M少佐さんの映画レビュー・感想・評価

M少佐

M少佐

映画(2282)
ドラマ(267)

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

5.0

 「すいませんここは何処ですか?」

あらすじ…あらすじとは?フィルマにあるような気がする。

アルツハイマー病。
初期は短期記憶の欠落から始まり、日常生活に支障をきたし、いつかは記憶も無くなり人とし
>>続きを読む

パペット・マスター(2018年製作の映画)

4.0

 「ユダヤ人と同性愛カップルだからだ」

欧州各国で犯罪を繰り返し投獄されながらも最後にはドイツにたどり着いた男、天才パペット製作者にして演者「トゥーロン」
類いまれな造形の腕と操演の技術をナチスに見
>>続きを読む

コロンビアーナ(2011年製作の映画)

3.0

 「お食べ…」

幼い頃にコロンビアで両親をマフィアに殺され復讐を誓った少女。
新天地アメリカはシカゴで叔父を頼り殺し屋として生活している。
復讐のターゲットはCIAと取り引きをしてファミリーごとアメ
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

 「パリ一番の鼻です!」

あらすじはフィルマにあります↑

出だしから時代考証や小道具の素晴らしさに惹かれます。
しかし出てくる汚物やその他の目を背けたくなる物のオンパレードに嫌悪感を覚える人も多い
>>続きを読む

ロジャー・コーマン デス・レース 2050(2017年製作の映画)

2.0

 「ドライブ♪ドライブ♪キル!キル!」

未来のアメリカは複合企業体が国を支配していた。
あらゆる国、州ですら消滅した世界。
貧困層はVRにうつつを抜かし最大の楽しみはリアルタイムで楽しめる「デスレー
>>続きを読む

ロッキーVI(1986年製作の映画)

-

 初カウリスマキ。

すいません訳が解りません…

息ができない(2015年製作の映画)

4.0

 ちょっとした悪ふざけのつもりだった。

子ども同士の遊びの中で起きた事故。
その事故により周囲から疎外感を受ける少年に見える景色。

サンドアニメーション。
サイレント作品。
短編ながらも些細な事で
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

4.0

 「それは賢くないね」

名誉市民に選ばれる程の真面目に仕事の「除雪」を永年続ける男。
その息子が変死を遂げる。
人生に絶望した彼だったが事件の発端となった男から真相を知る。
彼の復讐が始まった。
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.0

 「貴方の夢は?」

あらすじはフィルマにあるのよ~♪

有名な童話「ラプンツェル」を原典を改編して見やすく楽しく現代に甦らせた物語。
かなり脇役の動物達が大活躍。
とにかくエンタメに振り切ったディズ
>>続きを読む

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド(2016年製作の映画)

2.0

 「良く食べるな」

封神演義を映画化。

知らない人には何の事やらさっぱり分からない展開とCGは凄いが内容が凄くない。

アクションは良かったがラストは本当にいただけない。

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.5

 「こんなところで死んでたまるか」

火星。
探査中の事故により地球へ帰還せざるを得なくなったクルー達。
磁気嵐により一人のクルーの命が失われる。
しかし、それは宇宙服のセンサーの故障であり、何と本人
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.5

 「彼は警察官だぞ!」

呑気な田舎町でも裏では何が起きているのか分からない。
子供の行方不明事件が続くなか、仲良し四人組が犯人ではないか?と思われる人物を勝手に捜査し始める。
相手は隣人、警察官。
>>続きを読む

隻眼の虎(2015年製作の映画)

3.0

 「そんな物、総督府に送っておけ」

旧帝国陸軍が占領していた頃の朝鮮。
山の神とも呼ばれる大虎を倒すために地元の猟師や軍人も協力して山狩りをするも返り討ちに会う。
かつて朝鮮一と言われていた猟師は妻
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

4.0

 「この鶏ガラ女!」

CIAの優秀なオペレーターの私。
現場のエージェントを後方からサポートするのが私の役目。
でも相棒は任務中にに殉職…
そのミッションを成功させる為には相手に顔の知られていない職
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.5

 「先払いがソウル流だ!」

1980年代学生運動が盛んな頃の韓国。
時の軍事政権は言論封殺の為、武力も厭わず弾圧を繰り返していた。
いつでも金欠のタクシードライバー。
ある日、良い金づると他人の客で
>>続きを読む

ロボット2.0(2018年製作の映画)

4.5

 「最高記録だ!」

携帯電話が全て空へ飛び立つ大事件。
その影で殺されてゆく政治家や有力者達。
何故携帯電話が人を襲うのか?
その謎は天才科学者に委ねられるも科学者には過去の失敗が尾を引いていた…
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

 「大人じゃないんだから」

街中にペンギンが大量に出現!
目撃者多数!しかし忽然と消えてしまう。
性癖がおかしい賢い(自称)少年が大好きな歯科助手のお姉さんや友達、ガキ大将と謎の事件を解明しようとす
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

 「それってミステリー?」

夢に入り込めるデバイスで心の病を治すバーチャル空間にのみ存在する謎の女性「パプリカ」
しかし、その画期的なシステムを悪用する者が現れ患者やパプリカ自身にも危害が及ぶ。
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.6

 「私は貴方と話してる」

天才小説家は15歳の少女。
しかし言葉よりも先に手が出る(と思われてしまう)問題児。
我が道を行く若輩者に世の中の大人達は快く思うはずもなく。

面白かった。
監督は大人の
>>続きを読む

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

4.0

 「ダンボールなら詳しい」

冴えない男は自宅にダンボールで迷路を作った。
旅行から帰ってきた恋人は部屋を占領するダンボールの塊を見て呆れる。
理由は中に入った彼氏が「迷って三日間も出られない」と言う
>>続きを読む

惡の華(2019年製作の映画)

2.5

 「ねぇ今どんな気持ち?」

自我の増大した思春期の少年が得体の知れない不気味女子に弱味を握られて無理難題を吹っ掛けられる。
変態として生きてゆくことを強要された少年は最初は渋々従っていたが…

人の
>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

5.0

 「普通の研究は出来んでの」

あらすじはフィルマにあるよ。

これは永井豪ファンの望んだマジンガーZの後日談。
何十年経とうがマジンサーガは色褪せない。
とにかく格好良いの一言。
もっとグレートに活
>>続きを読む

ガーディアンズ 伝説の勇者たち(2012年製作の映画)

4.0

 「ピーターラビット君?」

お伽噺の住人達は子供たちの夢を守るために遥かな昔から闇と戦ってきた。
かつて封印した「ブギーマン」ことピッチ・ブラック。
彼の復活と共に子供たちの夢が奪われる危険性が高ま
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

2.0

 「まだ早いわね」

今までのシリーズの前日譚。

何故バンブルビーばかり過酷な目に合うのだろうと思って見てました。
デザインが少しアニメに近づいたのは良かったかな。

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

4.0

 「この子の目に何をしたの!」

愛し合う夫婦が借りた高級マンション。
幸せの中で出産を考える二人。
周りの住人も親切な人ばかり。
しかし妊娠を機に状況は変化してゆく。

ポランスキー監督のホラードラ
>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

3.5

 「元に戻してよ!」

フィルマのあらすじは綺麗すぎる。

動画再生数を稼いで一攫千金を狙う若者達。
心霊スポットで高校生2名が行方不明になった曰く付きの精神科病院、通称「コンジアム」へ向かう。
全員
>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

5.0

 「おっちゃん可愛い」

一発録りのゾンビ映画を撮り終えた監督に又も無理難題が降り掛かる。
三密の状況で役者は集まれない。
ならば自撮りのリモート撮影を編集して一本でっち上げよう!
ゾンビ映画のスタッ
>>続きを読む

トンマッコルへようこそ(2005年製作の映画)

4.5

 「ス・ミスって言うんだってさ」

朝鮮戦争末期、米韓連合軍は北朝鮮軍を追い詰め残存部隊の掃討に乗り出していた。
辺境の戦争から隔絶された村「トンマッコル」
そこに米軍のパイロット、北朝鮮軍の兵士、韓
>>続きを読む

超 感染 ファイナル・デッド(2018年製作の映画)

2.5

 「もう十三歳よ」

商談の為、高級ホテルの一室に集まった面々。
様々な思惑の蠢くなかホテルの内と外で事態は進行して行く。
主賓の運転手が部屋に異変を伝えに来た時から状況は悪化。
その頃、商談を一気に
>>続きを読む

Dr.パルナサスの鏡(2009年製作の映画)

2.0

 「あと3日です」

悪魔との契約に依って永遠の命を得たDr.パルナサス。
彼は偉大な力を詰まらない興行に使い日銭を稼いでいる。
近々愛娘の16歳の誕生日。
しかし彼女には本人の知らない秘密があった…
>>続きを読む

惑星大戦争(1977年製作の映画)

2.0

「博士は左利きだ」

出てる役者さんが若いなぁと思うのと、古き良き特撮が見れる。
どっかの県知事が出てる。

面白いかと聞かれたら…面白くはない。

好事家御用達とだけ言わせて貰う。

>|