古池

ジョゼと虎と魚たちの古池のレビュー・感想・評価

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)
4.4
最近、青春モノを何作品か観て、改めて、この作品の素晴らしさを讃えたくなり、再レビュー。
小説の世界を壊さず、映画独自のラストも、とても良かったです。
妻夫木君が演じる彼は、ずるいというか弱いのだけれど、良くも悪くも、フツウの青年。
池脇さん演じるヒロインが変に聖女にならず、そんな彼を、自分の青春をいろどった一人物として、凛と、淡々と対応するのが素敵。
餞別にエロ本て、かっこいいわ~ 笑
その後の人生を彼女なら、悲劇のヒロインにならずに生きていくでしょう。
でも、一人で泣く日も、あるかな?
それでも、毎日生活していく強さが、まぶしい。
上野樹里がひそかに、はまり役。