ジョゼと虎と魚たちの作品情報・感想・評価

「ジョゼと虎と魚たち」に投稿された感想・評価

ゆべあ

ゆべあの感想・評価

3.5
煩悩をひたすら感じさせられてもらえる映画でした。
ジョゼの雲を持って、、の言葉が心に強く残りました。

2019.5.21
大学生妻夫木が老婆の屋敷へ招待されて、障害者への哀れみからスキスキスーになっていく

新しく手に入れたものも、いつかは古くなって捨てることになる。寂しいよね
furyohin

furyohinの感想・評価

2.5
久々に観た。
ジョゼのキャラ好き。新井浩文さん、江口のり子さんの役柄も良い。笑



いや恒夫くん、泣くくらいならさー。。。
皐

皐の感想・評価

-
寂しくて素直になれない女の「帰れ!」をそのまんま間に受けて帰ろうとするけど女が引き止めたら「ずっといるよ」と言う計算なのか計算じゃないのか分からないあざとさを持った男の役に妻夫木聡がハマりすぎ。
厭味を以て嫌味を征す、その無数の誰かと誰かのやり取りが見ててしんどくなるけど香苗の言った「正直あんたの武器が羨ましいわ」が私にはよく分かる、恋愛面では無いけれど。これは恐ろしすぎて自分は世に話せないけれどつまりはそう思う時も有るって事。正直人生に於いて自由な方が楽なのか不自由な方が楽なのかは謎すぎて与えられた壁だって人それぞれ高さも厚さも何もかもが違って、恋愛映画に収めておくのはなんか勿体ないんじゃないかと思ってしまった。
この頃はまだ障害をもっている方に対して「障害者」と字幕でも書いてあって時代を感じた。今、“そーゆー事”に対して過敏になる時代な分自分が“障がい者”になった時そこまで気を遣われたいと思うのか、私には未知数。

私の好きなキャラは「金井春樹」。まさかSMの方のSだったとは。Mい顔してるのに。#Mい顔とは #それは役の問題
笑えるシーンも胸が痛くなりすぎるシーンもあるから面白い。
時代もあるけどジョゼが車椅子じゃなくて乳母車でおんぶが移動手段な事、最後まで観て漸く分かった。恒夫だからおんぶだった。

池脇千鶴さん、今まで間違いなく綺麗系だと思っていたけどこの映画の池脇千鶴は可愛くて人間の心の奥の部分を見透かしているような不安がある。好きだな〜。
恒夫とジョゼのベッドシーンを観てニヤけない人間なんているのか、本物のカレカノかと思ったぜ。

最後の全てを悟ったようなジョゼ、また全てを諦めているかのようなジョゼのセリフには怖さを感じた。なんだ、本当にあっさりだな。あっさりなのになんて濃厚な悲しみなんだろう。おやすみプンプンとはまた違う自分勝手なプンプンがここに爆誕した。

主題歌のくるりもエモいね。


この映画のみんなの感想を読むとやはり「恋愛面」で語る人と「人生面」で語る人、もしくはその両方を語る人がいて面白い。
結構色んな角度から観て感じられる作品だと思いました(小並感)
ストーリーは悪くないのに、みんな演技がくさいなあという印象。

今泉監督がおすすめしてたのは後から知った。
ichinoshin

ichinoshinの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

気持ちは優しいが、ちょっと軽いところのある青年が、祖母と二人きりで極貧の生活を送っている足の不自由なジョゼと名のる女性に惹かれ、結ばれ、別れる。不幸を背負ってきたが、媚びず、淡々としかし凛として生きているジョゼが魅力的。
好きだけど背負いきれない愛
というのはこれなんだろうなぁ〜
でもこういう方が記憶に残る恋愛なんだよなぁ、だから恒夫くん泣いてた
aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.0

妻夫木聡、池脇千鶴主演の青春ドラマ。
足が不自由なジョゼ、ひょんなことから大学生の恒夫と出会い、2人は恋に落ちる物語。
これは良作! 日本映画のいいところがしっかり現れた作品です。
公開時、初代シネクイントに見に行きました。
それにしてもエロい。笑
ラブシーンとベッドシーンの嵐です。
池脇千鶴の裸が何とも生々しくて、思わず...。笑
「世界でいちばんやらしいことしてあげる」なんて言われた日にはもう!w

ただ、個人的には妻夫木聡がクズヤリチン過ぎて、男から見ても引く部分があり、なんか共感が出来ない。 ジョゼと恒夫が別れる原因も恒夫だし。
上野樹里や江口のりこも出てますよ!
荒川良々なんかの名脇役達も!

演出はすごい丁寧で、ジョゼの住んでるあばら家もリアルだし、ジョゼの作る出汁巻や、お漬物味噌汁なんかも美味しそう。
恒夫が乳母車をスケボーで押してあげるシーンや、ラブホテルのシーンはなかなか印象的。
ラストは、リアルなんだけどもう少し何かが足りなかった様な...。
でも、ジョゼの逞しさや、恋愛を通じて成長した姿に感動しましたね。
おはな

おはなの感想・評価

3.0
押入れのライトをカチカチ

ご褒美にこの世の中で一番えっちなことしていいよ
これ使おうと思います。
hijikaty

hijikatyの感想・評価

3.6
自分は何者でもなく、未来はただ輝いていた大学生のあの頃。。を、懐かしむおっさんが見る映画かな。
大学生の時に見たらただ退屈な映画!と思っただろう。

ラストがとてもあっさり。2人は本当に終わったとも、2人はまだ道半ばともどちらとも思える。うまいね。
>|