ori

アメリカン・ビューティーのoriのレビュー・感想・評価

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)
4.1
家族が壊れて行くさまを描いているけれど、単にそれだけじゃない。一見ごく普通の家庭。でも誰も知らない闇を抱えてたりする。

家族が壊れて行くきっかけは、はじめは魅力的な娘のお友達に主人公が惹かれていったあたりかなあって思ってた。
でもその他にも、理由はある気がする。主人公に違法のものを売りさらにその娘に恋をした大佐の息子、息子に自分の価値観を押し付け理由を訪ねようとしない大佐、夫に不満を抱く妻、経験がないことが言えず嘘を鼻を高くして話す娘の友達…登場人物ひとりひとりが持っていた事情が絡み合ってこの結末を生んでしまったんだな、と今は思う。

だけどそんな彼らがひとりひとりしてることをまとめると、結局自分がしたいことを我慢していて…それが爆発してしまうとこんな風になっちゃうんだね。わーすっごく皮肉的…でも好き…笑
うんでもきっとそれは現実なんだろうなあ…だから不審だけど違和感なく見入っちゃったんだなあと思います。

だからこそきっとみんな身近に感じてアカデミー賞もとれたんじゃないかな。