きむ

クリーン、シェーブンのきむのレビュー・感想・評価

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)
-
序盤はポカンだった難しい

異常な行動を目の当たりにする中彼視点じゃなくなった時の静寂でハッとして彼の苦しみを痛感した
彼を凝視する人も写真もすべての目が痛かった
ツラ

良くも悪くも記憶に残るカットがたくさんあった

刑事も不安定すぎでは