パンズ・ラビリンスの作品情報・感想・評価

パンズ・ラビリンス2006年製作の映画)

EL LABERINTO DEL FAUNO

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

「パンズ・ラビリンス」に投稿された感想・評価

ヒガシ

ヒガシの感想・評価

3.0
現実と非現実を行き来している様な
ファンタジーなのかグロテスクなのか

観た後にモヤモヤが残ってしまう
中身がないなと思ってしまった
pear

pearの感想・評価

4.0
あのおとぎ話と出来事は現実だったろうか、少女にとってあの血塗れの残酷な世界で生きる為に必要なものであったことは確かだったと思う。
本当に死んでしまったのか 国に帰れたのかそんなのはわかりっこないけど私はあのおとぎ話が本当だったと信じていたい。彼女がずっと夢を見られるように、怖い世界なんか忘れてしまえるように
夢も希望も持てないダークファンタジー映画です。どう考えても大人向き。クリーチャーたちが怖いのに憎めない
ファンタジー要素無関係の暴力描写も多めです。残酷な夢物語という不思議な世界観の虜になりました
ラストも人によって感じるところが分かれそう。
終始薄暗い雰囲気が何とも言えず好きです
とまと

とまとの感想・評価

3.0
ダークファンタジーと言うより戦争映画。
お城に迷い込むファンタジーなのかと思ってたけどそんな要素はほぼ無し。
舞台は異世界ではなく現実。

ファンタジーとして見ればファンタジーではあるけど、私は幼い子供が現実から逃げる為に作った空想話にも感じれました。
どこかオーガストウォーズを思い出す。
あっちはラストが良いけど。

戦争とグリム童話的な教訓を合わせた感じ。
グロさは特に感じなかったです。

元の世界に戻るのにどうして試練がいるんだろう。王女なのは実は分かっているんでしょう?勝手に国を抜け出した罰?王女の記憶のない子供に試練って酷な話。
せっかく生まれ変わったんだから無条件で愛して喜んで欲しい。
私はメルセデスが好き。
mooo

moooの感想・評価

3.5
独特な世界観で、正直出てくるキャラクターは好きではない。けれど最後は主人公が生きたい世界に行けた事で、ハッピーエンドになっている感じがある(めちゃくちゃ前に見たので曖昧な記憶)
もり

もりの感想・評価

3.4
現実世界の要素が強すぎて自分の中ではうまく交わらなかった

36/2019
えい

えいの感想・評価

3.5
ファンタジーかと思いきやグロっぽさもあって面白かった。いつのまにか世界観に引き込まれてた。

あの目ん玉おばけはトラウマ。
g

gの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

スペイン内戦下で軍大尉と再婚した母に連れられた娘が、過酷で悲しい現実と、おとぎ話のような空想の世界を行き来する。

テーマはめっちゃよかった。
軍とレジスタンスの戦いと、空想世界での冒険と、2つの軸で話が進んでいく。
血なまぐさい争いに巻き込まれた純粋な女の子の悲しみやささやかな願いを、もうひとつのファンタジーな世界での冒険として表現していくなんて、目の付け所も発想も世界観も、さすがやなって感じ。
現実と空想との織り交ぜ方も上手い。

ただちょっと全体的に、キモさとかグロさの方がウッときちゃう感じあった。
妖精とか守護神パンとか、カエルのとことかも、もう少しだけ明るい世界やデザインの方が良かったんじゃ、、、これは好みなんだろうけど。
空想世界も、楽しいだけじゃなくて怖さがあることに意味があるんだろうけど
拷問とか血生臭いシーンとか、そこまで映さなあかんかね、みたいな悪趣味感は否めなかった。
リく

リくの感想・評価

4.0
妖精の造形が多少グロテスクだが、不思議と引き込まれる。

最後はネタバレを踏んでいないので分からないが、女の子の幻のようにも受け取れる描写だったが、個人的には辛すぎるので、本当であってほしい。

モンスター系の映画かと思いきや、反戦的なメッセージも大きい映画だった。
ものすごく好き。
こんなに悲しいファンタジー
こんなに美しく切ないストーリー
見逃していたなんて。
シェイプ オブ ウォーターが生まれたのが 今みたらなるほどと思った。
>|