シェーンの作品情報・感想・評価

シェーン1953年製作の映画)

SHANE

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

南北戦争後の西部。厳しい大自然と、土着の悪徳牧場主ライカーとの諍いに苦しむ開拓者ジョーの一家のもとに現れた一人の流れ者。拳銃を身につけ、柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せる、シェーンと名乗るその男を初めは警戒していたジョーの妻マリアンも、シェーンに憧れる息子ジョーイが懐く姿をみて心を許していく。銃を置き、一家に身を寄せ、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を結んでいくシェーンだったが、昔からの利権…

南北戦争後の西部。厳しい大自然と、土着の悪徳牧場主ライカーとの諍いに苦しむ開拓者ジョーの一家のもとに現れた一人の流れ者。拳銃を身につけ、柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せる、シェーンと名乗るその男を初めは警戒していたジョーの妻マリアンも、シェーンに憧れる息子ジョーイが懐く姿をみて心を許していく。銃を置き、一家に身を寄せ、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を結んでいくシェーンだったが、昔からの利権を譲らないライカーの暴力は次第にエスカレートし、開拓者の一人が殺し屋に葬られる。ライカーとの話し合いに向かうジョーを制止したシェーンは、ただ一人、ライカー一味が待ちかまえる最後の闘いに臨む!

「シェーン」に投稿された感想・評価

平山

平山の感想・評価

3.5
シェーン!
⛰🏇 カムバーック!>👦 🐶

青い空!白い雲!美しい音楽!牛!馬!意地悪な地主にいじめられる百姓たち!寡黙な主人公!
銃でバンバンやりあうと思いきや、ほとんど銃撃戦はなく、とても大人な映画だった。人を殺したらもう戻れない。

でも殴り合いのシーンがジャッキーチェンの映画かよ!ってくらい物投げたり、椅子で殴ったりしてて笑った。

これからジョーイがどう成長するのか気になる。
ゴマ

ゴマの感想・評価

4.7
タイトルは知っていたし、「シェーン カムバック!」のセリフが超有名なこの作品だが観ていなかった。タクシードライバーの一番有名なセリフの元になったであろうセリフも聞ける。古い作品だが西部劇につきものの喧嘩の場面はなかなか迫力があり、ジャッキーチェンのクンフー映画なんかもこの作品を参考にしたんだろうなあ、というかこの作品に影響受けた作品は数えきれないだろう。あと目を引いたのが作品の中に出てくる動物たち、鹿、牛、犬、豚、馬、冒頭の鹿が沼の水を飲む場面からシェーンの乗った馬のひづめの音に気付いて逃げていく場面とかどうやって撮影したんでしょうか、よく訓練されているなあと、最後の戦いの場面での少年と犬とのツーショットでの犬の目の演技も良かったワン!!傑作!!!

このレビューはネタバレを含みます

・流れ者シェーンの少年ジョーイを中心とした家族との交流と悪徳牧場主ライカーらとの決闘を描く西部劇
・シェーンの口の端を歪ませる仕草がライアンゴズリングに似てる
・始めは一杯のショットグラスを服にかけられたのを発端にやられたらやり返す、今なら「アウトレイジ」シリーズにも見られる暴力の倍々シーソーゲームのフォーマット
・シェーンとスターレット夫妻のぎこちないやり取りがあるから、終盤の動物大さわぎのジョーとシェーンの男の決闘に見る側も力が入る
・パブでの拳のみの大乱闘からラストのライカーとの早撃ちまでどのアクションシーンも緊張感と迫力が凄い
・ライカーの手下でニヒルなウィルソンが分かりやすい悪役
・もてなし料理のビスケット(パイ?)食べてみたい
・常にシェーンの近くについてる少年ジョーイが「シェーン、カムバーック」と叫ぶ有名なラストシーンは、普段よりワントーン高いのが耳に残りやすくなってる
【何事も土地の争奪戦】
1954年度アカデミー賞撮影賞受賞。
どこの土地を誰が支配・占領することって、争いごとの根源的要因だと思う。歴史における戦争は簡単にそうとは言えないけれど、この『シェーン』を見ていてふとトランプ大統領の大使館エルサレム移転宣言を思い出した。あれも3つの宗教間におけるエルサレムという土地の話だったと思う。
この『シェーン』という作品は、宗教や政治という絡みはなく、シンプルに土地の争奪戦を描いている。しかも、敵はアパッチではなく、同じ西部に住む白人同士というのが興味深い。慎ましく家を建て、畑を耕し、酪農を営む人々に嫌がらせをしまくって追い出そうとするライカーの乱暴さ。嫌がらせを超えた酷いことをしまくっている。ジョー一家に流れ着いた謎の男シェーンは、どこの馬の骨かも知れない自分によくしてくれるとジョー一家と周辺の家族のためにライカーに立ち向かう。何とも男のロマン溢れる話である。
ジョー一家の息子ジョーイがやたらショーンに親近感を覚えて心通わせるのも感動的。白黒が多い西部劇はテクニカラーで見れるのも新鮮だった。
穏やかで子供にも懐かれ、でも孤高な雰囲気も持ち合わせていて、決して力をむやみに見せつけるようなことはせず、ここぞという瞬間に弱きもののために悪に挑む。

シェーンというこの男、カッコよさしか持ち合わせていない…。
(シェ~ン カムバッ~クッ!)
これで「COME BACK」って言う英語の文を
覚えたよ。
そんなことはさておき、、

なんか西部劇に出てくる町って、
あれが町なんか…と💦
平原に5〜6軒ポツンと建物があるだけ(^^;)

狭い雑貨屋で大喜びする人々。
あれは彼らの「イオン」なんでしょうね笑🌟

兎に角、「カムバ~ク!!!」と呼ばれて、
「じゃあ、お言葉に甘えて♪」と戻っ来たら
イケナイ!
立ち去るからヒーローなんです❗️

もし仮に戻ってきて、一緒に暮らす…即ち、
居候なぞしたら色々困る問題があるだろう!
そうそう都合良く悪者はやって来ない。
つまりヒーローの仕事がない。。。☔️

ヒーローが居候宅でゴロゴロしているだけの
プー太郎では恰好がつかないのだ。
やはり、悪者の居る場所を求めて・・・
ヒーローは彷徨わなくてはならないのだ💫

何故シェーンが呼び声に反応しなかったか?
「俺みたいになるな!」…と。
だから、俺のことは忘れろと...。

思い出すのが『タイガーマスク』の最終回。
虎の覆面がボロボロになって正体を晒し、、
更に子供たちが見ている前で
反則の限りを駆使し、虎の穴のボスを倒す💥

そして、このような姿を見せた以上、
二度と子供たちの前に姿を見せられない。と
寂しく去って行く。素晴らしいですね。

「男の美学」を描いた傑作だと思います 💯
torisan

torisanの感想・評価

4.3
LOGANを観た時から、いつか観たいと思っていた古典西部劇。流れ者のガンマンが、一宿一飯の恩義のために、街の牧場主と対決していく、という実にシンプルでクラシックな話。クラシカルだけど退屈なことはなく、テンポも良く非常に面白い映画でした。時代劇にもありそうなテーマで、ある層の日本人が何故かシェーン大好きなのも頷けます笑 良くも悪くもアメリカの象徴である銃を、明確に暴力として描いているのは少し意外でした。そういう意味では、暴力で解決してハッピーエンドかよというものも多い他古典と比べても好印象でした。
SIRO

SIROの感想・評価

3.8
「遥かなる山の呼び声」がとても心地よい
自分にとって大切な映画です。
粉雪

粉雪の感想・評価

4.0
子供の頃見て、ラストのシーンでジーンときた覚えが、、。面白かったのは覚えてるけど細部は流石に忘れたので、見直そうかな。
CONAN

CONANの感想・評価

4.0
子供のころから 幾度となく見ています、今でも No.1 西部劇! 良作!!
>|