まつこさんの映画レビュー・感想・評価

まつこ

まつこ

映画(921)
ドラマ(0)

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.5

今までそんなに『好き!』って感じじゃなかったんだけど一気に好きになった‼︎

それにしても王室は寛大だなぁ。

やる気のないサッカーシーンとプリケツがお気に入り。

あの日のように抱きしめて(2014年製作の映画)

3.4

私なら『あの日のように抱きしめて』って言えるかな。途中で投げ出したり、悔しくなっちゃいそうだけど、愛するってそういうことなのかな。愛しているからこそあんなやり方になるのかな。

歌声に思いを乗せて。
>>続きを読む

BACKSTREET BOYS:SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF(2015年製作の映画)

4.0

BSBが抱えていた苦悩。
大人なのにボーイバンドと括られる不自由さ。
自分の言葉も話せない作られたピノキオたちの宴。

気づいた時には爆発的に日本でも流行っていたからこんな下積みがあったことや、こんな
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.3

音楽の使い方はカッコイイんだけど個人的にはあんまりのれなかった。サミュエルにあの役をしてもらえたらもうちょい好きになれたかなー。悪い奴らばかりでモヤモヤしちゃったんだよなー。でもこれを爆音でみたい気持>>続きを読む

フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク(2013年製作の映画)

2.8

NYの街はどこを切り取っても画になるなぁと思った。

写真をしている人の方が面白いのかな。有名な写真家がポツポツ出てくる。

地獄愛(2014年製作の映画)

3.5

個人的には「ハネムーン・キラーズ」の方が憎めなくて好きだけどこっちもなかなかの狂気的な愛の物語だった。

ここまでいかなくてもこういう危うい人っているよなぁ。

真っ直ぐな心の持ち主は騙せない。でもい
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.6

一筋縄でいかない愛の交錯。
愛ってなんなのかしら。

「そうきたかほうほう!( ´艸`)」と思いながら眺めてたけど『ダーティーダンシングごっこ』じゃ、あたしゃ落ちませんよ‼︎とツッコミたくなった。
>>続きを読む

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

3.7

ほろ苦い大人のラブストーリー。

甘さも苦さも程よくて、アントンくんがずーっと後ろめたを持ちながらちゃんとした関係でいたいと思ってくれるから夢物語のように観ていられた。

2人だけの秘密。
繋がらなく
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.5

一瞬で有頂天になる日もあれば、この世の終わりかと思えちゃう日だってある。
生きてるってそういうことなのかな。

クレオが過ごす5時から7時までをオシャレに追いかける。

もう始まりからオシャレすぎ。タ
>>続きを読む

尼僧物語(1959年製作の映画)

3.4

オードリーがシスターになってコンゴに行く話。

すごいなぁと思うのはこの長尺を割とサラッと見させてくれること。でも、そこまで見せるんかいなな細かな修道生活にモヤッとすることが多かった。厳しすぎやろ。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

可愛くて切ない異色のファンタジー。

あの子が某お菓子のアレにしか見えなかった。うーん…心が薄汚れているのだろうか。

それぞれの苦悩が重なってみんなを心で繋いでいく。

誰かと違うことってそんなにい
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

勇気と元気をもらえた素敵な作品。

人種差別に対しても正攻法で挑んでいく彼女たちが潔くてカッコよかった。数十年前は当たり前で踠いていた世界。同じだけ時計の針が進んだとしたら何が変わっているのか。いつも
>>続きを読む

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち(2015年製作の映画)

3.1

本当にショーだなぁと編集の様子の再現を見て感じた。

思ったよりサラッと感じてしまったのは何故だろう。マーティンの困り顔は私的に愛すべき眉間の皺部門2位だったりします。

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.2

ハングオーバー!的なゆるゆるコメディ。

ばぁちゃんのファンキーさにやられた。後ろから見たらリメンバーミーのココばぁちゃんなのに。「あたしゃヤダよ」が口癖のような偏屈おばぁを見てるだけで割とヒャッハー
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.6

今更ながらに。
オマール・シーの茶目っ気って天性のものだよなぁと改めて思った。

誰と出会うか。
人との出会いで人は変われる。
運命とか奇跡とか、そんな言葉がぴったりなのかはわからないけど、人生は何が
>>続きを読む

ドキュメンタリー 最強のふたり(2011年製作の映画)

3.0

「人は過ちの代償を払いながら生きている」らしい。

出会いがもたらす2人の友情と2人の役者の役者魂が見られる作品。

どんな時もユーモアを忘れないって素敵だな。結果は同じでも楽しんだもん勝ちだよな。シ
>>続きを読む

最高の花婿(2014年製作の映画)

3.6

移民・宗教問題を際どくもサラッと見せてくれるぷぷぷ国際結婚コメディ。

笑わせてもらったなぁ。お父さんとお母さんがダメージを負うたびに「ずーん」ってなってるところがかわいくて、ツンツンしている風刺映画
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.8

よかった!

音楽が流れるだけで何の映画かわかるってすごいことだよなぁ。その音を完成させるためにこんなことが行われていたのか。

グッとくる言葉が多くてほうほう楽しみながら人生の哲学に浸れる素敵な作品
>>続きを読む

ハロルドが笑う その日まで(2014年製作の映画)

3.0

IKEAの勢いすごいもんな。
日本ならニ○リとかアイリ○オーヤマになるのか。

個人店の家具屋さんをみなくなったなぁとしみじみ思いました。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.5

なんだろう。ベニシアさんにしてもターシャにしてもこの間のモードにしても。生まれもった豊かさってあるんじゃないかなぁ。共通点があるような気がした。
生活に困っていたら丁寧に生きることに目が向きにくいもん
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.2

ボロボロに泣きました。

イーサン・ホークの奥さんが「脚本を読む前にこの役を引き受けると約束して」とキッチンで泣きながらお願いするだけありますね。

不器用な二人の距離が縮まる度にときめいて、愛を確か
>>続きを読む

怪しい彼女(2014年製作の映画)

3.5

あなたの人生を生きてってところで泣かない人はいないんじゃないかな。

多部ちゃんのを観る前に観ておきたかった。

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.0

なんてことはないんだけど「え、マジか。」な作品。

レネーはぽっちゃりしている方が幸せそうに見える。

ハートビート(2016年製作の映画)

3.0

よくあるサクセス・ラブコメだけどゆるっと観れて個人的には割と好き。

大半の人はソノヤ・ミズノにひかれて手に取るんだろうけど私もその1人です!

恋するインターン 現場からは以上です!(2015年製作の映画)

1.9

インターン記者が直面する韓国芸能界の闇をポップなコメディに落とし込んだサクセスストーリー。

韓国の芸能界ってコレの何倍過酷なんだろと思った。

ほとんど恋はしていなかったからラブコメ見たい人は回れ右
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.0

コレコレ!バディものはこうであって欲しい!

めっちゃ好き!もっと二人を見ていたかった!

神様メール(2015年製作の映画)

3.0

神様がいつもいい奴とは限らない。イケズな親父のイジワルルールに怒った娘が世界を救う。

思った以上にブラックコメディだった。私には際ど過ぎてツボにハマることはなかったんだけど欧州あたりのウィットに富ん
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

-

「雪だるまつくろ〜🎶」で毎回寝落ちしてしまい未だ最後まで観ていないアナ雪。そんな私にはイマイチ乗り切れず…3回はトライしたんだけどな。今年は最後まで見れるかな。

でも「誰かのために頑張るってなんか素
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

音楽か家族かだなんて選べないよね。ふとしたことで迷い込んだ少年とご先祖様が織りなすハートウォーミングな霊界コメディ。

この設定いいよねぇ。死者の世界だからって永遠が保証されてるとは限らないだなんてな
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

前日にソーを観たからか余計に響いたように思う。
彼よりも赤いおばちゃんにやられてしまった感がハンパない。

シャーロック見直したくなる。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

2.4

あの人に会えたのは嬉しかったけどサラサラ流れてあっという間に終わっていた。

おバカな彼も成長しない弟も大好きなんだけど代わり映えもなければ敵も中途半端だしあの人と会えるための話のようで個人的にはのれ
>>続きを読む

45歳からの恋の幕アケ!!(2013年製作の映画)

2.4

平凡な毎日を送っていた彼女に訪れた少しの変化。

乙女全開な熟女教師と若者の恋愛ものかと思いきや急カーブで違う道を走っていった感じ。

いつも色気ムンムンなジュリアン・ムーアがボサボサの独身熟女に。大
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.6

ヨーロッパ勝戦記念日を迎えた夜のロンドンにもしもプリンセス二人がお忍びで繰り出したとしたら…なとっても可愛いラブコメディ。

もう二人のプリンセスが可愛過ぎて可愛過ぎて!特にマーガレット王女を演じたベ
>>続きを読む

エタニティ 永遠の花たちへ(2016年製作の映画)

3.0

巡り巡って繋がる命。
ルノワールの絵みたいな作品だなぁと思った。

かけがえのない誰かがそばにいるからこそ「生きている」って感じられる。

ジェレミー・レニエはやっぱりいい役者さんだなぁ。ボロボロの犯
>>続きを読む

愛すべき女・女(め・め)たち(1967年製作の映画)

3.5

娼婦に纏わるオムニバス。

「う、もー!」な感じで「NO!」といいまくるところが好き。イヤよイヤよもスキのうちってのは全部ホントじゃないにしても男と女の駆け引きには必要なのかな。

どえらくポップな感
>>続きを読む

>|