ゆくん

パンズ・ラビリンスのゆくんのレビュー・感想・評価

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)
3.6
デルトロの趣味嗜好が溢れてることが有名なこの作品、ダークファンタジーと言われているがただのダークなお話…ファンタジーどころかある意味現実的怖さよ…このジャケットに騙されるってよく聞くけどこれはこれで高低さあって凄く好き!
ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか、どこまで現実でどこまでが理想のおとぎ話なのか、それぞれ見方があると思うけど個人的には辻褄合わないながら全部妄想なんじゃないかな…と。ちっちゃい頃は自分も戦隊の一員になって自分の妄想の世界に浸ってたし、誰しも持っていた心、そこに執着し、自分の世界に生き続けることができた彼女はハッピーエンドとしていい気がする。
うーん…かなしいねぇ…