Rikuto

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃のRikutoのレビュー・感想・評価

4.5
自分スターウォーズでどれが一番嫌いかと聞かれると迷わずこれを選びます。理由は、まずアナキンが初っ端から傲慢で暗黒面へ落ちる要素ありありなこと。ここまで共感できない主人公はなかなかいない。そして二つ目、オビ=ワンがモジャモジャ。1のさわやか青年は一体どこへ。
ともあれやはりスターウォーズ。普通におもしろい。中でも終盤のジオノーシスの戦いはシリーズ中唯一ジェダイ勢が一斉に大乱闘する場面でもあり、知っている人は知っている裏話もある。グリーバスがこの戦いに参加していたことである。
そしてジャンゴフェット!ルーカス自身驚いたボバの人気っぷりに前日譚となる今作では幼きボバが登場し彼のルーツが明かされる。幼い頃はジャンゴフェットが好きすぎてボバのことなど気にもとめていなかった。そんなジャンゴフェット、実は彼が主人公のゲームがPS2で発売され、彼がクローン軍のホストに選ばれた経緯などが明かされている。
最低脚本賞をとったエピソード2ではあるけれども、旧三部作へ繋がる伏線が多数あって素晴らしいと思う。
それにしてもアナキンとパドメのじゃれ合いはまるで中学生である。