ソ連のおすすめ映画 451作品

ソ連のおすすめ映画。ソ連映画には、ゲオルギー・ダネリア監督の不思議惑星キン・ザ・ザや、アナトリー・ソロニーツィンが出演する惑星ソラリス、炎628などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

不思議惑星キン・ザ・ザ

上映日:

2016年08月20日

製作国:

上映時間:

134分
4.0

あらすじ

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マシコフは妻に買い物を頼まれ歩いていたところ、バイオリンを持つ学生ゲデバンに「自分のことを宇宙人だと言っている人がいる…

>>続きを読む

初対面同士の2人組の男が、自称異星人のもつテレポート装置によって、砂漠の惑星に転送されてしまう。ソ連時代に製作されたカ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

静かにバッハが流れる。 水中に揺蕩う葦。 水面に揺れる枯葉。 流れる水の音。 鳥のさえずり。 そのゆらゆらと揺れる葦の…

>>続きを読む

めちゃめちゃ長くなっちまったので適当にスルーしてください笑 久々の6回目をBlu-rayにて。かなりグレーな印象の映画…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

悪魔より人間のほうが怖い。 Q.タランティーノ監督が、第二次世界大戦を題材とした映画のなかでベストとあげた本作。 …

>>続きを読む

80年代のソ連製の戦争映画。 ナチスのアインザッツグルッペンによる白ロシアにおける虐殺行為をあますことなく描いている…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

はじめはわけがわからなくても繰り返し観たくなり、結果的にはまるで魔術のように詩人サヤト ノヴァの人生に取り込まれてしま…

>>続きを読む

セルゲイ・パラジャーノフ監督鑑賞二本目。こちらはかなり好き。 というのもこれをいわゆる映画という枠に分類するのも無理が…

>>続きを読む

祈り

上映日:

2018年08月04日

製作国:

上映時間:

78分
3.9

あらすじ

日本初公開。19 世紀ジョージアの国民的作家 V・プシャヴェラの叙事詩をもとに、モノクロームの荘厳な映像で描いた作品。ジョージア北東部の山岳地帯に住むキリスト教徒とイスラム教徒の因縁の対立…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「祈り」でありながら同時に「絶望」でもある、確かに祈りと絶望は同義なのかもしれないが。個人の良心など集団の悪意を前にし…

>>続きを読む

ずっと前にイランのダリウシュ・メールジュイ監督の『牛』(知る人ぞ知るモノクロームの傑作。1969年作)を観た時に、「こ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

疲れましたよ〜この手の映画は疲れます。長いし単調で、なおかつ頭使うんですよね。でも、観終わってみると面白かったですね。…

>>続きを読む

本日4月4日はアンドレイ・タルコフスキー監督の生誕85周年! 東京では本日、坂本龍一教授主催によるタルコフスキー上映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一度は観ておかれることをお勧めするが、最初は多分、楽しくない(爆)。いったん心の襞に隠してから、再会するタイミングを待…

>>続きを読む

"私"の夢の中に現れる母はたらいに入った水で髪を洗っている。その年に火事があってから父は家に戻ってこなくなった。 両親…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

他のタルコフスキーの作品同様、映像はため息つきたくなるほど美しいのだけど、全神経を集中させる強度でいうとやっぱ他の作品…

>>続きを読む

戦争に家族を殺された少年が、戦争に復讐を誓い、ただ憎しみに支配されながら1人偵察行動を続ける。戦争映画でありながら直接…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「タルコフスキー特集」@シネ・ヌーヴォ 昔、初めて観たタルコフスキー。久しぶりの再会。 タルコフスキーが故郷ロシア…

>>続きを読む

思想を語る。思想がぶつかりあう。砕け散って、再生する。移り変わる。掴めない輪郭。信仰がある。あるいは、信仰がない。自…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『チェブラーシカ』のスタッフが製作した3本立てのパペットアニメ。たった30分ほどでしたが、こんなに素晴らしい映画だった…

>>続きを読む

ソ連時代のパペットアニメーション。ソユーズムリトフィルムはセルアニメもパペットアニメもとにかく多彩。何より温かい世界観…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

雪の女王の魔法にかけられて失踪してしまった少年を捜すべく、相思相愛の仲だった少女が孤独な旅に出る。デンマークのアンデル…

>>続きを読む

良作アニメーションの中でもお子さんと観てもオススメなものには洋の東西を問わずタグを置いていますが、悩ましいのが最近DV…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダンケルク見た影響で家にあるDVDまた見てみたけど、やっぱり映像の持つ力という点でノーランは残念ながらエイゼンシュテイ…

>>続きを読む

映画にかぶれ始めた頃に観ておくと人と話すときに色々と引き合いに出せて面白い作品で、モンタージュ理論を生んだ歴史的名作だ…

>>続きを読む

話の話

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

30分

ジャンル:

4.0

あらすじ

トルコの詩人ナジム・ヒクメットの同名の詩をもとに、ロシア子守唄に登場する狼の子を狂言回しに、ノルシュテイン自身の記憶を色濃く反映した映像叙情詩となっている。ストーリーらしきものはあるようで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

とてつもない。全身が震えた。 タルコフスキー的描出手法によって抽出される印象・感覚、記憶のイマージュの反復。大意解…

>>続きを読む

【特集】ユーリーノルシュテインの世界。 ラストの六本目は『話の話』 あぁ、これがノルシュテインの"ノスタルジア"か…

>>続きを読む

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ

上映日:

2016年12月10日

製作国:

上映時間:

10分

ジャンル:

4.2

あらすじ

夕暮れの野原をハリネズミのヨージックが急ぎ足で歩いている。友だちの子グマの家でお茶を飲みながら星を数えるために。いつしか周囲には夕霧が立ちのぼり、ヨージックはそこで様々な体験をする…

おすすめの感想・評価

動物とそれを取り囲む自然の描写が非常に丁寧で、これはもう本当にビックリするレベル。その独特の質感やチープな動きからは…

>>続きを読む

【特集】ユーリーノルシュテインの世界。 五本目は『霧の中のハリネズミ』 子グマくんの家へ向かうために、ハリネズミく…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国立近代美術館フィルムセンター開催された、10月27日のユネスコ「世界視聴覚遺産の日」の記念特別イベント「特別上映…

>>続きを読む

70㎜フィルム上映という希少機会と聞いて行って来た。早目に家を出たつもりがフィルムセンターに着いた時には既に長い待ち行…

>>続きを読む

アンドレイ・ルブリョフ 動乱そして沈黙(第一部) 試練そして復活(第二部)

製作国:

上映時間:

182分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

信仰が、信頼が、色彩が失われている。苦悩が渦巻く。葛藤する。負の要素が命を帯びて、激しく煮えたぎっている。 ルブリ…

>>続きを読む

オナニズム全開長文ですのでスルー推奨(笑) “観ると100%寝る”というキャッチコピーでお馴染み(本当にTSUTAY…

>>続きを読む

これがロシヤだ/カメラを持った男

製作国:

上映時間:

67分
3.8

おすすめの感想・評価

【省略レビュー🎥】 巷の人々の生活を撮影している男の姿を撮影した実験的な映画。 セリフはなく、音楽のみで構成されて…

>>続きを読む

【およそ100年前の市民の生活】78点 ーーーーーーーーーーーーー 監督:ジガ・ヴェルトフ 製作国:ソ連 ジャンル:ド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

冒頭のシーンと最後のシーンの繋がりの意味が分かった時、それはもう涙でいっぱいでした。 僕の中で戦争映画というジャンル…

>>続きを読む

【もう一目家族に会うために…】 ーーーーーーーーーーーーーー 監督:グリゴーリ・チュフライ 製作国:ソ連 ジャンル:戦…

>>続きを読む

懺悔

上映日:

2018年08月04日

製作国:

上映時間:

153分

ジャンル:

3.9

あらすじ

架空の地方都市で、元市長の墓が何者かに暴かれ、犯人の女性が捕らえられる。彼女の証言によって、元市長の独裁により、多くの市民が粛清されたことが明らかになってゆく。スターリン時代を描いたといわ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

旧ソ連のグルジア映画 ・同じグルジアの「独裁者と小さな孫」とかいう映画がありましたが、本作は独裁者と息子と大きな孫みた…

>>続きを読む

「祈り」三部作の完結篇。精神的大作。そして最もつまんなかった。冒頭(不味そうな教会ケーキが可愛かった)と終盤(生煮えっ…

>>続きを読む

希望の樹

上映日:

2018年08月04日

製作国:

上映時間:

107分
4.2

あらすじ

20 世紀初頭、革命前のジョージア東部カヘティ地方に美しい農村。時代の大きな変化を予感して村人たちはそれぞれに動揺していた。そのなか美しい娘と青年の純愛は古い掟と因習のために打ち砕かれてゆ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

真っ赤なケシの花が咲き誇る草原で倒れゆく一頭の白馬、赤と白のコントラストは否が応でも脳裏に焼き付き、物語は進行して行く…

>>続きを読む

いつ頃の作かにかかわらず、ジョージア(グルジア)映画を堪能することは全世界的トレンド。時代の難しさが地球規模で続いてる…

>>続きを読む
>|