KZY

いま、会いにゆきますのKZYのレビュー・感想・評価

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)
4.8
「もしかしたらあれは霧の向こうの幻だったのかもしれない。
でも僕達は、確かにママに会ったんだ。」

幼い頃に母を亡くした祐司は18歳の誕生日を迎えた。父の巧と朝の支度をしていると予約していた洋菓子店からケーキが届く。これで長年の予約を終えたことを告げる洋菓子店の店主。祐司は時の流れを感じながら、12年前に起きた奇跡を思い出していた。

何度目か分からない鑑賞。
梅雨の時期になるといつもこの映画を思い出す。竹内結子の登場シーンが美しい。雨と美女の相乗効果って半端ない。

巧の不器用な感じとそれを受け止める澪の様子がステキ。
家族の大切さを再認識できた。
何度会っても好きになる、そんな出会いがしてみたいって思わせてくれる映画やった。