ソ連のおすすめ映画 445作品

ソ連のおすすめ映画。ソ連映画には、アンドレイ・タルコフスキー監督のノスタルジアや、レヴァン・ガブリアーゼが出演する不思議惑星キン・ザ・ザ、惑星ソラリスなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

映画人生の素晴らしさを実感できる映画 新年1本目に相応しいのではないかと 初タルコフスキー作品の鑑賞に挑む 心象…

>>続きを読む

世界の救済。 郷愁。 1+1=1 世界の救済を説く男。 主人公は余命わずかなアンドレイ。 本作の主人公であるアンド…

>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ

上映日:

2016年08月20日

製作国:

上映時間:

134分
4.0

あらすじ

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

①嫁に「パンとマカロニ買ってきて」と言われたらこれからは警戒しちゃう度 013% ②当初いけすかねぇオッサンでしかない…

>>続きを読む

クー!最高かよ!なシュールなカルトSFコメディ?見れました。笑 冬のモスクワ。建築技師・マシコフが街へ買い物に出ると、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

静かにバッハが流れる。 水中に揺蕩う葦。 水面に揺れる枯葉。 流れる水の音。 鳥のさえずり。 そのゆらゆらと揺れる葦の…

>>続きを読む

めちゃめちゃ長くなっちまったので適当にスルーしてください笑 久々の6回目をBlu-rayにて。かなりグレーな印象の映画…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画にかぶれ始めた頃に観ておくと人と話すときに色々と引き合いに出せて面白い作品で、モンタージュ理論を生んだ歴史的名作だ…

>>続きを読む

【市民ケーンよりかはわかりやすいが…】 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 監督:セルゲイ・M・エイゼンシュテイン 製…

>>続きを読む

話の話

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

30分

ジャンル:

4.0

あらすじ

トルコの詩人ナジム・ヒクメットの同名の詩をもとに、ロシア子守唄に登場する狼の子を狂言回しに、ノルシュテイン自身の記憶を色濃く反映した映像叙情詩となっている。ストーリーらしきものはあるようで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ユーリー・ノルシュティン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて。 まごうことなき彼の最高傑作。ノル…

>>続きを読む

ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて。 ラスト六本目は、最高傑作と名高いこ…

>>続きを読む

アンドレイ・ルブリョフ 動乱そして沈黙(第一部) 試練そして復活(第二部)

製作国:

上映時間:

182分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

@シネ・ヌーヴォ タルコフスキーの3時間超大作に対峙する。さて、何時間起きていられるのだろうか…などという懸念を余所に…

>>続きを読む

「タルコフスキー特集」@シネ・ヌーヴォ。 芸術や宗教というタルコフスキーがモチーフとしてきた題材を、他の作品にはない…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

雪の女王の魔法にかけられて失踪してしまった少年を捜すべく、相思相愛の仲だった少女が孤独な旅に出る。デンマークのアンデル…

>>続きを読む

良作アニメーションの中でもお子さんと観てもオススメなものには洋の東西を問わずタグを置いていますが、悩ましいのが最近DV…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本日4月4日はアンドレイ・タルコフスキー監督の生誕85周年! 東京では本日、坂本龍一教授主催によるタルコフスキー上映…

>>続きを読む

@シネ・ヌーヴォ 隕石でも落ちたのか、突如そこに現れた“ゾーン”。そこに行けば何でも願いが叶うという。 “ストーカー(…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一言で言うと「阿鼻叫喚」 [あらすじ] 1943年のドイツ占領下の白ロシアでの出来事。 少年が兵隊の真似事をして遊んで…

>>続きを読む

アインザッツグルッペンをロシア人の少年目線で描いたお話 アインザッツグルッペンとは、ドイツの保安警察と保安部がドイツ国…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

セルゲイ・パラジャーノフ監督鑑賞二本目。こちらはかなり好き。 というのもこれをいわゆる映画という枠に分類するのも無理が…

>>続きを読む

【芸術は不滅】 意味わからなすぎて草どころかもはや木が生えたwww いや、これ評価不能は絶対逃げでしょう笑! 僕は名…

>>続きを読む

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

10分

ジャンル:

4.1

あらすじ

夕暮れの野原をハリネズミのヨージックが急ぎ足で歩いている。友だちの子グマの家でお茶を飲みながら星を数えるために。いつしか周囲には夕霧が立ちのぼり、ヨージックはそこで様々な体験をする…

おすすめの感想・評価

日本人的にはハリネズミと言えば、ロッキーチャックだよなー、とか思ってたらロッキーチャックは山ねずみでした(^_^;) …

>>続きを読む

動物とそれを取り囲む自然の描写が非常に丁寧で、これはもう本当にビックリするレベル。その独特の質感やチープな動きからは…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

チェーホフの戯曲「プラトーノフ」を原作とした監督の初期の作品である。おそらく1861年の農奴解放が行われる少し前のある…

>>続きを読む

アントン・チェーホフの戯曲と数編の短編を基に脚色し映画化。 19世紀末期のロシアを舞台に、退廃した雰囲気の中での貴族の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タルコフスキーの映像芸術をとっくり味わう為の映画。 wikipediaに書かれているような解釈は確かにできるんだろう…

>>続きを読む

初見。 彼の記憶を覗く。映し出される映像は全て、彼が第三者的視線で見てるということなのか。 女性のセリフでノートを読…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

他のタルコフスキーの作品同様、映像はため息つきたくなるほど美しいのだけど、全神経を集中させる強度でいうとやっぱ他の作品…

>>続きを読む

戦争に家族を殺された少年が、戦争に復讐を誓い、ただ憎しみに支配されながら1人偵察行動を続ける。戦争映画でありながら直接…

>>続きを読む

アオサギとツル

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

11分

ジャンル:

3.8

あらすじ

お互いに気になる存在のツルとアオサギが結婚の申し込みをし合う。申し込まれた方は、なぜか傲慢な気分、あるいは天邪鬼になり、断っては後悔してという繰り返しを続け、笑えるようでいて哀しくもあるよ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『素直になれなくて(*''*)💓』 ロシアの映像作家ユーリ・ボリソヴィチ・ノルシュテインが、前年の『狐と兎』に続いて…

>>続きを読む

フィルマークスのレビュワーmimitakoyakiさんがオススメしてくださったユーリー・ノルシュテイン監督 特集上映…

>>続きを読む

キツネとウサギ

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

10分

ジャンル:

3.8

あらすじ

原案はウラジーミル・ダーリ(1801-1872)の民話で、ウサギがキツネに家を乗っ取られてしまい、オオカミ・クマ・ウシなど強そうな動物がキツネを追い出そうと手伝ってくれるのだが、全く上手く…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて。 ウサギは樹皮の家に住み、キツネは…

>>続きを読む

パート③ 狐強すぎだろwww 荒ぶりよる荒ぶりよる。 可愛らしくて実にチャーミングなんだけど、所々変にツボっちゃって…

>>続きを読む

ケルジェネツの戦い

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

10分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「ケルジェネツ」は河の名前で、実際にこの河のほとりで行われた西暦988年のロシアとタタールの戦争が描かれ、それに巻き込まれる村が舞台となる。

おすすめの感想・評価

パート② 舞台は14~16世紀、モザイク画を動かそうと言う試み。 絵画を動かすって。 パート①に引き続きイコンが象徴…

>>続きを読む

【特集】ユーリーノルシュテインの世界。 二本目は『ケルジェネツの戦い』 中世のフレスコ画が命を吹き込まれる。 前…

>>続きを読む

25日・最初の日

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

12分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「25日」とは、ロシア旧暦で1917年10月のロシア革命最初の日にあたる日。たなびく赤旗に浮かび上がる文字は「すべての権力をソビエトへ!」静かな広場に民衆の怒りが打ち寄せ、資本家・貴族・ブ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パート① 先輩と後輩と共に渋谷のイメージフォーラムにて鑑賞。 初ユーリノルシュテイン。 前に宮崎駿のドキュメンタリー…

>>続きを読む

【特集】ユーリーノルシュティンの世界。 一本目は『25日・最初の日』 「まさに最も輝かしい25日最初の日が浮上する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

音楽学校に通う少年とローラーで整地作業をしている青年との1日限りの友情。タルコフスキー印の廃墟、鏡、水の描写からなる美…

>>続きを読む

タルコフスキーの作品はまず、ここからオススメする。(???) 凄くいい。タルコフスキーの後期の作品を既に4本鑑賞…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

数年前、初めてこの作品を見た時、そのあまりのやばさに、これは劇場で見なくては!と見るのをやめた。 それほどの作品。 毎…

>>続きを読む

【死の呼び声】 (´Д` ) パラジャーノフの映画ほとんど平均4.0やん。怖いわ。 冒頭これはイワンとマリーチカの…

>>続きを読む
>|