アメリカン・ビューティーの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・ビューティー1999年製作の映画)

American Beauty

上映日:2000年04月29日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アメリカン・ビューティー」に投稿された感想・評価

nao

naoの感想・評価

3.5
タイトルは、アメリカンビューティーという品種のバラ🌹の名前だそう。
理想の父親像から遠い男性と、崩壊した二組の家族。観ていて気持ちのいい内容ではなかったけど、対して、埋もれる真紅の薔薇や散る花びらがとても美しく印象的。
主人公レスターの最期、儚い人生一瞬一瞬の美しさと幸せ、愚かさ全てに感謝を感じるところが、散るバラの美しさと重なり、切なくも愛おしい映画だと思った。
ミチ

ミチの感想・評価

5.0
2020年上半期(もう過ぎたけど)に観たものでかなり上位、と言うより私の映画史においてかなり面白い作品だった

「美しいものに溢れた世界で怒りは長く続かない」
娘の友人とセックスしない世界線で主人公が見たものは一体なんだったのか

リッキーが父親にゲイ疑惑をかけられるシーン、アンジャッシュのコントみたいで笑ってしまった
けー

けーの感想・評価

3.8
ぶっ飛んでるけど、登場人物たちの感情はどこかリアルで、色々な人間性を盛り込みつつも、うまくまとめ上げてるなと思った。

すごい洞察力
あやの

あやのの感想・評価

3.1
あと一本まだ観れるなって思って恋に落ちたシェイクスピア観れば絶対良い気持ちで翌日出社できるのに
アメリカの家族の崩壊劇にして中年男のキレた人生譚!
ってあらすじの本作を優先した。
好奇心って怖いっすね。

変な、奇妙な映画。
だけど一周回って楽しめたり悲しくもあり。

割と皆サイコだな~。
振り切れたおっさんマジで気持ち悪くて嫌悪感すら飛び越えてた。
ケヴィンスペイシーがいるともうただのおっさんじゃないことが分かってしまうようになった作品のうちの一つなんだろうな。

娘可哀想だな…。
見入ってしまい2時間あっという間だった。
サスペンスチックでありながら、所々コミカルに描かれている部分があり飽きずに見られた。

幸せとは何なのかと考えさせられる作品でした。
YUKA

YUKAの感想・評価

3.8
美しいけど、モヤモヤして不思議な気持ちになる作品だった。
所々に出てくる、赤色が印象的🌹
ラストは衝撃的で、なんとも言えない気持ちになった…
ケヴィンスペイシーの演技が素晴らしかった✨
1号

1号の感想・評価

4.0
パンチが効いたいい作品。
観たのは遠い昔なのに、鮮烈に記憶に残るシーンがいくつか。
セクハラでもう観たくない俳優になっちゃったけど、このころは毎回、ケビン・スペイシーの役者ぶりに感心してた。出演作も傑作が多かった。
nana

nanaの感想・評価

3.8
美容院のタブレットにあって観たら結構気まずかった
バンクシー味を感じる
Aila

Ailaの感想・評価

-
これさ面白すぎん?
ビューティあんま関係ないし、あの家族に問題ありすぎてワロタwwww
ちっぴ

ちっぴの感想・評価

3.4
みんな好き勝手してて
ラストはなんとも言えない気持ちになった。
>|