こちんだ

シェーンのこちんだのレビュー・感想・評価

シェーン(1953年製作の映画)
3.2
「シェーン、カムバック!」

流れ者のガンマン、シェーン(アラン・ラッド)が職を求めてワイオミングにやって来る。彼はワイオミングに入植していた農作一家に出会う。そこでは先住の牛飼い達に脅かされており、人々は恐れをなして逃げ去ってしまう…
事情を聞いたシェーンは1人敵地へ向かっていく。

シェーンの早打ちがカッコいい!世界一と言われてても不思議ではない!

ラストの去りゆくシェーンに向かって、五歳の息子による「シェーン、カムバック!」という叫びは有名。
去っていくシェーンは明らかに傷を負っていて、向かう先には墓場がある。シェーンは実は死んでいるんじゃないかという説がある。

確かに腕はだらーんとしていたし、息子の叫びも無視していたから、そうかもと思わされる。