ジョゼと虎と魚たちの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョゼと虎と魚たち2003年製作の映画)

上映日:2003年12月13日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

「ジョゼと虎と魚たち」に投稿された感想・評価

chachamaru

chachamaruの感想・評価

3.8

2ヶ月ぐらい前に観た記憶。
ずっと観たかった作品🙏

ジョゼの池脇千鶴さんの演技に惹き込まれてこんな作品だったのかと!
言葉遣いが魅力的。

妻夫木くんも若くて自然体でいい。

もし現実だとしてもこうなってしまうだろうなあという無理がない展開も、切なくて理解できた。
ラダ

ラダの感想・評価

4.0
邦画好きが口をそろえて名作という本作。録画しつつ、気が乗らずスルーしてた一本をやっと観た。

あらすじを言ってしまえば男女の出会いと別れ。シンプルなラブロマンス(ラブロマンス苦手なんだよなー)。そこに「障がい」というスパイスが振りかけられた事によって、観る側に様々な感情の起伏をもたらす。

キレイゴトだけじゃ生きていけない。ただ、自分がキレイな世界の住人になれなかったという事実。しのごの言っても変わらない環境。弱さと強さが入り混じるラストは秀逸です。
ぐ

ぐの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

妻夫木くんの魅力がすごい
ジョゼはわがままな印象が強かったけど、最後魚を焼くシーンをみて、わがままなんじゃなくて強いんだなと見方が変わった。
一番好きな作品
ジョゼは恒夫と出会って幸せだったのか考える。
出会わずに一生ひとりで押入れの中で本を読んで暮らす方がよかったのか、出会って幸せな記憶を持ったまま恒夫と別れひとりで生きていく方がよかったのか。
きっと後者であろうな
PORTA

PORTAの感想・評価

3.7
上野樹里めっちゃ可愛い。
幻想がない生々しさ。生々しいけど綺麗。
怒涛の急展開だったりは無いけど記憶に長く残る映画だと思う。
切なーっ!アニメの方を先に見てしまったから切なさマシマシでした。感動もアニメ版よりあったように感じたし池脇千鶴の魅力が溢れていて観て良かったと感じた。
yan

yanの感想・評価

4.5
何度見ても大好きな映画。
ジョゼが太々しいのに何故かかわいくて、そんなジョゼを好きになっていく恒夫との会話が不器用で愛しくて大好き。くるりのハイウェイも好き。
恒夫は良い奴で、普通の良い奴で、でもお人好しではない。ジョゼにとって恒夫と出会ってしまったことは救いか苦しみになるのか、いつも考えちゃう。
zen

zenの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あーやっぱりと思ったけど、最後の電動車椅子で救われた。
あのまま2人でいても、そのまま共倒れしそうだったし。
それ以上に、おばあの存在が家族のあり方を考えさせられる。ハンデのある人でも、女は強いなと思った。
最初の情事のシーンは、ジョゼはあれができないっていう暗示だったのか。
Akari

Akariの感想・評価

4.0
上映されたころに、友人に薦められてみました。
ずっと前に見たのに今だに覚えています。
薦めてくれた友人のコメントは「痛いほどリアル」
ヒリヒリするほど二人の心情が伝わり、今でもこの写真をみるだけで
せつない気持ちが思い出されます。
途中で引き返したり逃げて行くくらいなら最初から期待持たせるようなことはしないで欲しいと思うけど、ジョゼはどんな気持ちだったんだろう。
動物園や水族館に行けたりするのと同じ様に、夢のような存在だったんだろうか。
それにしても、台所での降り方が激しすぎて心配になる^^
>|

あなたにおすすめの記事