かいたろ

トレインスポッティングのかいたろのレビュー・感想・評価

トレインスポッティング(1996年製作の映画)
3.5
麻薬に溺れる若者。将来なんて糞食らえな青年が様々な環境に揉まれながら少しずつ変化していくお話。「仲間」の個性が豊かでよかったです。薬でふっとぼうがやはり若者。可愛らしく純粋な場面が描かれていました。よく考えたら爽やかなストーリーとは言いがたいのですが音楽や演出がうまく清々しさ、恐怖、緊張がうまく描かれており作品にメリハリがつけられていました。無駄に長くなく意外と見やすい、本作。レクイエムフォードリームを明るくしたようなイメージを持ちました。