りすさんの映画レビュー・感想・評価

りす

りす

星4以上はお勧めです
映画館スタッフです
素直に面白い映画には面白い、つまらない作品にはつまらないと言います
他の方と比較すると評価は低めです
好みの映画はタイムリープ作品、ループ作品ですが、そんなに沢山あるジャンルでもないのでノンジャンルで鑑賞してます

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

4.1

2017年305本目、12月18本目の鑑賞

グザヴィエドランについてのドキュメンタリー映画
1時間弱の作品

ドランがどうやって今の名声を手に入れたのかは勿論のこと、彼の現場や監督としてのこだわりな
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.5

2017年304本目、12月17本目の鑑賞、劇場107本目の鑑賞

アガサクリスティー原作


鑑賞していて感じたことは2つあった
1つは映像が綺麗だということと、あともう1つが私にとっては凄い重要で
>>続きを読む

孤独のススメ(2013年製作の映画)

2.9

2017年303本目、12月16本目の鑑賞

オランダ映画

あらすじ
きっちりとした一人暮らしをしている老人の元に、精神的な障害を抱えている男性がひょんなことからやって来て…


今作で感じるのは無
>>続きを読む

タイムループ 7回殺された男(2016年製作の映画)

1.6

2017年302本目、12月15本目の鑑賞

セルビア映画
タイムループもの

あらすじ
目が覚めたら広場のベンチの上にいた主人公
白い仮面をした男達が拳銃を持って近寄ってくるので逃げるのだが…
>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

3.4

2017年301本目、12月14本目の鑑賞

アンジェイワンダ監督作
トロント国際映画祭マスターズ部門で上映


昨年亡くなったポーランドの巨匠アンジェイワイダ監督最後の作品
今作を観て感じたことはか
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.8

2017年300本目、12月13本目、劇場106本目の鑑賞

エルファニング主演
カンヌ国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門出品作品


レビューには全く関係ありませんが、今年無事に300
>>続きを読む

CUTIE HONEY キューティーハニー(2003年製作の映画)

2.9

2017年299本目、12月12本目の鑑賞

庵野秀明監督作品
実写化作品


庵野秀明監督作、シンゴジラにもキャスティングとか絶対影響を与えたであろう作品

この緩さ、コメディ感、短い尺で綺麗にまと
>>続きを読む

ローラーとバイオリン(1960年製作の映画)

1.9

2017年298本目、12月11本目の鑑賞

タルコフスキー監督作品
ソ連映画


タルコフスキーの処女作
45分という短い尺の中に確かなストーリーと芸術が詰まってる

冒頭の掴みから中々見事
これを
>>続きを読む

ルディ/涙のウイニング・ラン(1993年製作の映画)

3.4

2017年297本目、12月10本目の鑑賞

アメリカンフットボールを題材にした作品


あらすじ
アメフトの強豪のノートルダム大に憧れる主人公が夢を叶える為に様々な努力を重ねるのだが、簡単にはいかず
>>続きを読む

ゴダールの決別(1993年製作の映画)

1.9

2017年296本目、12月9本目の鑑賞

ゴダール監督作品


流石ゴダールとかレビュー出来ればどれだけ嬉しいか
意味不明のオンパレードでついていけない、その結果、面白くない

唯一流石ゴダール要素
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.0

2017年295本目、12月8本目の鑑賞

韓国映画
刑事もの


韓国社会の問題を描きながらもコミカルなテンポで話を展開してくれる
日本の刑事もののドラマなどにもどこか似ている印象

主人公はとても
>>続きを読む

私たちのハァハァ(2015年製作の映画)

2.8

2017年294本目、12月7本目の鑑賞

松居大悟監督作品
青春映画


あらすじ
女子高生4人組が好きなバンドのライブに行くために自転車で北九州から東京を目指すのだったが…


4人組がカメラを回
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

2.7

2017年293本目、12月6本目の鑑賞

ジャンマルクヴァレ監督
ジェイクギレンホール主演


事故で妻を亡くした主人公の喪失と再生を描いてるという今作
この主人公の悲しいんだけども、悲しいっていう
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

3.8

2017年292本目、12月5本目の鑑賞

邦画
会話劇


ただ、富裕層と思われるパーティのテラスの様子をカメラで撮影しているだけの映画

何方かのレビューでイタリア映画の『おとなの事情』に似てると
>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.4

2017年291本目、12月4本目の鑑賞

フランス映画
コメディ映画

あらすじ
社長に社長の息子の面倒を見るようにお願いされた若手の社員が主人公
その晩はちょうど主人公の誕生日で友人が様々な計画を
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

2.9

2017年290本目、12月3本目の鑑賞

コメディ映画


邦題はバス男
原題がナポレオンダイナマイト

こういった作品はつまらないとも言えないし、面白いとも言えないから評価が非常に難しい
ずっと緩
>>続きを読む

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

1.2

2017年289本目、12月2本目の鑑賞

エドガーライト監督作品
コメディ映画


ベイビードライバーのエドガーライト監督作品だが、やはりこの監督は私には合わない
まず今作に関して言えばストーリーが
>>続きを読む

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(1986年製作の映画)

3.6

2017年288本目、12月1本目の鑑賞

ビーバップハイスクールの実写映画
仲村トオル主演


このなんでもありの世界観が好き
そして2人がカッコ良くて、ヒロインが可愛くて、こんな高校生活にどこか憧
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

2017年287本目、11月14本目、劇場105本目の鑑賞

ザックスナイダー監督作、(途中で降板)


今作は前作の反省を活かしてテーストを変えてポップな感じに仕上がっている
それでいてザックスナイ
>>続きを読む

東京ヴァンパイアホテル 映画版(2017年製作の映画)

3.4

2017年286本目、11月13本目、劇場104本目の鑑賞

フィルメックス映画祭にて鑑賞
園子温監督作品
Amazonでのドラマを映画の尺にまとめ直した作品


満足できる一本なのは間違いない
安定
>>続きを読む

夕暮れのとき(1957年製作の映画)

3.0

2017年285本目、11月12本目、劇場103本目の鑑賞

フィルメックス映画祭にて鑑賞
ジャックターナー監督作品


フィルムノワールに一応当たるのかな
そんな感じはしませんでしたが…
男と女の会
>>続きを読む

見えるもの、見えざるもの(2017年製作の映画)

1.1

2017年284本目、11月11本目、劇場102本目の鑑賞

フィルメックス映画祭にて鑑賞
インドネシア映画


最近、喘息がひどくて映画館に行けませんでしたが、園子温監督のQAを聞きに挑戦してきまし
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

2.9

2017年283本目、11月10本目の鑑賞

映画館で以前鑑賞し、今回改めてDVDで鑑賞
ジョンカーニー監督は過去の作品をみても、素晴らしい音楽作品を送り出してる監督ですので今後が楽しみですね


>>続きを読む

カンヌ 伝説が生まれる街(2015年製作の映画)

2.4

2017年282本目、11月9本目の鑑賞

スイス映画
ドキュメンタリー映画


世界最高レベルの映画祭、カンヌ国際映画祭のパルムドールについてまとめたドキュメンタリー映画

受賞監督のパルムドールを
>>続きを読む

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

1.4

2017年281本目、11月8本目の鑑賞

新海誠監督作品


国内では今や有名になりすぎた監督ですが、まだ二本観てないのがあったので期待せずに鑑賞
その少ない期待をさらに下回る出来に残念

映像は相
>>続きを読む

ロナウド(2015年製作の映画)

2.8

2017年280本目、11月7本目の鑑賞


現役サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドに焦点を当てた伝記映画


自身による要望での編集か、ちょっとやそっとではない傲慢さが目立つ編集となっている
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.7

2017年279本目、11月6本目、劇場101本目の鑑賞


体調優れない中での鑑賞ということで尺が短い作品を選択

監督がインタビューで現在も差別がなくなっていないことを描きたかったというニュアンス
>>続きを読む

炎のランナー(1981年製作の映画)

1.9

2017年278本目、11月5本目の鑑賞

アカデミー賞作品賞受賞作品


陸上競技に全力を注いだ者たちの話
音楽はこれでもかというくらいの知名度を誇る

内容はスポーツへの姿勢を映すよりも、信仰や人
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

2.0

2017年277本目、11月4本目の鑑賞

アカデミー賞脚本賞受賞作品


ロードムービーが合わないのかなぁ
個人的に合わないだろうなぁと思いながらも、一応見なきゃいけない作品なので鑑賞

以前にも観
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

2017年276本目、11月3本目、劇場100本目の鑑賞

東京国際映画祭にて鑑賞
金獅子賞受賞作品
ギレルモデルトロ監督作

今年劇場鑑賞100本目にしてとんでもない作品に出会ってしまった
鑑賞後、
>>続きを読む

人生なき人生(2017年製作の映画)

1.7

2017年275本目、11月2本目、劇場99本目の鑑賞

東京国際映画祭にて鑑賞
イラン映画


単調になりがちなストーリーを音楽で紛らわせた印象
良かった点として
所々カメラワークが独特で工夫が見ら
>>続きを読む

ソウル・イン(2017年製作の映画)

1.1

2017年274本目、11月1本目、劇場98本目の鑑賞

東京国際映画祭にて鑑賞
中国映画

ソウルインというタイトルをつけたのであれば、もう少し考えさせられる映画をとってほしいものだ
演技も正直残念
>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

4.2

2017年273本目、劇場97本目の鑑賞

東京国際映画祭にて鑑賞
瀬々監督作品
紗倉まな原作

AVに関連した3本の話がオムニバス映画的ながらもどこか繋がるような構成に仕上がってる
流石の瀬々監督、
>>続きを読む

スパーリング・パートナー(2017年製作の映画)

2.5

2017年272本目、劇場96本目の鑑賞

東京国際映画祭にて鑑賞
ボクシング映画

あらすじ
家族を勝ちに恵まれないながらも、なんとかもがきながらボクシングで養っている主人公
そんな彼がチャンピオン
>>続きを読む

現れた男(2017年製作の映画)

2.8

2017年271本目、劇場95本目の鑑賞

東京国際映画祭にて鑑賞
タイ映画

あらすじ
いつも通りの朝を送る主人公の女性
しかし、1人の血だらけの男を目撃して実態は一変するのだった‥


シチュエー
>>続きを読む

イスマエルの亡霊たち(2017年製作の映画)

3.0

2017年270本目、劇場94本目の鑑賞

東京国際映画祭にて鑑賞

アルノーデプレシャン監督作品
カンヌオープニング作品

あらすじ
女性と2人で幸せな生活を送っていた、そんな彼のもとに約20年もの
>>続きを読む

>|