まつこ

007/カジノ・ロワイヤルのまつこのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
ただいま、ダニエル・ボンド。
ボンドマラソンも佳境に入ってきました。年内完走は果たせそうです。

今作はボンドが如何にして「007」になっていったかを描いている“episode 0”な作品。『〝スペクター〟は見たいけど全作見るのはなぁ…(¬_¬)』と戸惑っている方、『007ってどんな話⁇(。・ω・。)』と思っている方にオススメしたいダニエル・ボンド。『007って結局男のロマンなんでしょ⁇(´ε`;)』って思っている女子たちにも観てほしい‼︎

ダニエル・ボンドの印象は泥臭さの中にも品があり、冷徹なようで感情的。とても人間らしいボンドだと思う。彼がスマートなボンドになっていくにはこんな哀しい物語があるわけです。

また、ダニエル・ボンド好きの方は一度007を追いかけてみて下さい。作品の世界をより大好きになると思います‼︎にわかの私が言うので間違いない♡

OPの〝BANG‼︎〟から期待が高まる‼︎ガンバレル・シークエンスというそうですね。(〝頑張れる・シークエンス〟と思っていたのは内緒♡)

アクションシーンに言葉はいらないの‼︎ハラハラドキドキスピード感のあるシーンに心が踊る♫仕事してる人には迷惑極まりないですけどね♡

列車内でのヴェスパーとのやり取りが好きです。作品毎に掘り下げられるボンドの過去。言葉に大人の粋を感じます。

いよいよカジノが始まりますが、やっぱり強運の持ち主よね。運も実力の内というけれど作品総額いくら勝ってるんでしょうね。さすがです!

あ、彼を忘れてはいけませんね。『フィリックス〜‼︎』と〝消されたライセンス〟鑑賞後間もないため思ってしまうが、髭もじゃすぎやしませんか⁇うん、これからまた盟友でいてくれるのは嬉しいんだけど。

ボンドが名付けた『ゴードンジン3、ウォッカ1、1/2のキナリレ、限りなく冷たくシェイクしてレモンピールを添えた』ヴェスパーを飲んでみたい。今はキナリレが手に入らないようです。代わりにボンド・マティーニ(ウォッカ・マティーニをシェイクで♡)をスペクター鑑賞後に飲んでみたいな♫

今回のボンドガール:エヴァ・グリーンとの一番好きなシーンはあのシャワーシーンだったりします。彼女の弱さと芯の強さにボンドは惹かれたのでしょうか。あんなに彼女を愛したのに…

切ないけれど彼が〝007〟になるためには必要な作品です。
本作を好きになられた方は次作の〝慰めの報酬〟も鑑賞することを強くオススメします。

ラストの彼の一言には誰もが痺れるはず‼︎必見です‼︎