MASAYA

大逆転のMASAYAのレビュー・感想・評価

大逆転(1983年製作の映画)
3.5
金持ち兄弟の賭け事に巻き込まれ人生が180°変わります。


主人公のウィンソープ君は有能なので若くして会社の重役を務めています。順風満帆な人生を送っていました。

しかし!会社の会長であるデューク兄弟の賭け事の被害者となります。

賭けのお題は
「貧乏人の黒人に会社を任せられるか?」というもの。
掛け金は1ドル。お金が目的ではないのは明らか。

そしてこの賭けを実行に移すために、ウィンソープ君を窃盗の犯人に仕立て上げる。ウィンソープは財産、恋人、家を失い、一瞬で人生のどん底に叩き落とされます。

さてさて代わりに抜擢されたのがホームレスをしていたビリー(エディー・マーフィー)。お金の力で無理やり留置所から釈放され、重役に着くことに。

どう考えても掛け金より、この状況を生み出すために費やした資金の方が上です。まさに"暇を持て余した金持ちの遊び"。(昔こんな感じのネタをやっていた芸人がいましたね。)

まあけれども話はこんなところでは終わりません。ウィンソープとビリーが結託してリベンジを決意します。

そしてラストはタイトル通りの「大逆転!」で幕を閉じるので、金持ちざまぁwwwwという爽快感が味わえます。

とりあえずこんな賭け事に巻き込まれたくないですね。

午後のロードショー