パンズ・ラビリンスの作品情報・感想・評価

パンズ・ラビリンス2006年製作の映画)

EL LABERINTO DEL FAUNO

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

「パンズ・ラビリンス」に投稿された感想・評価

じろう

じろうの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

スペイン語の勉強として鑑賞。
デルトロ作品は、クリーチャーな感じはめっちゃ好き。
設定とかもめっちゃ好き。

歴史とか知ってたらもっと面白いのだと思う。



オフェリアが迷い込むところって生と死の狭間とか?勝手な考察
死んだら行けるのかな。
人がよく死ぬ映画だったので関係あるのかなぁとか。パンが持ってきたマンドラゴラのかも生死をいじくれる。
苦しい環境で「死」をどこかで望んでるオフェリアがいたのでは。

それか結局はオフェリアの妄想の世界?
こんな現実の見せ方ありますか。魅力的過ぎませんか。切なすぎて美しくて残酷で。
Nagisa

Nagisaの感想・評価

2.5
胸糞&超ダーク
反ファシズムファンタジー

第二の試練で出てくるクリーチャートラウマ級な造形しててそこは本当に本当に良かった!
ちょり

ちょりの感想・評価

3.5
めっちゃ音に反応しそうな怪物がぶどう2粒でブチ切れるの怖すぎ
王女は肝っ玉座りすぎぃ
さー

さーの感想・評価

1.3
全然共感できなかった 笑
なんでそんな事しちゃうの?!ってことをしまくるんだもん。
あと無駄にグロい...。
ellie

ellieの感想・評価

4.3
見終わったあと衝撃でしばらく立ち上がれなかった。

現実の過酷さから脱出するための幻想の入り口に立つパンが、善悪の両義的な存在として描かれ、主人公の完全な味方になり得ないところがこの映画の肝なのだろうと感じる。
途方もなく怖くて不気味で哀しくてグロいのにどうしようもなく美しい。
圧倒的な黄金の光のなかに一人佇む主人公の孤独を思うと、たまらなく切なくて胸が痛かった。
結局、誰が彼女を救い、何が彼女に永久の幸せをもたらすのだろう?
そもそも幸せの概念もまた両義なのかもしれないとすれば、あの終わりは祝福であると言えるのかもしれない
s

sの感想・評価

4.2
個人的にとっても素晴らしいと感じた映画だった…ギレルモ監督のどの作品よりも1番彼の表現の仕方がしっくりくる内容だった気がする。

私はあの最後をとても切なく感じたし、ハッピーだったかバッドだったか、判別は出来ないけど、1番いい終わり方だった…

誰1人として悪い訳ではない。だけど現実は難解でとっても生きづらい。

全然感想になってないな…途中からパンや手に目の彼が可愛く見えてきたのがハイライト(笑)
ハタヤ

ハタヤの感想・評価

3.7
辛い現実の世界とファンタジーの場面が上手く折り合わさってる、ぜんぶオフェリアの幻想だったのかもと考えられなくもない
ラストシーンはミレイの絵画を意識したのかな
KAREN

KARENの感想・評価

4.8
ダークファンタジー!!って感じ。
ストーリーとかキャラクターが好みやし、ギレルモ監督のこともっと好きになった!!

父親か顔面撃たれた時目が回るのは、ギレルモ監督が実際にボランティアしてた時に顔撃たれてる死体があったらしく目が回ってたらしい……。
あと、パンはギレルモ監督が幼少期にあったことがあるらしい…。
なんか凄いよね監督……!
towaira

towairaの感想・評価

3.7
ギレルモデルトロ作品ずっと気になっていたのがやっと観れました。

まさにダークファンタジー。
過激な描写が多くて驚きました。

大尉の最後も因果応報。
凶悪な人物だったけど、懐中時計のくだりからどこか自分の死期を感じていたのか、悪いなりの人間性が見えて良かった。
恐らく父親にコンプレックスでもあったのだろうか。(食事のシーンのくだり)


ラストはハッピーエンドと自分は感じてます。


それからパンやペイルマンなどのクリーチャーが凄い!昨今、CGでなんでもできちゃうこの時代に造形をすることの迫力、生々しさが際立っていた。

特にペイルマンの動きが気持ち悪さが前面に出ていた。
アイツあんなとこで何してたんだろう。
>|