jj

ザ・タウンのjjのレビュー・感想・評価

ザ・タウン(2010年製作の映画)
4.0
どこまでも『ヒート』
でもマネじゃない
犯罪映画大好物にはたまらない演出 強盗シーン銃撃戦の緊迫感 主人公たちの心の闇 ジェレミー・レナーのジョー・ペシばりのキレたら手のつけられない怖さ 暴力と隣り合わせのボストンの綺麗な街並み ベン・アフレック監督すげぇぜ!!
初めて観た時はありきたりな犯罪映画で絶賛されすぎだろうと思ったしラストも納得いかなかった
でも改めて見直してストーリーよりも何よりも綺麗で迫力のある場面場面に魅せられました
期待を膨らませすぎると鑑賞する眼が曇るね