トレインスポッティングの作品情報・感想・評価・動画配信

トレインスポッティング1996年製作の映画)

Trainspotting

上映日:1996年11月30日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「トレインスポッティング」に投稿された感想・評価

tarokomai

tarokomaiの感想・評価

4.0
薬のイカれた映画かと思いきや
ちゃんと事件要素もある
友達がどんどんいなくなるの悲しい
レポートNo.119
ヘロイン漬けの毎日を送る男5人組はする事なす事上手くいかず悪循環の中にいた。不幸に不幸が重なるこの生活を断ち切ろうとレントンは最後の決意をする

ヘロインという変わらない快楽と激しい変化を求める社会を背景に生きる若者5人がクズなのに青春してる。音楽も映像もおしゃれ
カタギなんて夢のまた夢感満載の最後が少し悲しげに見えた。
hnt

hntの感想・評価

-
いい意味で、クスリやりたくなっちゃわないか?と思った。あんな風に表現されたら興味湧いちゃうよね。
ジャンキードラッグ映画!!

何が言いたいのかよく分からない映画ではあったけど。ジャンキー映画はついみてしまう

このレビューはネタバレを含みます

前から知ってたけど、なんか男性が好きそな映画かな〜と思って観てなかった作品。

演出オシャレで音楽もカッコ良いけど、
ドラッグ&セックスな内容は、個人的には全く感情移入できず。

そして、ゴハン食べながら観たことを激しく後悔する冒頭のトイレシーン。。

ていうか、これスターウォーズのオビワンなのか…役柄違いすぎて衝撃。

最初しんどかったけど、最後の展開は面白かった。
あの学生の女の子ともっとなんかあるかと思ったけど、特に何もなく終わるのね…
ドラッグ中毒の話なんて観ていて決して気持ちの良いものではないが、気になって観てしまう感じ。

結局、何がしたい作品なのか分からなかったが、そこそこ楽しめた。
FUUTA

FUUTAの感想・評価

3.5
変わりゆく時代、変われない自分。
音楽に心を預け、ドラッグに体を預け。
上がったり、下がったり。
逃げたり、立ち向かったり。
そこに良いも悪いもない。
ただただ、人生。

冷戦終結後の激動下を舞台にしながらも、
普遍的なテーマとアガれる音楽で、
どこまでも新しい映画。
a

aの感想・評価

5.0
センスが好きすぎる。映像と音楽から全身に伝わる快感がたまらない。 息継ぎなしのドラッグとセックス。トイレに潜る。床に沈む。赤ん坊が天井を這う。破滅的ポップ。最高かよ。
r

rの感想・評価

3.9
ユアン・マクレガーの坊主イケてるな~~👱🏻‍♂最高にクレイジーだけど、生き方を貫いてる感じがカッコよかった。2も観たい!
音楽だけでかっこいい〜〜!!!で満たされた気持ち。そして改めてUnderworld聞いてる、bornslippyもscribbleもtwomonthsoffもめちゃくちゃかっこいい(メモ)
タイポ周りもTOMATOがやってたのか。あとレントンの坊主姿似合いすぎる。
>|