りす

スパイダーマンのりすのレビュー・感想・評価

スパイダーマン(2002年製作の映画)
3.6
2017年177本目、8月7本目の鑑賞

スパイダーマン1作目


ホームカミングを観たので、勢いで昔の作品を再鑑賞

今作のスパイダーマンはどうやって強くなったのか、彼の強さがどれくらいなのかが鑑賞者に理解しやすい作りになっているので感心してしまいました

前観た時は気付かなかったような事が沢山あったので映画のこと以前より詳しくなってきたのかなぁとか考えてしまいました

今ではCGを使う所をセットを組んで撮影している所に凄みを感じましたし、良いなぁと純粋に思いました

従来のマーベル作品の構成通り作られていて、(勿論今作が従来のマーベル作品なんで当然なんですが)ヒーローを強く見せて、いかにカッコよく撮るかに終始していました

ファンを多く獲得できるヒーロー像に変化が出てきて、以前の型にはまったヒーローからは考えられないような多様化したヒーロー像のある時代となりました

また沢山のヒーローが1つの映画に出演するのが当たり前となっています
今作も難しい権利問題を克服して実現出来ている訳です
エックスメンがアベンジャーズと折り合いをつけて作品を世におくりだすのも、時間の問題な気がしてきました