M少佐

最強のふたりのM少佐のレビュー・感想・評価

最強のふたり(2011年製作の映画)
4.5
 名作だ。

フランスの大富豪フィリップ氏。
彼は事故により首から下が麻痺してしまい日常生活は何一つ出来ない。
身の回りの世話をする人間を雇っては居るが長続きしない。
今日も介護の面接をする。
面接者の殆どは通り一辺倒な受け答えと障害を持つ人間への過剰な遠慮が見え隠れする。
そこへ他の面接者とは違う風変わりな男が現れる。
彼は下品で遠慮がなく、面接の女性に色目を使い身勝手な要求をしてくる。
仕事はいらないので、失業保険を貰うためのサインをくれと言う。
彼の名前はドリス。
フィリップ氏は彼を雇う事にした。

暗くて重くなりがちな話を扱いながら、人間同士の普通の友情を描いた傑作。
かなりコメディ色も強く、途中かなり笑ってしまった。
歳も人種も育ちも違う二人。
上流階級の作法や介護の事など、これっぽっちも気にしないドリス。
しかも障害者に対する遠慮は全くない。
それを快く感じる(ジョークも通じる笑)フィリップ氏の笑顔に見ている側も癒されてしまう。

実話とは恐れ入りました。

一度は見てもらいたいと素直に言える作品です。

たまには名作見ないと駄目ですね。
正直、書きたいことの半分も書けてません。

見て下さい。