シェーンの作品情報・感想・評価

シェーン1953年製作の映画)

SHANE

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

南北戦争後の西部。厳しい大自然と、土着の悪徳牧場主ライカーとの諍いに苦しむ開拓者ジョーの一家のもとに現れた一人の流れ者。拳銃を身につけ、柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せる、シェーンと名乗るその男を初めは警戒していたジョーの妻マリアンも、シェーンに憧れる息子ジョーイが懐く姿をみて心を許していく。銃を置き、一家に身を寄せ、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を結んでいくシェーンだったが、昔からの利権…

南北戦争後の西部。厳しい大自然と、土着の悪徳牧場主ライカーとの諍いに苦しむ開拓者ジョーの一家のもとに現れた一人の流れ者。拳銃を身につけ、柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せる、シェーンと名乗るその男を初めは警戒していたジョーの妻マリアンも、シェーンに憧れる息子ジョーイが懐く姿をみて心を許していく。銃を置き、一家に身を寄せ、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を結んでいくシェーンだったが、昔からの利権を譲らないライカーの暴力は次第にエスカレートし、開拓者の一人が殺し屋に葬られる。ライカーとの話し合いに向かうジョーを制止したシェーンは、ただ一人、ライカー一味が待ちかまえる最後の闘いに臨む!

「シェーン」に投稿された感想・評価

pier

pierの感想・評価

4.2
最近読んでいる紀田順一郎氏の『昭和シネマ館』の言葉をそのまま借りるとまさに「ヒーロー、一度去ってまた還らず…」。
土地と家族を愛し永住しようとする男と、流れ者のシェーンの対比。
良くも悪くも変われない。
秋月

秋月の感想・評価

4.4
まさかタクシードライバーのあのシーンの元ネタだったとは…

https://youtu.be/tQi6RzobGCc
https://youtu.be/PTlK9tvZ5Xs
シェーンめちゃくちゃかっこいー。
カムバーック!

バーの喧嘩のシーンがスピード感なさすぎて面白かった
待ってよ、シェーン!

LOGANのホテルのシーンで『シェーン』が流れていたので、観てみようと思いました。

早打ちガンマンの孤独な生き様。
もう一回じっくり見返したいと思います。
abe

abeの感想・評価

-
シェーンカムバック!シェーンめっちゃかっこいい!!酒場での殴り合いだったり、スターレッドと男どうしの戦いもあってかっこよかった!スターレットみたいな家族のために戦うお父さんかっこいい!!ずっとかっこいい!!
午前十時の映画祭

シェーンやって来た。色々もめてる。うとうと。ラスト撃ち合い。「シェーーン、カムバーーーーーーック」という感じだった。どうしてもボキャ天の『シェーーン、◯バーーック」の映像が脳裏をよぎり、締まらん。。

(不覚にもほとんど寝てたので☆なし)
西部劇の金字塔、と呼び声高き名作。

『マッド・マックス』、『ドライヴ』、クリント・イーストウッド作品…
後の諸作品のヒーロー像に大きな影響を与えたことは間違いない。ヒーローの原点とも言える。かっこよさの原点にして集大成である。

本作は開拓史における「ジョンソン郡戦争」を基にして描かれている。新しい時代の到来と共に去っていかなければならない旧時代の遺物としてのガンマン。早撃ちがモノを言う時代は終わった。「殺しの烙印」は全て自分が地獄に背負っていく。ラストの墓場はその象徴と言える。まさに終わりの西部劇。

本作は「終わり」でありながら、「始まり」でもある。シェーンは死んだかもしれない。だが、その言語化不能な孤高のウエスタンスピリットは継承されている。何か大切なもののために損得関係なしに全てをなげうつ。最後に正義を残す。正義は確かに現実世界では綺麗事かもしれない。だが、この正義だけは揺るぎないものだと感じる。『マッドマックス』『レオン』『ドライヴ』『ダーティハリー』、そして『グラントリノ』
映画だからこそ、映画であればこそ、正義を声高に唱えたい。『シェーン』はそんな原初的な正義を思い出させてくれる。
デジタルリマスター版

流れ者+開拓者一家×悪徳牧場主。

カムバック

戦い<交流 銃は消えた。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.3
緑と水の豊かな広大な土地のロングショットが美しい。
酒場での殴り合いのシーンは、テンポの良い編集が作り出すリズム感が楽しい。シェーンの最初のパンチで敵がぶっ飛んでいったのはちょっと笑ってしまった。
燃える家と父親をオーバーラップさせることで怒りを表現するのも上手い。
クライマックスが一瞬だったのはちょっと残念。まあ早撃ちだし仕方ないが。
パーマ姿のジーン・アーサーは流石にちょっと歳をとったなあと思いながら見ていたのだが、調べたら当時50代前半で驚いた。むしろ若すぎる。
Wikipediaにシネスコと書いてあったがそうでなかったのであれ?と思ったが、公開当時は上下にマスキングをしていたらしい。
シェーンは暴力の時代を終わらせ、去っていくものとしてのヒーローであり、本作が新時代の西部劇だとされる理由がよく分かった。
不倫はいかん。最後シェーンは撃たれていてガクッとなる説がありますよね
>|