ゆき

秋刀魚の味のゆきのレビュー・感想・評価

秋刀魚の味(1962年製作の映画)
3.9
また小津作品。何だか落ち着くなぁ〜間のせいかな。
岸田今日子がバーのママ。品があり素敵だ。

父親が娘を嫁に…というお見合い真っ盛りの頃のお話。
男同士で若い嫁さんをもらった友を冷やかしたり、いつまでたっても少年な男達…!
「折角育てたやつ(娘)をやっちゃうんだからな〜呆気ないもんだよ。」
笠智衆の酔った姿とか…んー!なんとも言えん。岩下志麻のチャキチャキしたべっぴん具合は今までみたヒロインと違い、都会的。