M少佐さんの映画レビュー・感想・評価

M少佐

M少佐

 諸君 私は映画が好きだ。あらゆる洋画が大好きだ。
皆様の感想が好きだ、皆様の喜ぶ作品が好きだ、皆様の毛嫌いする作品も好きだ、悶え狂う歓喜や狂騒も大好きだ!
征くぞ諸君。

とにかく、皆さん感想書こうぜ?
無頼漢なオタクが好き勝手絶頂に書き散らかしてますの(*´▽`)

映画(1991)
ドラマ(245)

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.5

 「まぁいい、目の前で殺してやる」

世界の火消し役、アメリカのスパイ組織「IMF 」
その組織の凄腕過ぎて敵も多い男「イーサン・ハント」
今回は組織の裏切り者との死闘と恋人を守るために奔走する。
>>続きを読む

ペイルライダー(1985年製作の映画)

3.5

 「あんた疫病神な余所者だ!」

地主と揉めている金鉱掘り達、土地の権利で揉めている。
乱暴な嫌がらせを受けて出ていく者もいる。
一人の金鉱掘りが町で地主の配下に嫌がらせを受ける。
そこに助けに入った
>>続きを読む

野獣死すべし(1980年製作の映画)

4.0

 「そう!そうっ!これがエクスタシーエクスタシーなんだょぉ!解るか!」

殺して殺して金を奪う、また殺して金を奪う。
チンピラを仲間にして、また殺して金を奪う。
殺す殺す逃げる…でもなく、殺す。

>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

 
 普段はネタバレに掛からない程度の映画内の台詞を最初に一言だけ書くことが好きな私です。
だが、この作品では書かない…いや書けないのだ!(見た人なら解る)

粗筋は血糊と共にフィルマにあるので、
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

 「名演技でしたよ」

粗筋は走るトムとフィルマにあるよ⬆

アイルランドはベルファスト、フランスはパリ、ドイツ、ベルリンとプロトニウムの争奪戦を繰り広げるスパイアクション!
相変わらず、あまり信用の
>>続きを読む

原爆下のアメリカ(1952年製作の映画)

-

 ご都合主義のプロパガンダ。

たぶん、今のアメリカの核への認識は、この映画と大差無い。

アメリカで広島長崎の被爆展示は、妨害に合い、一度も開催されていない。

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.5

 筋肉増量前のロック様。

ジュール・ベルヌの冒険小説は実は全て本当の事だった!
義父と折り合いの悪い青年。
冒険家の祖父からの暗号を受け取り、いざ神秘の島へ!(義父付き)

筋肉よりも冒険とアクショ
>>続きを読む

プライド 運命の瞬間(1998年製作の映画)

2.5

 津川雅彦氏追悼

大東亜戦争とは、東条英機とは?
彼は忠臣なのか、国を滅ぼしかけた敗軍の将なのか…

全く似てない津川雅彦さんが、段々と演技で本人に見えてくる不思議。
後世の人間からは悪評、酷評の極
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事(デカ)(2008年製作の映画)

1.5

 「こ れ は ひ ど い」

ダブルネームで映画作って、片方はゲスト以下の扱い…
最後にチョロっとライダーキックって…オォーイ!ふざけんな~(`皿´#)

電王好きでなければ見なかった。

クーデター(2015年製作の映画)

4.0

 「イギリスのCIA みたいなもんか?」

粗筋は逃げた先とフィルマにあるよ⬆

家族を連れて某アジアへ家族と赴任の男。
アメリカの白人。
親切な男にホテルへ案内され、人心地つこうとしたら、何から何ま
>>続きを読む

L change the WorLd(2008年製作の映画)

1.0

 「L」以外は邪魔な俳優と言えなくもない。
脚本破綻…

バオ(2018年製作の映画)

4.0

 肉まん=愛

「インクレディブル・ファミリー」の本編前の短編映画。
心に沁みる8分間。

親不孝者には、かなり来る(泣)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

1.0

 「この件に神は関係ありません」

粗筋は爪痕とフィルマにあるよ⬆

前作ほど不満は無いが、とりたたて面白いとも思えなかった。

広い場所から狭い場所へ…尻窄み感が半端ではない。

原題直訳で良かった
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.5

 ヒーローはつらいよ、子育てもつらいよ

粗筋はビョーンとフィルマにあるよ⬆

面白かった。
前作から14 年の月日を感じさせない、地続き作品。
それこそ前作の直後に物語が始まるので違和感なく入り込め
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.0

 「絶対無理はこの世にないから」

粗筋は包丁と一緒にフィルマにあり⬆

古屋実先生の作品は好きだが、これは原作未読。
どうにも評判良すぎて、映画を先に見てしまった。
森田剛さんは、たまにドラマで拝見
>>続きを読む

戦場のメロディ(2016年製作の映画)

3.5

 「私に教える資格があるのか…」

粗筋はフィルマにあり⬆

日本の戦後、五年を待たずして38 度線を境に始まった朝鮮戦争。
日本の戦後経済発展とは無縁ではない、東西の代理戦争。
同じ国の同族が殺し合
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.5

 「ここは…何処だ?」

粗筋は上にあるでゴザルよニンニン。

不親切(笑)
誰これ、知らない!解らない!しかも戦国時代が滅茶苦茶だ!
そんな所に放り込まれたバットマン御一行。
日本人向けではないが、
>>続きを読む

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

3.5

 「スネークと呼べ」

なんやかやあって大地から切り離されたロスアンゼルス。
無法者、犯罪者、異教徒を放り込む為の専用地と成り果てる。
ゲリラの巣窟となり、アメリカの転覆を狙う第三国の軍隊も重要視する
>>続きを読む

マーシャル博士の恐竜ランド(2009年製作の映画)

1.0

 ジャケット詐欺。

それ以前の出来映え…

ファミリー向けにしては下品。

KARATE KILL/カラテ・キル(2016年製作の映画)

3.5

 「髪の毛は止めろよ!」

演技の勉強がしたい!と渡米するアホ芸能人みたいな事を実行して、行方不明になった妹。
唐手アホ一代の兄貴がアメリカはロサンゼルスのカルト教団から救い出すために、バイト全部辞め
>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

4.5

 「ウーリーセースッ!」

粗筋は豪雨と供に…⬆

ジャケット詐欺に御注意(笑)
こんなシーンはないし、とにかく裏切られる事は間違いないシチュエーションホラー。
とにかくイライラと状況を取り巻く人々の
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

4.0

 「ごめんよ!バンブルビー!」

粗筋はパワーコインと供に…⬆

まさかの出だしは東宝(笑)
これは特撮とか、アメリカのパワーレンジャーの枠を越えた作品。
全ての戦隊もの、本国のパワーレンジャーとも、
>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

4.0

 「お父ちゃんを信じろ!」

粗筋はフィルマにあり⬆

実は2作目です。
中国最強の特殊部隊「戦狼」の元隊員。
諸々あって、アフリカで生活中。
内戦勃発により戦いに巻き込まれる。

とにかくアクション
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.0

 「寂しい人…」

粗筋?んなもんは上にあるでしょ?それよりビール飲もうよウヘヘ⬆

アルコール依存症のダメ女と地元から抜け出せないダメ男の奇想天外、横恋慕ムービー。

なにこれ?
お酒で失敗したこと
>>続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2015年製作の映画)

3.5

 「カワバンガ」

粗筋はフィルマにあるでござるよニンニン⬆

かなりコミックに設定を寄せてきて、前作よりも好き。
原作ありきなので、やはりファンでないと置いてきぼり感は強い作品。
ファンから言わせて
>>続きを読む

ジェレミー・レナー 逆転のメソッド(2009年製作の映画)

3.0

 「これは売れるってこと」

マットとサムはアイディア商品の販売を手掛ける個人ディーラー。
しかし商機に恵まれず、本人達もギャンブル大好きなダメ人間。
マットは彼女に愛想をつかされそうになるも、なんと
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

 「やぁユージーン」「やぁユージーン」

遺伝子の操作により、人生の全てが決まる世界。
適合者と不適合者に分けられてしまう。
差別とはもはや、肌の色や人種ではなく遺伝子に因って行われる世界。
ビンセン
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.0

 「私も戦う…」

メキシコにサーフィンをしにやって来た医大生のナンシー。
なんとサメに襲われる。
足をケガして岩礁に釘付けとなり、岸は近いのに孤立する。
果たして彼女は助かるのか。

医大生は優秀。
>>続きを読む

ザ・ファイター(2010年製作の映画)

4.0

 「おまえの試合だ!おまえの試合だ!」

才能あるのに、うだつの上がらないボクサー、ミッキー。
かつて町の英雄と称えられたボクサーだった兄、デッキィ。
兄と母が試合を組んでくれたが、予期せぬ体格差に惨
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

 「サッチェルが裏切ったんだな…」

粗筋はフィルマにあるかもしれないわよ?⬆

冷戦の末期の東西ドイツでのスパイ達の命懸けのゲーム。
ストーリー云々よりもアクションに重きを置いた作品。
でもあの当時
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

5.0

 「パスワードをどうぞ」
「アイアンマンのバーカ!」

粗筋はフィルマにあるぞ⬆

作ったスタッフは本当にバットマンを好き過ぎる…いや愛し過ぎている。
個人的に75年分のバットマンの集大成とも言える傑
>>続きを読む

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.5

 「小切手だけ送って顔は出すな、か?」

定年退職、妻の急死、娘の結婚etc.
俺の人生って何?

色々な事が在りすぎて、上手くゆかない男をジャック・ニコルソンが演じます。

まだ、きちんと説明出来
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

 「お前なんか大嫌いだ」「知ってる」

粗筋は遠い遠い昔の銀河の彼方、フィルマにあるよ⬆

全体的に軽く感じた。
画面は暗く重いのに、スター・ウォーズっぽい何かとしか感じなかった。
知っているキャラク
>>続きを読む

X-ミッション(2015年製作の映画)

2.5

 ほーはースゲー。

全てにおいて、キャラ達の自己満足。

68キル(2017年製作の映画)

4.0

 ネームプレート「FUCK OFF 」

粗筋を見て、見ようなんて奴はイカれてるぜ?フィルマにあり⬆

展開が読めたところで、どうにもならないファッキンクソシットムービー。
愛の意味を取り違えた、
>>続きを読む

間宮兄弟(2006年製作の映画)

4.0

 「これじゃマニア兄弟だよ」

二人の兄弟。
二人暮らし。
仲良し兄弟ルールで暮らしている。
それなりの仕事に二人ともついていて、幸せな日々。
弟は自宅に女の人を呼ぼうと話す。
何かしら変化するために
>>続きを読む

>|