B級怪獣エイガ

ピーターラビットと仲間たちのB級怪獣エイガのレビュー・感想・評価

4.1
新作の予習がてら見た…結果から言うと、顔が異様にリアルな着ぐるみの動物達がマジで【90分間ずっと無言で音楽に合わせバレエを踊り続けるだけ】の正気じゃない内容で、下手なホラーより怖かった。
あとピーターラビット、全っ然出てこねえ…

冒頭の『服から気持ち悪く棘が飛び出してるハリネズミのおばさんがバレエを踊りながら家に入る』までシーンに3分裂き始める時点で嫌な予感はしていた。というか『え、嘘だろまじか?こういうタイプのやつだったか…』と身構えた。

そしてその身構えを背負い投げするかの如く、想像を遥かに超える狂気の映像が続くのだ。

尻尾だるんだるんネズミのバレエ…
卵産みガチョウの飛翔…←1番笑った好き
豚のつま先ダンスkiss…
カエルの垂直開脚飛び…
ブチ切れネズミの食器破壊…
ペニーワイズリスの手を振ってくる船出…
冷蔵庫フクロウのリス尻尾引きちぎり…

何を言ってるかわからないと思うが僕にもわからん。ほんと怖い。

1番怖かったシーンは、フクロウに尻尾を引きちぎられたリス(マジ)が自分の尻尾ぶん投げてソロバレエを踊り始めて踊り切るシーン。『えぇ…もぅ…やめて…』と腰が抜けそうになった。しかも後ろでそのリスの引きちぎられた尻尾を動物達が回してるのがヤバい。

ラストシーンもなんか意味深だしほんと気味が悪い。

でも、なんか見ちゃう魅力がある。画面は明るく楽しげで綺麗なんだけどそれが逆に【悪夢的感覚】に浸らせてくれるし単純に画的に面白いシーンも結構ある。バレエも特に興味ない僕でも全然見れた。

新作のピーターラビットも聞くところによると普通じゃないご様子だし、ピーターラビットって狂気のイカれた作品しかないのか???とりあえず新作が楽しみ。
今作はどんな内容か知った上でジャケットの雰囲気が好きな人、そして挑戦的な人にはおすすめの怪作、鬼作、妙作。