パンズ・ラビリンスの作品情報・感想・評価

パンズ・ラビリンス2006年製作の映画)

EL LABERINTO DEL FAUNO

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

「パンズ・ラビリンス」に投稿された感想・評価

JACKMAN

JACKMANの感想・評価

3.0
なんともなんとも。シェイプ・オブ・ウォーターを先に観たが、凄く似ている。独特の世界観だな。残酷さもある。それが本質なのか?子供向けの様な気もするが、子供には観せられないだろ。
取り敢えず、大好きな世界観‼️
この作品に出るクリチャーは堪らなく大好きで、特に手のひら目ん玉男は感涙もの‼︎

内容はハッピーエンドと捉えてしまう。
血を血で洗う様な戦いをする人間界からやっと解放されて、王女として自立出来たのだから。

「俺の死んだ時間を伝えてくれ!」
「あんたの名前すら教えないよ‼︎」
「えぇ‼︎‼︎🤯」
最高でした‼️
ぺい

ぺいの感想・評価

3.6
ダークファンタジーと容赦ないグロが合わさった完全に大人向けのもの
ラストも主人公がそれで良かったのかどうかわからないメリバエンドで嫌いじゃない。
Hal

Halの感想・評価

4.1
自分にだけ見えるもの、世界があったらな。いつか出会える時を今でも夢見ています。
でも、出会える人は生まれた時から決められているようです。。

清らかな少女の清らかな想い。
嫌な描写が多くある中、最後の始まりは少女の想いが実ったもの。それでよかったよね。。。
素敵なファンタジーだ。
ティムバートンのダークファンタジーは苦手だけどこれは好き
ペールマンの印象が強すぎる
幻想的で美しい世界観。所々グロテスクな描写もあって大人のファンタジー映画って感じだった。果たして少女が観ていた世界は幻だったのか、それとも本当に存在していたのか、、

個人的にラストが衝撃的で感動した。少女にとってはハッピーエンドなのかもしれないが、周りの大人たちからすれば少女は悲しき主人公としてみらてしまうだろう。このラストシーンには2つの意味が重なっていて観る人によって捉え方も変わってくると思う。
分からなかったという人はyoutubeで守鍬刈雄(すぐわかるお)さんの解説を聞くとある程度分かると思います。
難解ではありますが、回数を重ねて見ることで自分なりに解釈できた映画です。
デルトロ監督のシェイプオブウォーターはまだ見ていないので、早くHuluに出てきてくれるといいな。
ギレルモ・デル・トロの「パンズ・ラビリンス」にはジャン・コクトーの様な美しさが溢れる無垢な精神があり、同じファンタジー映画の傑作の「E.T.」の様な感動的な結末があります。

所々かなりのグロさもある作品ですが、そのグロさとこくとーの様な無垢さが見事にマッチしています。この要素は多くの観る側の人間を幸せにする力があると信じています。

ラストはまるでチャップリンの「街の灯」の様に非常に深く"二重の意味"が存在しており、最後の最後まで奥深い哲学性に溢れている事も見て取れます。本当に美しいです。

「パンズ・ラビリンス」はこれからも素晴らしい傑作ファンタジー映画として語られていくと信じています。僕はこの作品が大好きです。
えーと、一応救いはあったってことでいいのかな?

こんな暗くて痛いファンタジー初めて見たよ、ずっと顔しかめながら観てたかんね笑

お子ちゃまにジャケ写だけで選ばせたらダメよ、百パー泣くよ、トラウマレベルよ
悪い映画ではないとは思うけど、超嫌い。
ダークファンタジーアンチなので...
>|