りすさんの映画レビュー・感想・評価

りす

りす

映画(1932)
ドラマ(18)

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

1.8


2020年238本目の鑑賞
エリザベスバンクス監督


人気シリーズであるチャーリーズエンジェルのリメイク作品
前作ほどのキャスティングではなく、これからを担うような未来に向けたキャスティング

>>続きを読む

初恋ロスタイム(2019年製作の映画)

1.4


2020年237本目の鑑賞
河合勇人監督作品


この監督は若いもの向けの映画ばかり撮っていて普通ならスルーする類の映画が多い

だが、甘くみていたチアダンが中々面白かったので、それ以来それなりに追
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.3

2020年236本目、劇場19本目の鑑賞
城定秀夫監督


今年、映画館で観た映画の中ではベスト級に面白かった
そもそも今年はコロナウイルスの影響であまり映画館には行けてなかったが、今作に巡り会えたの
>>続きを読む

弱虫ペダル(2020年製作の映画)

2.2

2020年235本目、劇場18本目の鑑賞
三木康一郎監督作品
漫画原作の実写化


鑑賞前は駄作な匂いがプンプンしている今作は観るものかと思っていたが

いざ、時間があって観れる作品が今作しかなく、観
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.5

2020年234本目の鑑賞、劇場17本目の鑑賞
福田雄一監督作品
ドラマの続編


原作が好きな作品だけにドラマもしっかりと観ていたし、今作もそれなりの意欲を持って鑑賞
うん、悪くないってのが正直なと
>>続きを読む

Be With You 〜いま、会いにゆきます(2018年製作の映画)

2.5

2020年233本目の鑑賞
今会いにゆきますを韓国映画としてリメイクした作品


しっかりと日本映画の、今会いにゆきます、にリスペクトを払っていてそれでいて多少の変化を加えている理想的なリメイク作品
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

2.5

2020年232本目の鑑賞
シャマラン監督作品
ブルースウィリス、サミュエルエルジャクソン、ジェームズマカヴォイ 主演
アンブレイカブル、スプリットの続編


シャマランがいずれも監督したシリーズもの
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

2.9

2020年231本目、劇場16本目の鑑賞
田中亮監督作品

シリーズの映画化作品

前作よりはビックリしなかった、驚かなかったというのが正直なところ

話はなんとなくありがちかなぁ
出てくるものは全て
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

2.7

2020年230本目の鑑賞

湯浅政明監督作品
アニメーション作品


湯浅政明監督のイメージと言えば不思議な絵や不思議な世界観

今作はいつもの湯浅監督の世界観に青春要素を足して、駆け抜けるようなキ
>>続きを読む

アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件(2017年製作の映画)

3.1

2020年229本目の鑑賞
フィリップラショー監督、主演
シリーズ3作目


前作までのヒャッハーシリーズは見ておいた方が楽しめるはず
くだらないことを突っ走ってやってくれる映画は貴重

ラストのオチ
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

3.0

2020年228本目の鑑賞
橋本環奈、平野紫耀主演
漫画原作

漫画が結構好きで、実写化はどうなんだろうと、公開当時映画館へ足を運ぶのを待っていた記憶がある
そして、公開を待ってみると、評判が悪かった
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

1.9

2020年227本目、劇場15本目の鑑賞
スティーヴンギャガン監督
ロバートダウニーJr.主演


ドクタードリトルをロバートダウニーJr.主演で実写化した作品
家族向け作品として仕上げたことで、イマ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.4

2020年226本目、劇場14本目の鑑賞
グレタガーウィグ監督
シアーシャローナン主演


アカデミー賞など数々の映画祭で話題になった作品
コロナの影響で上映が延びたりと色々ありましたが、無事に鑑賞
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.0

2020年225本目、劇場13本目の鑑賞
ペドロアルモドバル監督
アントニオバンデラス主演
カンヌ国際映画祭男優賞受賞作品


アイディアの面白さはある
人体の描き方が面白くなるシーンもある
演技も上
>>続きを読む

Genius Party ジーニアス・パーティ(2007年製作の映画)

2.5

2020年224本目の鑑賞
オムニバス映画
スタジオ4°Cの作品


著名な監督数人がそれぞれ撮った短編を繋ぎ合わせてる作品
全体を通して感じるのはSFのアイディア勝負のような作品を集めたんだなぁとい
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.8

2020年223本目の鑑賞
萩原健太郎監督
窪田正孝主演
漫画原作


原作もあまり得意ではない私にとっては少し苦手な感じだなぁと思いながらの鑑賞

しかし、話が進むにつれ独特の世界観に魅入ってしまっ
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

1.9

2020年222本目の鑑賞
ローソンマーシャルサーバー監督
ドウェインジョンソン主演


この監督の作品、つまらなくはないが、さして面白くもないのになんだかんだ殆ど見てしまっている
一種の安定感はある
>>続きを読む

地上より永遠に(1953年製作の映画)

3.0

2020年221本目、6月8本目の鑑賞
フレッドジンネマン監督
アカデミー賞8冠


第二次世界大戦終戦からそれほど時が経ってないながらもこのような作品をが産まれていることが素晴らしい

反戦のメッセ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/ピカ★ピカ星空キャンプ(2002年製作の映画)

1.5

2020年220本目、6月7本目の鑑賞

ポケモン短編映画


WOWOWでポケモン特集が組まれていて、短い作品は見てみようと挑戦

先日見た作品よりは若干映像が現代寄りになった気がする
ピチューって
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

2.5

2020年219本目、6月6本目の鑑賞

奥山大史監督
宗教に切り込んだ意欲作


意外と面白い
てっきりもっと暗い話かと思えばそんなこともなく、子供ならではの視点から描くキリスト教の世界観

神様が
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

1.2

2020年218本目、6月5本目の鑑賞
デヴィッドローリー監督
ルーニーマーラー主演
SF映画


アイディア勝負の作品
低予算で誰でも撮れそう
とにかく長回しが多いし、退屈という印象

私個人として
>>続きを読む

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

2020年217本目、6月4本目、劇場13本目の鑑賞
レミーシャイエ監督
シカゴ国際児童映画祭長編アニメーション部門で二冠

フィルマークス平均4.1点

そこまで大きな賞を獲った訳ではないが、クチコ
>>続きを読む

隣の影(2017年製作の映画)

3.3

2020年216本目、6月3本目の鑑賞
アイスランド映画


斎藤工が大プッシュしているのが今作
WOWOWでも勧めていたし、コロナで自宅にいる間に見るべき5つの映画のうちの1つでも挙げられていた
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.6

2020年215本目、6月2本目の鑑賞、劇場12本目の鑑賞
ジュリアスオナー監督
ケルヴィルハリソンJr.主演
オクタヴィアスペンサー、ナオミワッツ助演


久々に映画館に行けました
映画館ってやっぱ
>>続きを読む

パンダ・インフルエンザ(2014年製作の映画)

3.0

2020年214本目、6月1本目の鑑賞
ショートフィルム
フランス映画


主なカットのバックにエッフェル塔があるのでフランスのシンボルとして分かりやすい

やっぱりなぁって話ではある

私も困ったと
>>続きを読む

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

4.0

2020年213本目、5月76本目の鑑賞
マット・デイモン主演
ポールグリーングラス監督
ボーンシリーズ2作目


1作目からしっかりと話がつながっているので前作の鑑賞は必須
そして3作目がボーンシリ
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.8

2020年212本目、5月75本目の鑑賞

ボーンシリーズ1作目
マット・デイモン主演



カメラワークがだいぶ大胆なアクション作品
今作は何度も鑑賞してるが、久々に鑑賞してそれを痛感
静と動がしっ
>>続きを読む

サンドウィッチ島の秘密(2009年製作の映画)

3.0

2020年211本目、5月74本目の鑑賞

父を探す子供の話
可愛い映画が好きな人には合いそうな作品

ひょんなことから父がどこにいるのかを知った子供が少しずつ計画を練り上げ、父を探す大きな旅に出る
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/ピカチュウのなつやすみ(1998年製作の映画)

1.8

2020年210本目、5月73本目の鑑賞


WOWOWで放送していて、子供の頃に観たような観てないような記憶があったので、どんなだったか気になり、鑑賞

結局は初見だった気もする


ナレーション込
>>続きを読む

夫婦とスーパー(2016年製作の映画)

2.5

2020年209本目、5月72本目の鑑賞
日替わりショートフィルム
オランダ映画


スーパーのオーナーが性格が悪い以上、この夫婦わ責めることはできないなぁ

何事も因果応報

フォー・ルームス(1995年製作の映画)

2.4

2020年208本目、5月71本目の鑑賞
タランティーノを含む著名な4人の監督によるふざけきったオムニバス作品

ホテルのベルボーイが経験する4つの部屋での出来事を描いた作品
タイトルはそのままフォー
>>続きを読む

カレとカノジョ(2014年製作の映画)

3.3

2020年207本目、5月70本目の鑑賞
日替わりショートフィルム

定点カメラ固定で写真のように細かいカット割りで1日1日を映した作品
アイディアが好き

日常すらも繋げれば映画になる

とっておきの料理(2014年製作の映画)

2.5

2020年206本目、5月69本目の鑑賞
日替わりショートフィルム


タイムラインを荒らしてしまって申し訳ないです

レビューがたまってしまったので後日記入

ママは何でも知っている(2016年製作の映画)

3.0

2020年205本目、5月68本目の鑑賞
日替わりショートフィルム


ほぼワンカットで構成された親子喧嘩
口論はリアルだし、演技に違和感もないし、素晴らしい

この2人の役者だからこそ成り立ったかな
>>続きを読む

激動のカンヌ 1968(1968年製作の映画)

2.9

2020年204本目、5月67本目の鑑賞
ドキュメンタリー作品


映画好きなら知っているカンヌで起きた出来事を当事者達の会話を基に掘り起こしてみる作品

映画=知識や革命といった動きは今の世界にはそ
>>続きを読む

ダンスホール(2014年製作の映画)

2.3

2020年203本目、5月66本目の鑑賞
日替わりショートフィルム
ベルギー映画


男性には分からない女性のヒールの大変さ、厚着の大変さ
その大変さを解放してはしゃぐ様を描いた作品

オチもバッチリ
>>続きを読む

>|