シェーンの作品情報・感想・評価

シェーン1953年製作の映画)

SHANE

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

南北戦争後の西部。厳しい大自然と、土着の悪徳牧場主ライカーとの諍いに苦しむ開拓者ジョーの一家のもとに現れた一人の流れ者。拳銃を身につけ、柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せる、シェーンと名乗るその男を初めは警戒していたジョーの妻マリアンも、シェーンに憧れる息子ジョーイが懐く姿をみて心を許していく。銃を置き、一家に身を寄せ、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を結んでいくシェーンだったが、昔からの利権…

南北戦争後の西部。厳しい大自然と、土着の悪徳牧場主ライカーとの諍いに苦しむ開拓者ジョーの一家のもとに現れた一人の流れ者。拳銃を身につけ、柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せる、シェーンと名乗るその男を初めは警戒していたジョーの妻マリアンも、シェーンに憧れる息子ジョーイが懐く姿をみて心を許していく。銃を置き、一家に身を寄せ、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を結んでいくシェーンだったが、昔からの利権を譲らないライカーの暴力は次第にエスカレートし、開拓者の一人が殺し屋に葬られる。ライカーとの話し合いに向かうジョーを制止したシェーンは、ただ一人、ライカー一味が待ちかまえる最後の闘いに臨む!

「シェーン」に投稿された感想・評価

大人も子供もみいんなシェーンに惚れちゃうよ〜〜〜きゃっこいい
hirotora

hirotoraの感想・評価

3.0
小学生の頃 水曜ロードショーで観ました
水野晴朗さん例の調子の推しもあり
内容は覚えていません 最後のシーン
シェーン カムバック シェーン くらいで
水野晴朗さんの名セリフ いゃ~映画っては
この作品を放送した時が最初だったと
聞いた事があります
水野晴朗さんのセリフにスコア3.0かな
久々に観る 古典的名作。
山並みをバックにする
ロングショットの美しさ。
決闘シーンは、
笑ってしまうほどの凄い緊張感。
ラストは素直に感動。

西部劇… たまに観たくなります。
aya

ayaの感想・評価

1.7
大好きなヒロトが「シェーン カムバックシェーン」と歌ってるので観たのだけど予想どおり退屈だった
ヒロトが「シェーンが銃の一番早く抜けるやり方を教えてくれるから練習した」って言ってて 想像するととっても可愛い ラスト泣いちゃうヒロト可愛い 私も泣けたら良かったのに ちっとも面白くなかったよ
シズヲ

シズヲの感想・評価

4.1
シェーン、カムバック!西部の雄大な自然を映す清々しい映像、登場人物の丁寧な心情描写が印象深い西部劇。舞台が広大というよりは、広々とした世界観に佇む小さな舞台の物語といった感覚。アクション自体は少ないので内容は結構地味だけど、それでも作中に流れる雰囲気だけで十分楽しめる。溜めに溜めて繰り出される早打ちの場面には痺れる。あと喧嘩のシーンはいずれも中々泥臭い。

主人公のシェーンは超然としてて実にかっこよくて、されど確かな人間味も伺わせる魅力的なキャラクター像を形成している。シェーンに憧れていく子供や父親である気丈な農夫など、他の登場人物も印象的。「ローガン」でも引用された終盤のシェーンの台詞はとにかく哀愁に満ちていて秀逸。西部劇において生々しい暴力を描き、最終的に殺人を業と定義したのが面白い。

本場西部劇よりマカロニやポストマカロニ系の西部劇に慣れてしまったせいか、想像以上に小汚さが無くてビックリした。BGMやカメラワークも相俟って牧歌的にさえ感じる。新鮮な気持ちで見れたのだなあ。
Toshiya

Toshiyaの感想・評価

3.0
銃社会の批判
斧や鍬と同じと言いながらも、シェーンは中々銃を抜かない
Ryo

Ryoの感想・評価

3.4
Shane come back!!

ヘイズコードがありながらも迫力のあるアクションとアメリカの現状を表した映画。それと同時に少年の成長も描いている
まつき

まつきの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

・『ローガン』で映像そのものが引用されたことで気になっていた。「一度人を殺したら(罪を犯したら)もう元には戻れない」(ざっくり記憶)的なことで、共通しているとは理解した。最近『パリ、テキサス』『夜叉』を観て、この流れで観るべきでは、と鑑賞。

・さすが語り継がれる名作。面白かった。『ローガン』とは、映像が出てきたことと、通底しているテーマが共通していることくらいの繋がりしかないと思っていたけど、「土地よこせ〜でていけ〜」はまんまで笑った。

・シネスコサイズで切り取られる壮大な土地、印象的な音楽もよく、映画を観る幸せに満ちていた。
凄腕のガンマンが正義っていう時代は終わりってことをシェーンが一番わかってるんだもんね~
やすやすと銃を抜かないヒーロー像、クールだな~
えみ

えみの感想・評価

3.6
西部劇であるのに、反銃をテーマにした映画。

この映画のようになって欲しかったけど、なりませんでしたね。
>|