AzkakaMonster

花とアリスのAzkakaMonsterのレビュー・感想・評価

花とアリス(2004年製作の映画)
3.3
なんか凄い変な魅力を持った映画でした。

話としては記憶喪失を男に思い込ませようとする花とオーディションに挑むアリス、そして彼女たちを繋ぐバレーとちょっとした三角関係
この幾つもの要素が集まって女の子のちょっと変わった青春が描かれる

この映画の魅力の一つとして
光の感じとか演技の感じが凄い自然に演出されていること。
そのことによってまるでドキュメンタリーのようにそこに彼女たちが生きているという現実感のある作品となっている。
特に蒼井優さんのちょっとした仕草に感じる可愛さとこのくらいの女の子のしそうな生々しさは自然と見とれてしまう。

そしてそれに対する
周りを取り囲むキャラクターの濃さ
落研の先輩や母親、写真部の女の子にオーディションの写真家
とこのキャラたちによって主人公の自然さがより際立つ

そして、最後に
やっぱり蒼井優さんの肉体性の素晴らしさ
クライマックスの独壇場は全然知らなくても感動する

とにかく不思議な魅力に溢れた少女青春物語