こちんだ

驟雨のこちんだのレビュー・感想・評価

驟雨(1956年製作の映画)
4.0
タイトルの驟雨はにわか雨のこと

ある夫婦は結婚して4年、既に倦怠期を迎えていた。日曜の朝から些細なことで喧嘩が始まってしまい、旦那は家を出て行ってしまう。その夕方、新婚旅行に出たはずの姪のあや子が家へやってきて夫婦の関係がより悪化してしまう。

この前見た『めし』に引き続き成瀬監督は微妙な人間関係を描くのが上手いなー
夫婦の会話なんて良くありそうなもののように聞こえる。特に原節子が演じる奥さんの自分が働きたいという意見は今どきの奥さんも言ってそうなセリフ。

こういう普通なことをエンターテインメントとして映画にするのは大変なことだと思う。