スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃2002年製作の映画)

STAR WARS: EPISODE II - ATTACK OF THE CLONES

製作国:

上映時間:142分

3.7

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」に投稿された感想・評価

げんき

げんきの感想・評価

2.5
エピソード3の布石のような作品。
エピソード2があるからこそ、より3が切なくなっている。
公開当時はう〜んと思ったが、改めて観ると必要なパートだと思う。
しかし前半に恋愛エピソードを描いた分終盤詰め込み過ぎた感があり、ヨーダの戦いや大人数での戦いは個人的にはあまり好きではない。
映像的には雨の中のジャンゴフェットとの戦いが好き。
1からの2
時系列順?らしいけどまだ話が理解できてません〜😭
前回よりは戦いとかあって楽しかった。
C3POとR2D2出て来たけどこんな感じなんですね!かわいい
さん

さんの感想・評価

3.7

スターウォーズシリーズ新三部作第2章🎬

世界観がとても好きな映画です✨

見所
・暗黒面に染まっていくアナキン
・アナキンとパドメの恋
・クライマックスの地上戦
・ライトセーバーの闘い

前作の大失態で世界中のファンを落胆させたので、今作は気合の入り方がすごい作品でした!!

アナキンが成長して活躍の場が増え、主人公としての役割を全うしています。さらにメカのデザインも変更されている点も注目です👀
電気羊

電気羊の感想・評価

4.5
卓越したフォースを持ちながらも、唯一の肉親である母親を殺されることにより徐々に暗黒面への力へと傾倒していくアナキン・スカイウォーカー。ラストはアミダラ姫と結ばれるシーンで終わるのだが。愛の力で光明面へ留まることができたのならば、その後の悲劇を回避できたのにね。
みみみ

みみみの感想・評価

3.5
前半は退屈だった。

後半は笑っちゃうくらいいっぱいジェダイが集まってて、目が覚めた。

あと、C3POとR2-D2のアクセントが好き。


オビワンなんだか頼りなさげになっちゃったなあ。

恐怖と嫉妬と憎しみは、心を曲げてしまうのだと思った。
あの父親を殺された少年は、どうなるのかな。
ヨーダ強え!
ちょっとCGっぽさがありました。
ストーリーは好きです。
Aira

Airaの感想・評価

3.5
物語の構成上つなぎの話だから他と比べて中だるみするのはある程度は仕方ないかなとは思う。ルーカスの世界観は本当に流石。
awashia

awashiaの感想・評価

2.5
アナキンが急成長しててびっくり。
それに比べて、アミダラは変わらず美しいまま♡
オビワンは相変わらずカッコいい♡
アナキンがダークサイドに行く様子がちょっとずつわかってきた、、、
Dir

Dirの感想・評価

-
2008・・・
2018.02.24
2018.04.02

SWsagaの中でも酷評されている作品。恐らく敵がパッとしないこととCloneWarsの序章でしかないのが原因


A long time ago in a galaxy far, far away . . . .

しかし、このエピソード2がつまらないのかといえば、いやそんなことない、と。

幸、不幸は時に混在し得る
むしろ幸あるからこそ不幸を感じることは強くなるのであり、不幸あるからこそ幸せを感じることは強くなる。それこそがEP2の醍醐味でありEP3へ繋がる伏線。幸と不幸が混在しているときこそ人の中にライトサイドもダークサイドも混在しどちらにも傾き得る。それ故のEP3という結論ありきだからこそ、このエピソード2とはSWsaga史上、最も心の痛む作品なのです


幸福から引きずりおろされた人間の復讐に対する執念は深い
アナキンとパドメ、イチャイチャしすぎ。スターウォーズはエピソード1(ファントムメナス)は何回も観るほど好きだけど、実はそれしか観たことがなくて。(あまり興味がなかった)それで、エピソード2も観てみようと。そしたら面白くて。いいリフレッシュになりました。
>|