ナガセ

愛のむきだしのナガセのレビュー・感想・評価

愛のむきだし(2008年製作の映画)
3.9
2019.1.24

奇才・園子温監督作品にして超長編映画。
愛に対して素直に向き合うキャラクターたちを、満島ひかり、西島隆弘、渡部篤郎、安藤サクラが怪演している今作。

Nissyこと、西島隆弘さんのファンが友人にいる。その子はまだ、今作を観れていないという。まあ、ムリもない。変態盗撮魔とNissyを重ね合わせるのは酷過ぎる。

常識的な愛に囚われず、本能的な愛を貫くのが「愛のむきだし」。
安藤サクラ演じるコイケの"愛"だけは歪み過ぎてて、理解し難かったが、他のキャラクターたちは見事なまでに純愛だ。

尖りまくった作品ではあるけれど、物語としてテンポも良いし、見応えもある。
良作でした。