ジョゼと虎と魚たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「ジョゼと虎と魚たち」に投稿された感想・評価

MaShiro

MaShiroの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

この作品ってマイナスがみあたらない。
脚本、音楽、映像、イラスト、個性的な俳優陣。
設定は身体にハンディがある人の恋愛だけど、孤独な人が恋愛で幸せを知り別れがきてまたより孤独な世界におちるのはハンディがなくても経験する話。
そういうタイプの恋愛をしない人にはピンとこないのでしょう。

ジョゼはなんとなく別れを予感していて覚悟をしていることが切ない。
水族館あたりで恒夫の気持ちが冷めていき別れを考えたあと、トイレでジョゼに抱つく場面がリアルでまた切ない。(別れたあと号泣するところも)
恒夫に対しては「なんて奴!」と言う人がほとんどだろうけど、ジョゼが障害者だからそういう印象になるだけで恋愛なんてそんなものですよね。
脚本の渡辺あやさんや、その他のスタッフ、キャストを決めた犬童監督のセンスが私は大好きです。

※NHKのドラマ「ロング・グッドバイ」の脚本が渡辺あやさんと知り驚き!
何もかもかっこよすぎます!
「付き合ってください」
「よろしくお願いします」
っていう契約恋愛は日本独自の文化だそうな。

だから日本の恋愛映画は雰囲気が似るのかしらね。
改造車で出かけるのにグッときた。
妻夫木聡は大学4回生の設定。
m

mの感想・評価

3.5
全然キュンキュンしなかったな
もう妻夫木のダメな奴だな感が最初からいい意味でも全開なので、これはそういう見方ではないんですね
上野樹里と橋の上で合流して、車の行き交う雑音の向こうで歩いている妻夫木がいきなり号泣するところ、感動ポイントかもしれないけど、それに対して上野樹里は圧倒的に冷たく居なきゃ作品としてはいけないんじゃないかなって思った

追記予定
めっちゃ響く題材だったかと言われると、まず題材何?ってなる感じ
yUri

yUriの感想・評価

-
ジョゼの紡ぎ出すことば達が、時に可愛らしくて時に確信をついてきて、とても良かった。
ryo

ryoの感想・評価

3.8
生々しくて 湿度は高く 温度は低い
現実よりもリアルな質感

音も画も 現実を映してるみたいだった
そ

その感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

全てにおいてリアル。。。

だらっと休みの日に観て
夜にサントラ聴きながら散歩したら
余韻でふやけてしまうっす。。。。

まほろもそうやけどくるりが主題歌付いたら百人力。。。
優しさも甘いキスも後から全部ついてくる〜
岸田さんのライティングに土下座🙇‍♂️
妻夫木聡と池脇千鶴の演技が素晴らしい👏👏👏

いろんな人が言ってるけどリアル。
恒夫優しかったけど、腹立つーー!笑
はら

はらの感想・評価

4.5
この前フェスでくるりのハイウェイを聴いてから無性に見たくなってしまって。
海のシーンでは2人が眩しくて仕方ないのに、良くも悪くも生々しく現実を描いている。
今日からハイウェイ聞くと泣きそうになる
>|