Satouko

ポセイドンのSatoukoのレビュー・感想・評価

ポセイドン(2006年製作の映画)
3.6
B級っぽそうだなーとか思いながら、でもご飯中に何となく見始めたらあっという間に入り込んで体力と精神力使って無駄に疲れた笑。
ハラハラと緊張感がすごい。観る人によって楽しめるかどうか変わってくると思うけど、自分は完全に入り込んで楽しめた。特に覚えてる心残りなことが2つばかりあるけど、今思えばこれだけでよかったと思う笑。
よくあるパニック映画といえども見事な豪華客船に派手なCGに次はどうなるかという展開にと見応えあって満足。ジョシュルーカスにエミーロッサム、ファーギー、ジャシンダバレット、マイクヴォーゲルと知ってるキャストは結構いたものの、キャストの正直パッとしない感にはB級っぽさを感じてしまった。だけどもそれよりストーリーと設定に目が行くのでそこまで気にならない。(けなしてない)
見終わった後はこういう映画の良さ(=現実へのありがたみ)をとても実感できてよく寝れた。もし自分がこの中の一員なら最初の段階で死んでそうだなーとか、いやディランのように行動して助かろうとか、船でも飛行機でも電車でもこの先起こり得ないことではないから、考え方一つでシリアスに捉えることもできる。でもタイタニックを最初から観たことないから、この後に観たら感想変わってしまうんじゃないかとちょっと不安。オリジナルの方は知らないけど、とにかく楽しめた。