やす

ざくろの色のやすのレビュー・感想・評価

ざくろの色(1971年製作の映画)
4.1
映画というより映像作品と言える作りだろうか。好き嫌い分かれそうだけど、なんだか見てしまうタイプのやつ。ここがこうだから、こうおもしろいと言うのが難しい。映像に引き込む力はあったと思うし、もう何回か見そうな気がする。
サイズ感覚がわからなくなる部分とかがあるが、後から人が重なって空間がわかるようになる部分とかとりあえず好き。