もりもと

さくら隊散るのもりもとのレビュー・感想・評価

さくら隊散る(1988年製作の映画)
3.2
新藤兼人平和映画祭で鑑賞。

スコアはこころの高ぶりで決めているので低くなってしまうけれど、この映画の価値はとても高い。

同時上映でみた『母と暮せば』でも原爆が奪ったものについて描かれているけれど、この映画は比べ物にならない生々しい。

原爆症で亡くなった人を知る人の言葉と本人の映像と白黒の再現ドラマの説得力が生々しくしている。

この映画を見ることによって、知らなかったたくさんのことを知ることができた。
特に広島から東京まで帰った人がいたということは知らなかった。

原爆症について東大病院の人が楽しそうに語る姿に驚いた。