みー

ラバーのみーのネタバレレビュー・内容・結末

ラバー(2010年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

タイヤに魂が宿って、どんどん人を殺していく話。
実際に観ている私達と映画として観られているタイヤと出演陣。
映画の冒頭にしつこいぐらい「理由は無い」とエンドロールでも念を押される。この映画自体理由は無い。
タイヤに魂が宿るのも、殺しても別のものに再度宿るのも全て「意味は無い」よく映画をみていても理由を追求し、これはどういう理由でこうなったのだろうかと思ってしまう人間心理を上手く使った作品だと思いました。
個人的には面白かったです。