スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃2002年製作の映画)

STAR WARS: EPISODE II - ATTACK OF THE CLONES

製作国:

上映時間:142分

3.7

あらすじ

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」に投稿された感想・評価

脚本的には、また分かりにくいんだよねー
でも理解すると本当よくできてる

ヨーダの映画です!

このレビューはネタバレを含みます

ナタリーポートマンがかっこよすぎる。ハーバード大学に通いながらこんな大きな仕事をしてしまう人がいるなんて、本当にすごすぎる。
綿木

綿木の感想・評価

3.0
モンスターが暴れるシーンがちょっと嬉しい☺
ジェダイ大集合は燃えたね!

終盤のライトセーバー戦は見ながらカッコいいしか言ってなかった
ドゥークー伯爵カッコいいし、アナキンが後退しながら足元のパイプ?切ったとこもカッコいい…
跳んで戦うヨーダもカッコいいね!🙌
jankro

jankroの感想・評価

4.8
下手したらスターウォーズシリーズで
一番好きなのはエピソード2かもしれない!
ってくらい初めて見た時興奮しましたね!
りく

りくの感想・評価

3.5
伏線回収が素晴らしく、後の敵対関係や帝国軍の根源がうまく描かれている。
Do

Doの感想・評価

3.8
R2飛んだーーーーー!!!!
3POポンコツーーー!!!!でも好き♡
ヨーダつよーーーー!!!!
パルパティーンの稲妻昔のほうが威力あるーーーーーーーー!!!!
サミュエルLジャクソン&ナタリーポートマン、義手、稲妻などなどアベンジャーズシリーズは、スターウォーズのキャスト、設定など参考にしてる説?!
童貞感溢れるのアナキンが愛おしい。結局クローン軍使うんだ…。
ル

ルの感想・評価

3.5
あんまり好きになれなかった…アナキンが未熟なのと激しい戦闘が増えたからなのかな…
スターウォーズ エピソード2。
エピソード1から10年の月日が流れた後の物語で、前作でジェダイの騎士として修行を始めたアナキン少年が、本作では立派な青年となって登場します。
成長によって見た目が変わったキャラを除き基本的にキャストに変更は無いです。
また、本作からヨーダがフルCGIとなった他、アクションシーンを中心として視覚的にかなりキレイなものとなっています。
序盤にパドメを暗殺しようとした刺客をオビ=ワンとアナキンが追いかけるシーンがあるのですが、サイバーシティを縦横無尽に追い回す場面はサイバーパンクじみていて、SFXの進化を感じられました。

本作はパドメを暗殺しようとした人物を追って惑星カミーノに向かったオビ=ワンと、パドメの護衛の任に着いたアナキンの2つのストーリーに別れます。
やがて本当の敵が誰かということが見えてきて、そして大きな戦いの火蓋が切って落とされるというところで終わります。
エピソード5同様、1と3の中間的作品で、明確に次に続くという尻切れな終わり方になっています。
本作とエピソード3で一続きの作品というところがあるため、感想は書きづらいところなのですが、本作単体で見ると、少なくともエピソード1よりは面白かったかなと思いました。
ただ、やはり冗長で退屈なシーンが多く、もっと圧縮できた内容を薄めて伸ばしたような感覚を受けました。
140分はちょっと長いと思います。
1度に見るのがキツかったので、途中2度ほどインターバルを挟みながら視聴しました。
ストーリーが長くキャラクター数も多いのに、魅力的なキャラが少ないのも長いと感じさせるポイントで、オビ=ワンが例えばモヒカンで全身タトゥー入ってるファンキーなタイプだったらもっと楽しめたと思うんですね。
本作は終始真面目で、おふざけのはいる余地がない気がします。
中盤からパーティーにC-3POが加わりますが、旧三部作と違って前面に出た活躍はしないですし、エピソード1では唯一の救いだったジャー・ジャー・ビンクスもほとんど出てきません。
ジャー・ジャーがいた分、作品としてエピソード1の方が好みかもしれないくらいです。

ただ、アナキンとパドメの関係性を物語るシーンやアナキンが暗黒面に落ちる最初のきっかけとなるシーンなど、スターウォーズ全体を通して重要なシーンの多い1本だと思います。
本作まで視聴してようやく、スターウォーズがやりたいことが伝わってきた気がしました。
エピソード3は楽しめる気がします。多分。
アナキンの心の葛藤の描写すごくてずっとドキドキしてた。いや、アナキンよく頑張ってるけど、今は耐えるときじゃぞアナキン!なんか、すごいね、見入っちゃう。アナキン坊やからアナキン青年に。状況が状況だもんなぁ。
>|