バートロー

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲のバートローのレビュー・感想・評価

5.0
前作4の後半にあった怒涛のジェットコースター展開を序盤からそのまま引き継ぎ、勢いを終始保った異様にテンポの良い超傑作がこの5。

起・承・転・結の四コマ漫画的なノリを何度も繰り返してどんどんとストーリーが展開していき、最後には大きな1本の映画としての起・承・転・結+続編への大きな含みを持たせたエンドで締めくくるという最高にピタッとハマった時特有の気持ちの良さがこの映画にはある。ずっと良質なコントを観ているような、サザエさん本編の間に唐突に入ってくる短編を観ているような感覚。

それでいて内容は超王道のスペースオペラになっているのだから超楽しいというか楽しさ以外の要素が存在しない。前作以上にギャグやロマンスなどの遊びの要素が十分すぎるほどたくさん含まれているのでSFという土台を使ってエンターテイメントの限界に挑戦しているような完全無敵な遊びを感じる。

レイアとソロのお互い素直になれない微妙な恋心の推移とかなーにが"I know"じゃかっこ良すぎか!!!!と発狂しそうになるし、今でもヨーダがルークに「フォースとはなんぞや」を伝えるシーンは至ってはパペットが演技しているだけなのに妙に感情がこもっていて、何度観ていてもジーンと来てしまう。(実際、新三部作を観た後だと更に感動的なシーンになるし、5は名言連発映画だな…)

ルーク、R2D2チームとハンソロ、レイア、チューバッカ、C-3POチームっと二手に分かれてしまうので4のようなアンサンブル感は少なめですが、物語の終盤に向かって集結していく様は凄く良い。

何よりも「スターウォーズ」という映画の世界観を幅のある設定でぐーんと広げた5の功績は果てしなく大きい。