パンズ・ラビリンスの作品情報・感想・評価・動画配信

パンズ・ラビリンス2006年製作の映画)

El laberinto del fauno/Pan's Labyrinth

上映日:2007年10月06日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

「パンズ・ラビリンス」に投稿された感想・評価

uni

uniの感想・評価

3.9
ファンタジーって、夢物語なだけではつまらない。
そこには何かしらのブラックな部分があった方が物語としては面白いが、この映画はブラックを通り越して見るのが辛いくらいでした。
本当は残酷なグリム童話のようです。

戦争映画としても、ファンタジー映画としても成功してるように思います。
EMM

EMMの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

昔観て結構インパクトのあるキャラクターがいて衝撃を受けた覚えがあります。
辛い現実から目を背ける為におとぎ話が好きな女の子が作り上げた空想の世界。
視聴者的には最期胸糞悪い気持ちで終わりますがオフェリアには夢にみていた魔法の国へ行き幸せな結末だったのでしょう。
パンも中々衝撃的な見た目ではありますが群を抜いてインパクトに残るのがペイルマンですよね。
弛んだ皮膚にガリガリの身体。顔には目がなく鼻と口だけ。目はなんと手に付ける。
昔観てそれきりでしたが中々に強烈で後半の10分ほどしか出てないのにインパクトを残すクリーチャーでした。
世界観はとても好きですが救われない話でなんとも言えません。
人によってはトラウマになりそうな映画でもありますね。
ギレルモ・デル・トロ監督作品で鑑賞
ダークファンタジーの位置付けですが
スペインでの独裁政権と
ゲリラの紛争が
真っ只中の現実世界がベース

大尉と再婚した母に連れられて
大尉のいる山奥の基地に来る事になった
娘のオフェリア
再婚での新しい父親と紛争中という現実
幼い少女にとって全てがストレス
そんな中山奥で出会う山羊の顔のパン
パン曰くオフェリアは
魔法の国の王女の生まれ変わりで
三つの試練をクリアすれば
魔法の王国へ行けると導きます

ファンタジー要素がかなりダーク系
その中でも二つ目の試練ででてくる
クリーチャーのデザインはかなり好き
デザートが並ぶ机の上座に座る
白い裸のクリーチャー
お皿には自分の両目が置いてあり
微動だにしなかったのが
オフェリアがデザートをつまんだ瞬間
両目を手の平にセッティングして
動き出します
このシーンは中々のダークさで良

オフェリアは三つの試練をクリアして
魔法の王国へ逃げ出せるのか?
そして現実の世界でどうなるのか?
ダークな世界観に触れたいならドゾー

余談ですが
ギレルモ・デル・トロの
世界観のタロットカード
中々良いデザインなので
コレクションとして欲しいなぁ…
と思ってます
久しぶり再鑑賞…
面白いのだけど、最後の虚しさがあんまりリピしない理由…
pyc

pycの感想・評価

3.3
色んな童話とかおとぎ話ってただ伝わってきただけじゃないんだって気づかされた。ファンタジーって子どもを救うんだね。
you

youの感想・評価

3.9
怖くて途中で挫けそうになった
最低な終わりを意地でも幸せにしたいっていうのが辛かったな 
悔しい、、
saho

sahoの感想・評価

3.0
パンがたまに山崎努、たまに市村正親に見えたなあ。

2つ目の試練の怪物はちょっときゃりーぱみゅぱみゅ。
凄惨なまでに無慈悲な世界から少女が魔法の国へと救い出されるよくあるファンタジーかと思って見ましたが、ファンタジーよりもむしろ大戦時の陰惨な現実がストーリーの軸でした。

これは少女が魔法の世界へと触れた話ではなく、辛く重い現実から幻想の中に逃避を求めた話だと思います。

メインビジュアルは如何にもファンタジックですが、夢と冒険を求める方には一切オススメできません。子供にもオススメできません。あまりにも暗すぎます。

第二の試練、ペイルマンはなかなかにグロテスクな造形ですが、それよりもペイルマンが妖精に喰らいついた時に妖精の腸がまろび出たシーンがあまりにもダークでした。
Hono

Honoの感想・評価

3.6
見なきゃと思いつつホラー系は苦手なので見るのを渋ってた作品

ダークファンタジーというより戦争映画という印象が強く残った

ファンタジー要素は思ったより少なめ
というのも、日本版ポスターに騙された部分が大きい

同じくダークファンタジーと呼ばれるチャリチョコよりもっと血&虫のグロ系が多い

子どもの時に見なくてよかったかも

このレビューはネタバレを含みます

虫が苦手な方には厳しい映画
ちょっと違う意味でゾワゾワして
大変🥲
オフェリアちゃんは。めちゃ可愛かったんだけどなぁ😽ダークファンタジーだから、きゃー!と叫ぶ事はなく。戦争物だからファンタジー感も少なく、、途中挫折
>|

あなたにおすすめの記事