープですね。

まぁでも怖い。穴がリアル
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
なんだろう、すごいエロい・・・クリストファー・リーは本当に気品に満ちて本物の貴族にしか見えないんだけど、そこに漂うエロティックな香り。痺れます。
決して派手な演出はないけど、
表情だけで恐怖の世界に引き込まれる。
志を共にする友人、友人の帰りを待ちづける婚約者。
目まぐるしく、スピーディーな展開が
時代の違和感を感じさせず面白かった。
「吸血のデアボリカ」よりも古い作品だなんて思えない。

◇◇備忘録・あらすじのみコメント欄記載◇◇
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.5
前に見た六作目らしいのよりもセットが明るくて豪華…🙏
後半の焦り出したリーのかわいさ
この映画とクリストファー・リーの事を初めて知ったのは、自分が学生時代に毎週買っていた「少年チャンピオン」連載の『魔太郎がくる!』であった。
ようやく観ることができた。

観て、まず意外だったのが、カラー映画であったこと。
『魔太郎がくる!』では白黒のクリストファー・リーが描かれていたので、てっきり白黒映画だと思っていた。

映画の内容は、まぁ事前知識があったので、こんな感じか~、というぐらい。
クリストファー・リーは素晴らしいドラキュラ役であったが、ピーター・カッシングもなかなか良かった。後年の『スターウォーズ』につながる存在感。
今までTSUTAYAで探すこともなかったタイトルなのですが、たまたま立ち寄った図書館で見つけたのでレンタルしてきました。
吸血鬼もので古い作品だし、観る機会多分なかったと思うので、ほんとよかった。
少し怖い映画なのかと思っていたが、全然怖くなかったし、演劇のようなのを観ている感じでした。
バックで流れる音楽(効果音)がとてもよかった。
>|