アメリカン・ビューティーの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・ビューティー1999年製作の映画)

American Beauty

上映日:2000年04月29日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アメリカン・ビューティー」に投稿された感想・評価

最後まで誰がレスターを殺したのか分からず、ミスリードを誘う展開で目が離せなかった!

あと自分は幸せだったんだなと気づけて、でも気付くのが遅いところが儚く感じた
144

家庭という塗り固められて作られた物など、欲が動きだせば簡単に崩壊する。

僕は幸せだった。
家族が崩壊しようが好き勝手できて悔いがなくて幸せな人生。
なんかもうめちゃくちゃだな、ジェーンの目のアップが映ったビデオカメラのシーンが好き横顔がかなりタイプ彼も言ってたけど美しいよ〜もっと沢山赤い薔薇が出てくるのかと思ってた
めがね

めがねの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

皿を投げつけてからのDon't interrupt me.は人生で一度は言ってみたいセリフのひとつ。
ケビン・スペイシーは本当にすばらしい。
リッキーとジェーンが一緒にビデオを見るシーンが印象に残る。美しさとは一体何なのだろうと考えさせられた。
レスターの変化を見ていくだけで充分なエンタメ
最後らへんは悟りを開いたかのような柔らかさで素晴らしかった

マンネリ化した暮らしを変えて行くために、皆が誠実な所が巧みで。
母親はあからさまに鼻につく人だったが、
母としてではなく女としていたかった事に尽きる

型にハマったステレオタイプじゃ、
所詮平凡だ
愚かなる人間の本能

人間の弱さ醜さを皮肉たっぷりに描いた良作であった。駄目人間を演じるケビンスペーシーも今となってはガチであったのかと思うと尚更果かない。
アメリカのとある家族と娘の友人、ご近所さんを描いた映画。

最初はコメディかと思って見てたけど、加速度的に深彫されるそれぞれの内面や背景。そしてそれらが複雑に絡み合い物語は誰も想像できない結末へと向かってゆく。

これ程までに1つの映画の中で表情を変える物語を観たことない。
ジャンル分けできない。

物凄く難しい哲学の話を聞いたあとのような印象を受けた。すごく大事で真理的な事を行っているような気がするのだけど、自分の中で整理できない。人に説明できない感じ。

胸に残る感情は決して感動ではない。
悲しいでもない。

残るのは、この映画をアメリカン・ビューティとして受け入れられる自分になりたいという気持ち。

まだ、僕には難しい。
コメディだと思って見たら全然違った。魂の解放って感じ。リッキーの美的センス、私は嫌いじゃない。
aim

aimの感想・評価

-
過去視聴
レスターが恋してからの変化がかわいいです。
人の幸せとは
tabi

tabiの感想・評価

5.0
今までで一番感動した作品だった。
伏線の張り方や、メッセージの隠し方なども巧妙だったけれど、やっぱりラストシーンの瞬間最大風速がとてつもなく、圧倒される。

怒りは美に圧倒され、やがて感謝の感情になる。

この感情の流れ自体も美しいし、美をテーマにここまで説得力のある語りのできるストーリーになっているのが素晴らしい。
>|

あなたにおすすめの記事