最強のふたりの作品情報・感想・評価・動画配信

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

邦題のせいで軽率にも単純なアメリカ映画だと思ってたので、フランス映画始まってめちゃくちゃびっくりした…途中から実話ベースってこと忘れて観てたし、内容もテンポも良い感じだった

ドリスの歯に衣着せぬ言動にハラハラハラハラしてたけど、ハラハラしてる自分、めんどくせえ〜ってなった、自分はいつ良い意味で周りの目気にせずに生きれるようになるんだろうか…
タイトルはダサいけど実際最強のふたりだからしょうがない笑
泣けるけどコメディ調なので軽く見れるのが良いです。
歳も貧富も生い立ちも全然違うふたりの、ふたりだからこそ生まれる関係が美しい。

この作品についてはあんまり説明するべきじゃないかも。見てほしい。

終盤の車のシーンが特に好きです、爆笑した。

終わり方までしっかり綺麗なのが高得点。
Layla05

Layla05の感想・評価

4.5
タイトルがぴったり!
正反対の2人が出会い、いつの間にかお互いの
大事な存在になっていたという
ベタな流れにも見えるが、すごくいい!🤔

だれもが初めはやっかいだと思うようなドリスの
破天荒な行いが実は彼にはとても支えになっていて。
そのハチャメチャな行動が周りも自然と笑顔にする☺️

「彼は同情しないからいい」と言っていたように
気を遣われるのに疲れ、同等として扱ってくれて
気がやすまるからなのだろう。
そしてフィリップのなんともいえない笑いを
堪えながら笑う姿がものすごくいい!
11

11の感想・評価

4.1
Earth, Wind & Fireが映画の良さを加速させまくってる
akane

akaneの感想・評価

-
正反対だけどなんだか相性良くて、からかってるようでじゃれてる、不思議なパワーが生まれるふたりだなと思った。
クスッと笑える場面もあって面白かった。
kei

keiの感想・評価

-
重くなり過ぎずに見ることができるのがいい
2人の表情と音楽が特に素敵
ふく

ふくの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

フランス製のヒューマンドラマ映画。
なんの取り柄もなかったスラム街育ちのドリス(叔母の兄の息子、つまり養子として叔母に引き取られた人)が、富裕層であり半身不随+幻想病持ちの障がい者であるフィリップとの関わりを通じ、人間的に少しずつ成長していくところが良いね。
実話を元にしているところもGood。
パラグライダーのシーンがお気に入り。
risu

risuの感想・評価

4.0
「実話を基にした友情もの」
予告の時点である程度予想通りの展開だろうと思い、気になってはいたが避けていた作品。本日ようやく観賞。結果、予想に反して、泣いた。
フランスの社会問題である人種差別を、重いテーマではなく、二人の対比にスパイスを与える一つの要素となっている。実際フランスではドリスのように、移民として、職を得るのが困難な人々が郊外の安い団地に多く住んでいるのだとか。出会うことのなかった2人のある意味運命の出会い。フランス語の原題「Intouchables」は英語で「untouchable」の意味らしいが、邦題、もっとセンスあってもよかったのでは。。最後のシーンで実在の2人が映るとこで涙腺崩壊。一見の価値ありの映画。
Kぇもこ

Kぇもこの感想・評価

4.1
演出 : ★★★★☆
物語 : ★★★★☆
構成 : ★★★★☆
完成度 : ★★★★☆
没入感 : ★★★★☆
総合点 : 4.1
Momo

Momoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

わざとらしくない自然なユーモア、暴走している時のフィリップの表情、娘までさらっと守る(本当にさらっと)ドリスの優しさ。

そしてmusicのフランス語の発音美!!!
>|